【手のひら怪談】花火大会

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

【手のひら怪談】花火大会

暗闇の中に響く男たちの荒い息遣いが、否が応にも緊張を伝えてきた。

俺は脇に抱えた手筒花火を今一度強く抱き込んだ。

nextpage

今日は年に一度の奉納花火大会。そのメインイベントの手筒花火当日だ。

この花火は人間が藁の筒で包んだ黒色火薬を腕で抱いて行う花火だ。

もちろん花火の出す火焔はそのまま花火師たちに降り注ぐ。

毎年怪我人や、下手したら死者が出ることも珍しくない。恐らく日本で最も危険な花火だといっていい。

だがこの地方の人々にとって、この花火は花火であっても只の花火ではない。

その炎は神聖で、黄泉にも通じるといわれ、お盆に行うのは死者への弔いの意味もある。

nextpage

(・・・そう、弔いだ)

nextpage

整列した男たちの手筒に、松明の火がともされる。

真紅の火は、やがて火薬特有の赤紫色に変じ、そして・・・

nextpage

ボッという小さな爆発音とともに、筒の先から勢いよく火焔が噴出した。

wallpaper:3267

火の粉は雨霰と降り注ぎ、髪を、肌を容赦なく叩く。

あまりの熱気に一瞬、意識がゆがむ。

俺は慌てて手筒を抱えなおした。

手筒が汗で滑る。

足元が定まらない。

nextpage

いけない!

nextpage

俺は自分を叱咤する。

今日は弔い。一昨年命を落とした、恋人のための特別な日だ。

この日のために厳しい訓練を積んできたんじゃないか。

俺は歯を食いしばった。

思わず天を仰いだ。

焔と熱気でゆがむ視界の中、ふと奇妙な揺らぎがあることに気が付いた。

wallpaper:1062

火焔の塊のようで、その中には表情がある。

人間の顔。

そう、夢と思い出と写真の中だけの存在となった、懐かしい笑顔だ。

nextpage

(そうか、帰って来てくれたのか)

俺の口角が微かに上がった。笑ったのはどれくらいぶりだったろう。

焔の塊は、迷うことなく俺の手筒の中に飛び込んできた。

手筒の中で、笑顔が燃える。優しく、激しく、禍々しく・・・

nextpage

俺は理解した。

nextpage

この焔は黄泉にも通じる。

nextpage

(お前が迎えに来てくれたのか)

俺は手筒を抱き込んだ。

爆音が周囲に轟き、手筒の底が火を噴いた。

wallpaper:3269

次の瞬間、俺の体は幸福の炎に包まれた。

Normal
閲覧数コメント怖い
53416
23
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

むう様、ありがとうございます。
そうですね。突如として起こった花火怪談ムーブメント、何故なんでしょうね?
ひょっとして何を書いても書かなくてもDISられて、いい加減譲るとことまで譲りつくしたあげく、それでも風を感じると走り出してしまう、何が起きても前に進むことを決めた愛すべきヤクザな投稿者がまだいるのかもしれませんね。

良い夏を♪

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

こ、これは!後半マジでウルルと来てしまいました!

幻想的で、怖い中にも物悲しさを併せ持つこの時期ピッタリの怖話を有難う御座います!ごっつぁんです!…ひ…

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意