長編7
  • 表示切替
  • 使い方

未解決事件

S町連続失踪事件

昭和50年の夏、某県S町にて起こった連続行方不明事件。

行方不明者が9名にも及んだという数の多さの他に、この事件の特筆すべき点は以下の通り。

nextpage

・行方不明者9名のうち、7名が同じ高校に通っていた生徒である

・事件は全部で9回、必ず水曜日か木曜日に発生している

・事件は同年の6月18日から8月13日までの約2か月間に集中している

・行方不明者はその後、発見されていない

nextpage

・当時の事件の捜査担当者のものと思われる、肉声テープの音声が残っている(ただし、信憑性は薄い)

(音声リンク先)

http://www.youtobe.com/watch?v=Dzanofaufaemgjaropgja;dlaf

nextpage

sound:29

music:1

wallpaper:143

『……昭和50年8月13日、午後11時30分…』

(はじめに成人男性の声。続いてしわがれた老人?の声)

『あー…テープ回ってるか?安井、ちゃんと録れてるか?ああ、ならいい。

ん?事件の真相?

そう急くな。一服くらいさせろ。

sound:28

………

スゥー……

shake

ゴホッゴホッ…!

ちくしょう、満足に煙草も吸えやしねえ。

んん……まあいい。はじめよう』

nextpage

wallpaper:33

『事の起こりは今年、昭和50年の6月19日、木曜日だったな。

午前1時、署に通報が入る。

太田陽子(17)、地元のS高校に通う高校2年生の女子が、昨夜から行方が分からなくなっているので探してほしいという、保護者からの通報だった。

nextpage

wallpaper:926

陽子は前日18日の午後9時半頃、友人宅を辞去したことが確認されている。

そして、午後10時頃、自宅近くの公衆電話から母親に、「もうすぐ帰るから」と連絡を入れて以降、行方が分からなくなった。

nextpage

陽子は真面目な性格であり、夜遊びをするような娘ではない。

この日も体育祭の打ち合わせのために、同じ実行委員である友人宅を訪れており、夢中になって作業していたところ、帰宅時間が遅くなってしまったと言って、慌てて帰っていったことを友人が証言している。

nextpage

娘の帰りが遅いことから、両親が自宅周辺を捜索。

それでも発見できず、日付も変わった午前1時、警察に通報した。

最後に足取りがあった公衆電話周辺、および自宅周辺から友人宅周辺まで捜索されたが、彼女の行方は知れなかった。

nextpage

wallpaper:33

sound:32

ああ、陽子から連絡があった数分後、自宅に無言電話が一本入っている。

すぐに切れたそうだがな。

これが、1人目だった。

nextpage

wallpaper:138

翌週、6月26日の木曜日。午後5時半。

斎藤裕子(18)、失踪の通報。

先の太田陽子と同じS高校に通う、三年生。

ふたりの間に接点はなし。

裕子はよく無断で友人宅に外泊することもあったため、両親は今回もそうだと思っていたとのこと。

しかし、翌日の夕方になっても連絡がなかったため、警察に通報。

彼女の行きそうな場所をくまなく捜索するも、行方が知れず。

nextpage

前日の午後10時頃、自宅に無言電話があったとの証言あり。

nextpage

wallpaper:216

翌、7月2日の水曜日、午後11時半。

千田真由美(16)、失踪の通報。

S高校、一年生。

先の2件からS町では生徒、児童に対し、夜道に注意するよう指示が出ており、保護者の緊張も高まっていた。

そんな折の、3人目の失踪。

午後10時頃、無言電話あり。

nextpage

wallpaper:2148

S町は騒然となっていた。

毎週、水曜か木曜に女子高校生が消える。

それもS高の生徒ばかり。

学校側は保護者会を開き、生徒の夜間の外出を禁じるよう、呼びかけた。

保護者の側からは学校側の管理の甘さを訴える声が集まり、保護者会は紛糾した。

マスコミも集まり、事件を世間に報じた。

警察の対応も取り沙汰された。

nextpage

そんな中、またひとり消えた。

nextpage

wallpaper:215

7月9日、水曜日。

川部誠(17)、S高2年の男子高校生。野球部所属。

部活後、友人たちと下校。

途中で別れ、以降、行方不明。

午後10時頃、無言電話あり。

nextpage

wallpaper:1881

7月16日(水)、遠田久美子(18)、無言電話あり。

5人目。

nextpage

7月24日(木)、伊藤大輔(16)。

6人目。

nextpage

7月31日(木)、石元淳子(16)。無言電話あり。

7人目。

nextpage

……異常だよ。

異常だろ?これだけ毎週行方不明者が出ているんだぜ?

親にしろ、子供にしろ、十分恐れて警戒しているはずなんだ。

でも消える。

皆、どこかへ消える。

この狭い町で。掻き消すように。

足跡は何も残らない。どこ行っちまうんだ?

俺たち、警察の面目は丸つぶれだ。

nextpage

wallpaper:926

8月6日(水)、8人目はこれまでと違っていた。

三浦香子(30)、S高教師。

これまでずっと、生徒ばかりが消えていたが、今度は教師だ。

そして、彼女の失踪直前と思われる時間帯、午後9時45分、学習塾帰りのS校生が、三浦教諭を見かけている。

1人目の行方不明者、太田陽子の自宅近くの公衆電話で、電話をかけていたそうだ。

彼女はその後、街灯のない真っ暗な裏路地に入っていったそうだ。

nextpage

wallpaper:33

午後10時前、三浦教諭の自宅に電話があった。

彼女の妹、歩(28)がこれを受けている。

これも、これまでの場合と異なり、無言電話ではなかった。

nextpage

『 ……も、もしもしっ!あ、歩?

shake

私、私……なの、変なの!

shake

真っ暗……

通って……、

三つ編み……

生徒……

…………

…………

…………

nextpage

sound:21

…………ごちそうさま』

shake

(ガチャン)

nextpage

前半は非常に興奮した様子であり、雑音も多く聞き取りづらかったそうだ。

ただ、口ぶりから、姉からの電話だと思われる、と話している。

nextpage

wallpaper:926

俺はその日から、例の公衆電話の辺りを張り続けたよ。

あの辺りには何かある。

定年間際の老いぼれの勘だがな。

nextpage

三浦教諭の入っていった裏路地な、日中は近道になってるのか、そこそこ通る人間がいるんだが、夜になると街灯ひとつなくて真っ暗でな。

鼻をつままれてもわからねぇ位だ。

塀の両側は空き家と墓地でな。

入口のところに、公衆電話がぽつりと立っているんだ。

nextpage

wallpaper:927

一昨日の話さ。

夕方、その裏路地の入口に、高校生が2人立って話していた。

1人は髪の長い少女で、もう1人はなよっちい男だ。

どうやらS高生らしく、俺は2人に話しかけた。

nextpage

聞けば、彼らは文芸部兼……なんだったかな、

そうだ、七不思議部とか言ってたな。

まあ、怪談好きな連中らしく、この連続失踪事件のことも、興味を持って調べているらしかった。

『部長』と呼ばれていた少女は、俺にこんなことを言ったよ。

nextpage

『うちの部室に保管してある、何十年も前の部誌に、記録があったんです。

当時も、生徒が連続で行方不明になった事件があったって。

その場所、どうやら今のこの辺りで……

決まって水曜日、

毎回一人、

皆怖がってるのに、警戒しているのに、

ひとり、

またひとり、

誘われるように消えたんですって。

そう、誰かに誘われるように。

nextpage

いなくなっちゃった三浦先生、たまたま私たちの噂話を聞いて、

生徒を探すために試したんです。

水曜日、

午後9時45分、

公衆電話で、決められた番号にかけて、

それからこの真っ暗な小路へ――。

nextpage

あはは、

いなくなっちゃった。

あはは、

もう帰ってこないのに。

くすくすくす、

あははははははははははは』

nextpage

一緒にいた男が「部長、もう行きましょう」ってたしなめるように言って、2人は去っていったよ。

nextpage

wallpaper:926

安井、今日は水曜日だったよな?

俺はな、あんな餓鬼どもの話、信じたわけじゃないんだ。

だがな、何かあるとは思っちまった。

電話の番号も、何故か頭にこびりついちまっててな。

nextpage

午後9時45分。

俺は公衆電話で電話をかけた。

どこかにつながったよ。

相手は無言だったが、闇の奥に誰かの息遣いが聞こえた。

nextpage

電話を切ると、真っ暗な小路に向かった。

両側の塀は高く、道は全くの闇に包まれていた。

これじゃ向こうから誰か来ても、すれ違うまでわからないだろうな、そう思っていたよ。

そうしたらな、

誰かに、

何かにぶつかったんだ。

闇の中で。

nextpage

真っすぐな一本道だ。

ぶつかるものなんか何もない。

誰かいたんだ。

何かが、いたんだ。

nextpage

途端に視界がぐるりと回って、

と言っても、真っ暗でなにも見えなかったから、そう感じただけなんだが、

俺は思わず、もと来た道を引き返した。

nextpage

やっと小路の出口に街灯の明かりが見えて、俺はほっと身体の力が抜けたのを感じた。

はは、情けない話さ。

だがな、街灯の下で、俺は分かったのさ。

nextpage

どうして、いなくなった奴らの家に、無言電話がかかってきていたのかを』

nextpage

wallpaper:143

『……。

……安井、俺はもう定年間近の老いぼれ刑事だ。

自分じゃそう思ってる。

なあ安井、後輩のお前に聞くんだが、お前には俺はどう見える?』

nextpage

sound:21

『み……三つ編みの、制服を着た、少女……』

(成人男性の声。

うえ、と吐き気を押さえるような音。

続いて、しわがれた老人の声)

nextpage

『……そうだ。俺は老いぼれのはずなのに、気づけはこんな姿だ。

コイツだ。

コイツがいなくなった奴らを喰ったんだ。

俺も喰われちまった。

nextpage

コイツの中にいると、自分て奴がどんどん希薄になってくる。

消化されるんだ。

たぶん、その速さは年齢に寄るんだろう。

餓鬼どもはすぐに消化されたんだ。

暗闇の中引き返し、異常に気付いて公衆電話で助けを呼ぶ途中で、きれいさっぱりな。

nextpage

三浦教諭は持った方なんだ。

俺は爺だからな、消化しづらかったんだろう。

はは、ざまあみろって奴だ。

nextpage

だが、もうそろそろ限界だ。

だがその前に、話を聞いてくれてありがとうよ。

最後に、まだまだひよっこのお前に、俺から手向けの言葉をやるよ。

nextpage

世の中には、たまに薄気味の悪いことが起こるもんだ。

目の前の、こんな風な、な……。

そん時はお前、近寄らねえようにするのも大事だってこった。

俺みたいに……なりたくなけりゃあな……。

俺は……

nextpage

………

………

………

nextpage

………

………

………

………

………ごちそうさま』

shake

(ガチャン)

Normal
閲覧数コメント怖い
2,3659
29
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

こんな不思議な事件、もしかしたら存在するのでは?と思ってしまう今日この頃。

表示
ネタバレ注意

引き込まれる話でしたが、延べをはじめ何箇所か気になる言葉遣いがありました。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意