中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ムカデ

ムカデ。

nextpage

これは私が中学生の時に体験した話である

私は、学校帰り、疲れて家に帰りすぐに寝てしまうた

nextpage

すると夢を見てしまった

悪夢だ

皆さんも分かると思うが夢では自分は行動できない夢の物語内で進む。

nextpage

しかし今見ている夢は違うのだ

部屋にムカデが出た足が落ちながら素早く私の部屋を走り回っているお母さんに助けをもとめたがお母さんは返事をしない

nextpage

ムカデがついに私の服の中に入った…

気持ち悪くて振り払うとムカデの足が服の中に残った

shake

nextpage

うわぁ……

nextpage

目覚めた

気持ち悪い目覚めだった

感覚がなく

nextpage

ある異変に気付く

nextpage

朝の心地よい風なのだ家の中なのに

nextpage

お母さんに「おはよう」

nextpage

声をかけたが返事がなかった

nextpage

しばらくたつとお母さんが二階に上がった。

nextpage

あれ?私二階で寝てたよね?

nextpage

「きゃぁ!!!」

nextpage

お母さんの悲鳴だった。

nextpage

死んでる

nextpage

私が死んでいるのだ

shake

nextpage

私は動揺のあまり家を飛び出した

nextpage

しかし異変に気付く

周りを歩く人が死んだ顔なのだ

nextpage

そこであることに気が付く

みんな死んでいる

すると、、、

女性が追いかけてきた

nextpage

何かを言っている

「なぜお前はそれがあるなぜおまえだけいくのだ!!」

nextpage

すごい迫力だった

nextpage

私は転んでしまった

nextpage

もう私、死ぬんだ

そう思いました

nextpage

すると

shake

shake

shake

shake

服の中が揺れているのだ。

shake

shake

shake

shake

shake

shake

shake

服の中を見てみた…

nextpage

ムカデの足だ

nextpage

怖さと気持ち悪さの余り暴れた。

その瞬間

「お前は足がある」声が聞こえた

気絶した

nextpage

病院のベッドにいた。

生きたのだ

nextpage

それからは普通に生活しているが同じようなことはない

nextpage

お母さんによると私は「ぎゃー!ムカデ」

と言ったと同時に起きたそうです

nextpage

病院の先生も驚いたそうです。

あくまで私が思うことですが私は一週間ほど前ムカデを殺してしまいました、しかし、ごめんね、君の分まで生きるよとムカデに言いました。

nextpage

それでムカデが許してくれて私を助けてくれたのでしょうか?(笑)

なぜおまえだけあるってもしかして足?

そういえばあの女の人、足がなかったような

ムカデがいなければあの気持ち悪い夢を見ていなかったら

nextpage

nextpage

nextpage

nextpage

私は死んでいました

shake

shake

shake

shake

shake

shake

shake

shake

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
58700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ