中編3
  • 表示切替
  • 使い方

夕暮れの配達

こんばんは。弁当屋の山本です。

今日お話ししたいのは、ほんの少しだけ奇妙な配達について。

nextpage

うちの店では近くの家に限り、配達のサービスをやっているんですが、

やはり近所といっても初めての配達先のときはカーナビが欠かせません。

特にその日はいつもより少し遠くの目的地だったので、時間に余裕を持ってカーナビセット、車で出発しました。

nextpage

時刻は5時過ぎ、少しだけあたりは薄暗かったと思います。

いつも通りカーナビ音声を便りに運転していましたが、不可解な現象が起こりました。

そのカーナビがいきなり夜モードに、(つまり全体的に黒色で暗いところで見やすいモードのことですが、)変わってしまったんです。

nextpage

いつもならこの時期は19時に変わるようにしているので少しおかしな状態。

まあ、でもこのくらいの誤動作はいちいち気に止めないんですが、車の外の様子も少し変。

なんだかどんどん山の中に入っていってるんです。

人も家も姿が見えません。

nextpage

shake

「ぐぁー、ぐぁー」

虫か鳥かの鳴き声がいきなり大きくなり

「この先500meter目的地です」

そんな、どこにも家はなさそうなのに。

一本道で左も右も木でした。

nextpage

なんとなく気持ちが悪かったんですが、まっすぐ車を走らせると、

「この先100meter目的地です」

行き止まり、正確に言えば道がフェンスに遮られ

『私有地につき進入禁止』

の、立て札が。

nextpage

配達先のお客様に電話をかけてみました。

「すみませんお客様、配達に参りました山本です。」

「あ、すみません。今出ます……あれ、どこにいますか?」

「ええと、フェンスの前と言えば分かりますかね?」

shake

「……迷ってないで早く来い!」

nextpage

いきなり電話を切られてしまった。

もしやこのフェンスの中が目的地では無いのか。

恐る恐るもう一度電話をして、少し遅れそうなことを謝ったんですが、

もうお客様はそんなに起こっていないようでした。

nextpage

さて、私は、お客様から聞いた通り、ナビの目的地住所の一部を少し変え、再出発しました。

何故かナビは引き返すように案内します。

僕はナビの通りに運転し、いつの間にかナビ画面が昼モードに戻っていました。

nextpage

その後も案内に従って進んでいくと普通に団地へたどり着き、また普通に民家に到着しました。

チャイムを鳴らしましたら、穏やかそうな男性が出てきます。

「すみません。遅くなりました。」

「いやいや、大丈夫ですよ。」

nextpage

優しいお客様で良かったと思い、男性と話します。

「山の奥で行き止まりになったときにはどうなることかと……」

トン

いきなり男性が弁当の袋を落としました。

nextpage

そしてキッと私を睨み付けます。

「ウルサイウルサイウルサイ」

「どうなさいました!お客様!」

「ケンキュウシツ!オニ!オニ!」

騒ぎを聞いて家から出てきた女性が男性を抱きしめました。

「貴方!大丈夫だから!」

男性は少し落ち着きを取り戻したようです。

私はただただ突っ立っていましたが、

「山本さん、私たちは大丈夫なので帰って下さい。」

そう言われて車に戻りました。

その後私は何事もなく店に帰ったので、この話は特にオチもなく終わりです。

私自身は特に変な体験はしてません、が

車に乗り込むとき、女性が何やらこちらの上の方をを見て

怯えた表情を見せたのが、少しだけ気になります。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6330
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ