短編1
  • 表示切替
  • 使い方

感動する

すいません。

怖い話じゃないので見たくない人はスルーしてください。

 

私は高校二年生のふつうの学生。

今日も家で大塚愛さんの歌を聞いて、ごろごろしていました。

ふと気が付くと、携帯に着信が。

見ると彼氏の晃からで、私はすぐに晃に電話しました。

「もしもし。

電話くれたやろ??何?どうしたん??」『おっ、舞子?あのさぁ、俺バイク買ってん!!だから一緒に乗ろうや!!』私はソッコー準備をして玄関で靴を履き、晃がくるのをまっていました。

25分がたち、私はアイポットで曲を聞きながら晃を待ち続けていました。

と、その時です。

家の電話が鳴り響きました。

家には私一人。

電話は鳴り続けます。

私はしぶしぶ靴を脱ぎ、電話の受話器をとりました。

「もしもし」『あの……増田晃の母です……』えっ!?晃のお母さん?!「えっ……あの……」『あっ、舞子さん……??落ち着いて聞いてね…………晃が……』    つづく

怖い話投稿:ホラーテラー 舞子さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ