中編3
  • 表示切替
  • 使い方

琴音ちゃんときつねさん

sound:34

いらっしゃいませ おでん屋でございます。

大根、牛すじ、ちくわにはんぺん...各60円で販売しております。

60円がないお客様には特別に、おでん1つにつき怖い話1つで販売しております。

今日はお祭りに来た琴音ちゃんのお話です。

separator

ねぇ、これと似たようなお面つけた男の子、見なかった?

私8年前までこの街にいたんだけど、引っ越す最後の年にお父さんとお母さんと3人でこのお祭りに来たことがあるの。

今よりも屋台は少なかったけど、美味しい匂いとキラキラ光る電飾にすごく浮かれてた。

スーパーボールを掬うゲームをして、すごく大きなボールが取れたの。

お母さんが家まで持っててくれるって言ったんだけど、ずっと持っていたくて断ったの。

.

でもね、やっぱりっていうか...そのボール、落としちゃったのよ。

ポンポンと弾みながら人混みの奥へ奥へと行ってしまったの。

お父さんが止めるのも聞かずに追いかけたわ。

人が多かったから追いつかれることのないまま、気が付けば神社の奥の林の中まで来てた。

スーパーボールは完全に見失っていて、当ても無くただただ林の中を探していた。

そしたらね、男の子がいたの。

狐のお面をつけてる10歳くらいの男の子。

「どうしたの」って聞かれて、

「スーパーボールを探してるの」って答えた。

「お母さんは?」ってさらに聞かれると、

なんだか急に心細く...寂しくなって、泣き出しちゃったの。

男の子は泣きわめく私の頭をポンポンとやさしく撫でてくれて、大きな飴を1つくれた。

「一緒に探そうか」

私が泣きやむとそう言って林の中を一緒に探してくれたの。

.

.

ずっと下を見ていた私の背後から、目がチカチカするような大きな光がパッと咲いて

少し遅れてドン...ドン...って大きな音が鳴った。

スーパーボールを探している内にかなりの時間が経ったみたいで、花火が打ち上がり始めたの。

花火はすごく近く見えて、その迫力に圧倒されてた。

「きれいだね!」

wallpaper:3277

そう言って男の子を見ると、いつから見ていたのか男の子も私を見ていたの。

口元しか見えなかったけど、すごく優しい顔をしていたと思う。

花火が終わる頃「また一緒に花火見たいな」って言うと、

「いつか見たこともないような珍しい花火を見せてあげるね」

優しく微笑みながら、そう言ってくれた。

.

.

お父さんやお母さんが心配してるからって、スーパーボールは諦めて神社の境内まで送ってもらった。

またねって手を振ると、男の子は林の中へ消えていったの。

5分...いや、3分もしないでお母さん達が来て、私はまた泣いた。

せっかくとれたスーパーボールをなくしてしまった事を謝り、お父さんにおんぶされて家に帰ったの。

その後すぐに引っ越しちゃって、8年間ここのお祭りには来られなかったんだけど、もう中学生になったし行けるかもって...1人で来ちゃった。

でも「いつか」は今年じゃなかったみたいね。

ちょっと残念だけど、見たこともないような花火を想像しながらまた1年待つのも悪くないかな。

ねぇ、どんな花火だと思う?おでん屋さんは見たことある?

...黒い花火?なにそれ。見えないじゃん。

そんな変な花火じゃないよ。きっと。

すごくすごく綺麗なカラフルな花火だと思う!

separator

wallpaper:3278

そう話し終えると、琴音ちゃんはスーパーボールのように丸い...

いえ、飴玉のように丸いつみれを食べて帰っていきました。

今回はお祭りなので、サービスです。

Normal
閲覧数コメント怖い
92718
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ラグトさん コメントありがとうございますm(_ _)m
ミニおでん屋が開いている...!
いままで貯めた沢山の辛子で美味しく召し上がってください。

毎回思いついて書いている内に話がずれ込み、
怖くないただの世間話が出来上がる事もあります。その場合潔く全て消しております。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

いつの間にか、花火と結びついていたんですねw
私は、思いつかずにとうとう投稿できませんでした。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意