中編3
  • 表示切替
  • 使い方

鏖の詩

8年前に付き合ってた女の話。

堀北○希っぽい感じの俺とは釣り合わない、可愛い女だとこの頃は思っていた。

なんか両親はどちらも亡くなられていて、寂しい思いをしていたらしいところを俺がとっ捕まえた(笑)

父親を中1の頃に亡くし、母親は去年亡くなられたとか。

この頃(8年前)の去年っつーのは大学2年の時の話。

彼女の名前は美羽っていって中学からの同級生で、この時あった同窓会で捕まえたんだけど、ちょっと(かなり)おかしなところがあったから紹介したいと思う。

nextpage

付き合って半年過ぎた頃、一緒に出掛けることになった。

まず外で会って色々遊んだ後、疲れたから一人暮らししてる彼女の家に行くことになった。

両親は二人とも事故死。

美羽は保険金か何かでお金は持ってて、生活には困ってなかったらしい。

不謹慎だけど、この頃まだ実家暮らしだった俺には少し羨ましく思えた。

そんで彼女の家でS○Xしたからまた疲れて寝て、しばらくした後トイレに向かったんだ。

そのとき夕方だったからか、眩しい光のようなものが何故か壁を貫くように差していた。

不思議に思ったから、その壁を押してみたら隠し扉になってた。

その扉の先は小さな窓のある部屋だった。

中には美羽のと思わしき勉強机みたいなんがあって、壁の三方向[左・中・右]に大きく赤い字で詩(うた)のようなものがつづられていた。

nextpage

で、これがその詩の内容

nextpage

………

nextpage

 

これは聖戦だ

悪との戦いだ

仇なす者を葬り去る

それが我らの信条だ

血をばら撒け

裁きを下せ

さぁ、声高らかに

歌え歌え鏖の詩

 

 

nextpage

隣人を殺せ

友人を殺せ

我らを理解できぬなら

家族をも惨殺せよ

愛を憎しみ

憎しみを愛せ

さぁ、声高らかに

歌え歌え鏖の詩

 

 

nextpage

生は混沌だ

死は平等だ

奴らの命を絶てるなら

この魂をも解き放つ

地獄に歌え

亡骸に歌え

さぁ、声高らかに

歌え歌え鏖の詩

 

nextpage

………

nextpage

(よくわからん漢字もあったから、とりあえず写メった後パソコンで調べて載せてる)

内容が内容だったから真面目にビビったし、あいつが起きてきたらどうしようかって実際あせってた。

あせっていた俺は少し敏感になっていたんだろう、なんか後ろから物音がした気がしてビビってすぐに部屋に戻った。トイレに行こうとしてたことも忘れて。

部屋に戻ったらあいつが居なくて、ヤバいと思った俺は即行で服を着て家に帰ろうとしたんだ。そしたら、

nextpage

 

「帰るの?」

 

nextpage

と後ろから声がして、振り返ると美羽が裸でたたずんでた。

「あぁ。用事、思い出したし…」

と、俺が言うと、

nextpage

 

「そうなんだ」

 

nextpage

と返してきた。

自分の顔が引きつってたのが分かった。

萎縮していたのもあるかもしれんが、あの時のあいつの目は、、、非常に恐ろしく見えた。

nextpage

次の日、俺は彼女に別れてほしいと告げた。

理由はあえて言わなかったし、彼女も聞いてこなかった。

すぐ別れたのは軽率だった気もするけど、報復やら復讐やらは無かった。

何も無いのが怖いくらいに、何も無かった。

nextpage

8年経った未だに、美羽と会うことは少し怖い。

思えばあの時、声を掛けられて俺が振り返ったのはトイレ方向だった気がする。

早い話、隠し部屋のある方向だ。

やっぱりあいつは気付いてたんだろうか?

俺が写メ撮ってる間も、もしかしたら俺の後ろにいたのかもしれない。

nextpage

 

 

nextpage

 

 

nextpage

 

…来月、久々に同窓会がある。

しかもよりによって、あの女(美羽)が幹事らしい。

行くか行かないか俺は今も迷ってる。

まぁ、断ればいい話なんだけど、一応これが遺書代わりにでもなればなと(笑)

nextpage

ちなみにコレ →「鏖」

一文字で「みなごろし」って読むらしい。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3640
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ