長編6
  • 表示切替
  • 使い方

空 亡

俺は今、追いかけられている。

出口など無いであろう迷路のような建物の中で、俺は必死で逃げる。

この屋内も薄暗いが、それよりも更に暗い、まさに闇そのものと言える『黒い太陽』に俺は追いかけられている。

「はぁ、はぁ。ちくしょー!」

あまりの怖さに、自然と涙が溢れてきた。

「何なんだよアイツ!マジでヤバい、死にそう…」

そう思うと同時に、何気ない彼女との会話を思い出す。

まるで走馬灯のようだった。

nextpage

nextpage

彼女「『最強の妖怪』って何か知ってる?」

俺 「さぁ…。『ぬらりひょん』とか『九尾の狐』じゃなかったっけ?」

彼女「ノンノン♪」

彼女は人指し指を横に振る。

彼女「今はね『空亡』ってのがいるんだよ」

俺 「 そらなき ? 知らねーぞ、そんな妖怪」

彼女「そりゃね。なんか最近 出てきた妖怪らしーの」

俺 「え?『近年 作られました』的な妖怪ってことか?それってありなのか?」

彼女「全然ありでしょ。じゃあ『首なしライダー』とかどうなるのよ?」

俺 「それって妖怪なのか?」

彼女「得体の知れないものはみんな妖怪だよ。リングの『貞子』とか『口裂け女』とか、あと『八尺様』だってそうでしょ?」

俺 「まぁ、確かにな(八尺様ってのは知らんけど…)。でも最近 出てきた分際で“最強”って言い張るのは、ちとマズいだろ…」

彼女「『全ての妖怪を押し潰す漆黒の太陽』らしいよ、なんか最強っぽいじゃん。そもそも妖怪なんて最初から全部 実在しないんだから。そんな小さなことばっかり言ってると、空亡に押し潰されちゃうぞ☆」

俺 「あぁ?潰せるもんなら潰してみろよ(笑)」

nextpage

俺は今にも押し潰されそうだった。

コイツが彼女の言ってた『空亡』なのか?

走馬灯のように思い出している中で、俺は変に想像してしまった。

nextpage

「ヤツに追い付かれたら、どうなるのだろうか?」と…。

本当に押し潰されるのだろうか?

nextpage

例えば、四肢が切断され、血が飛び散り、内臓やら脳味噌やらを撒き散らして、誰なのか個人が特定できない程むごたらしく殺されるのだろうか?

nextpage

それとも全く違い、触れた瞬間に漆黒の闇に呑み込まれ、一生 暗闇の中で生き地獄を味わうことになるのかもしれない…。

nextpage

想像するだけで怖かった。

そしてそれらの想像が、また俺の精神を追い詰めてゆく。

しかもこの黒い塊、曲がり角 以外の速度が異常に早い。

特に直線なのだが、大の大人が本気で疾走しているにも関わらず、曲がり角 等で距離を離さなければ、すぐに追い付かれてしまう。

精神に異常をきたしながらも、俺はこの直線を全速力で駆け抜ける。

しかし、黒い物体はもう目の前まで来ていた。

俺は涙ながら、半ば諦めかけていた。

nextpage

「たぶん追いつかれる…」

そう思った瞬間、階段に繋がる曲がり角を発見した。

ギリギリのところで曲がりきり、ヤツをかわす。

今度は全速力で階段を下った。

しかし、階段も厳密には直線の連続だ。

中間の広間に差し掛かる度に、ギリギリで追いつかれそうになる。

だがアイツとの距離はどんどん広がっていき、一瞬 希望が見えたかのように思えた。

しかし、階段の先はなんと行き止まりだった。

nextpage

「終わった…」

と、諦めかけたその時、ドアノブがあることに気が付いた。

壁・ドア・ドアノブと、全く同じ色で統一された不思議なドアだった。

気が動転していたのと、暗がりで分からなかったらしい。

ドアノブに手を伸ばす。

ガチャガチャ!ガチャガチャ!

なかなかドアが開いてくれない。

ヤツが角を曲がって来た。

nextpage

「ヤバい…!」

その瞬間、手に力が入った。

nextpage

「開いたっ!」

nextpage

ヤツが猛スピードで向かって来る。

ドアをくぐった俺は、急いでドアを閉める。

ヤツがドアにぶつかった衝撃で、俺は弾き飛ばされた。

が、なんとかヤツがぶつかると同時に、ドアを閉めることができたようだ。

内鍵でロックできるタイプのドアではなかったものの、アイツの形状上「恐らくヤツはドアを開けることはできない」と俺は思った。

常に全力で走っていた俺は疲労困憊していた為、疲れを軽減できる程度の速度で通路の先へ向かった。

「はぁ、はぁ」

息切れと動悸が凄かった。

昔やった鬼ごっこでも、こうはならない。

しかし、これは鬼ごっことは違う。

鬼の交代などない。

捕まったら…。

俺は恐怖のあまり、視線だけは先程 閉めたドアを見ながら通路を走る。

nextpage

 

ガチャ。

 

nextpage

ドアが開いた。

「え?」

俺は前に視線を戻し、再び全速力で通路を駆け抜けた。

完全に油断していた。

角を曲がり、直線を駆け抜ける。

振り返る余裕はなかった。

角を曲がり、また直線。

俺は全力で駆け抜けた。

次の角に差し掛かった時、ようやく振り返る。

nextpage

 

来ていた。

 

nextpage

黒い塊。

得体の知れない闇の球体。

俺は次の角まで全速力で駆け抜けた。

「何なんだよ…ちくしょー!はぁ、はぁ」

休まる余裕など全くない。

俺はいつの間にか、また泣いていた。

嗚咽と息切れがあいまって、息がしづらい。

それだけで脳に酸素が行き渡ってない感じがして、倒れそうになった。

しかしアイツは、そんなことはお構いなしに追いかけて来る。

見る限り、端っこに到達すれば行き止まりのようだ。

万事休すか…!?

そう思いながら、角まで到着する。

周りを見渡せばハシゴがあった。

ハシゴは階段と違って、速度を発揮できない。

しかもよく見ると、ヤツが十分 通れる広さがあった。

「ちくしょう、こんなの絶対 追いつかれるじゃねーか!」

そう言いつつも、俺は出来るだけの速さでハシゴを駆け上がった。

駆け上がった先は、またしてもドアだった。

登りきった時には真っ黒い闇が、もう下の広場まで来ていた。

「ひぃっ!」

俺は四つん這いになりながら、必死にドアまで駆け寄った。

疲労のせいか、恐怖のせいか、どうしても立つことができず、ドアノブに手を掛けることができない高さだった。

絶体絶命だと思った。

しかし、そのドアは引き戸式のドアだった。

運が良かった。ドアノブ等なくても横にスライドすると開くドアだ。

なんとかドアを開け、四つん這いのままドアをくぐる。

ヤツはもう、すぐそこまで迫って来ていた。

慌ててドアを閉める。

あせっていた為、反動で少し開く。

マズい…

隙間から、黒い物体が顔を覗かせる。

ゾクっとした。次の瞬間、

nextpage

 

ドンッ!!!

 

nextpage

と、ヤツがドアにぶつかる激しい轟音が響いた。

俺は少しチビってしまった。

あわやというところでドアに飛び付き、今度はしっかりと引き戸を閉めた。

今度は手動の鍵があった。

鍵を掛ける。

「はぁ、はぁ。危なかった!」

息切れと胸の鼓動が止まらなかった。

あまりの疲労に、俺は壁に もたれかかった。

だが、その先にある光景に俺は目を疑った。

光が差していたのだ。

「もしかして、出口か!?」

nextpage

まさかだった。

この建物の出口があったのだ。

その目映い光のおかげか、不思議と俺は立ち上がることができた。

俺はまるで戦場から帰ってきた戦士のような、あるいはゾンビのような足取りでフラフラになりながらも、出口へと足を引きずり歩くことができた。

「助かる…!助かる…!」

そう呟きながら、一歩ず歩を進める。

一歩ずつ、一歩ずつ。

nextpage

 

ガチャ。

 

nextpage

思わず後ろを振り返った。

掛けたはずの鍵が、閉めたはずのドアが開かれていた。

「嘘だろ…」

そこに佇むのは、目映い太陽とは真逆の存在。漆黒の太陽だった。

nextpage

長い直線、

nextpage

十分な距離とは言えなかった、

nextpage

闇が迫って来る、

nextpage

俺は足を引きずりながら、

nextpage

全速力で走る、

nextpage

持てる全ての力を使って、

nextpage

足が千切れようが、

nextpage

骨が砕けようが、

nextpage

構わないと思った、

nextpage

闇が迫ってくる、

nextpage

もうそこまでヤツは来ている、

nextpage

俺を圧殺しようと、

nextpage

押し潰そうと、

nextpage

あるいは取り込もうと、

nextpage

闇に引きずり込もうと、

nextpage

だが俺は振り返らない、

nextpage

俺には分かる、

nextpage

ヤツはもういる、

nextpage

目と鼻の先に、

nextpage

出口まであと数m、

nextpage

逃げ切れるか、

nextpage

追いつかれるか、

nextpage

俺は目を瞑った、

nextpage

そして祈った、

nextpage

願った、

nextpage

俺は…、

nextpage

 

nextpage

 

気が付けば、そこは建物の外だった。

「はぁ、はぁ」

辺りを見回す。

穏やかな世界。

変わらない世界。

いや、いつもより賑やかに感じる程だ。

俺は後ろを振り返る。

そこにもうアイツの姿はなかった。

安堵した俺は その瞬間、膝から崩れ落ちた。

「よ、良かった…!」

俺はこの平和な世界に感謝すると共に、思う存分 太陽の暖かさを感じながら近くのベンチで体を休めることにした。

 

nextpage

 

 

nextpage

 

 

nextpage

 

「あー、怖かった…」

おばけ屋敷を後にした俺は、次のアトラクションに向かった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5760
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ