長編8
  • 表示切替
  • 使い方

竜神様の飴

 僕は小学校5年生の頃、肺を患い、祖父の住むど田舎で2年ほど暮らしたことがある。

これは、そこで起きた不思議な話だ。

nextpage

wallpaper:149

家の近くに遊び場はなく、また、病気のせいであまり外で遊ばせてくれなかった祖父だが、

一週間のうち水曜日と土曜日は、寄り合いか何かでいつも帰りが遅く、僕はそれを見計らって、よく家を抜け出していた。

遊びに行く場所は決まっていた。

山の入り口に少し入った場所に、綺麗な川辺がある。

そこには小さなお堂のようなものがあって、そこが僕らの遊び場になっていた。

そう、僕らだ。

実は以前、興味本位でそのお堂を見に行ったときに、一人の着物を着た少女と出会ったのだ。

歳は同い年で、僕らは妙に気があったのか、それ以来水曜日と土曜日は、かかさずここに来て一緒に遊んでいた。

山遊びに慣れていたのか、少女は僕にいろんな遊びを教えてくれた。

沢蟹捕りに昆虫探し、山で取れる美味しい果物なんかを二人で探したり、本当に退屈しない毎日だった。

「はい、飴」

僕はそう言ってから、缶に入った飴玉を少女に手渡した。

メロン葡萄にミカン味。たくさんの種類の飴が入っていたが、なぜか少女はその中にあるハッカ飴を好んで食べた。

僕としては大助かり、ハッカの味はどうも苦手だ。

「ありがとう」

少女は嬉しそうに飴を頬張ると、美味しそうに目を細めた。

「なあ、Sはずっとここで暮らすのか?」

少女が何気に聞いてきた。

「何でそんな事聞くの?」

不思議に思い、少女に聞き返す。

「だって、いなくなったら寂しいやん」

はにかみ照れ笑いを浮かべる少女にそう言われ、僕は顔を真っ赤にしてしまい、それ以上何も答えられなくなってしまった。

その日は一日川で遊んでから、僕は夕暮れ時になって家に帰宅した。

nextpage

次の約束の日も、そのまた次の時も、僕らはたくさん一緒に遊んだ。

夏から秋、秋から冬、冬から春へと、季節が変わるにつれ遊び方も様々だ。本当に毎日が新鮮だった。

nextpage

wallpaper:156

そんなある日の事、僕は遊びつかれたのか、夕飯を済ませ、早々と布団の中で休んでいた。

が、二時間ほどして目が覚めてしまい、そのまま暗い部屋の中、ぼうっと天井を眺めていた。

「sはやっぱり手術せないかんらしい。来週あたり向こうに迎えに来てもらおう」

祖父の声だ。

手術?誰が?僕が?

どうやら僕の体は思っていたよりも悪いらしく、父と母がいる都会に戻って、手術を受けなければならないらしい。

それを聞いて、何だか僕は急に胸が苦しくなった。

少女の顔が脳裏に浮かび、不意に目頭が熱くなる。

その日は悶々とした気持ちのまま、僕は深い眠りに落ちた。

nextpage

wallpaper:1955

木曜日。

約束の土曜日まで、僕は待てなかった。

雨が土砂降りのように降っていたけど、そんなのはおかまいなしに、僕は家を抜け出し、傘を持っていつもの場所へと向かった。

会えるかどうかは分からない。それでも今行かなきゃ、もう会えなくなるかもしれない。

それは絶対に嫌だ、それだけは……

nextpage

やがていつもの川辺に辿り着く。

雨のせいで水かさが増しているのか、川の様子がいつもと違っていた。

土色に濁った川が、ゴウゴウと恐ろしい音を立て川を下っている。

僕はふとお堂の方を見た。

こんなとこにあって大丈夫だろうか?川に流されたりしないだろうか?

なんて事を思っていると、

「S……?」

信じられない事に、お堂の裏から少女が顔を出したのだ。

「なんで……今日は約束の日じゃないのに」

僕がそう聞くと、少女はお堂の裏から姿を現した。

「Sの声が聞こえた気がした……」

少女の言葉に、僕は少し照れながらもほっとした。

だが、そんな明るい僕に対し、少女の次の言葉は暗いものだった。

「でも、今日はだめや、帰らんと」

「えっなんで?せっかくここまで来たのに」

「ごめん、お父様が怒ってん、ここも危ないかもしれん……」

「お父様?」

そう言って、僕は首を捻って見せた。

そう言えば、僕は少女について何も知らない。

名前も聞かないままだし、どこに住んでいるかも分からない。

親が何をしているかなんて聞いた事もなかった。

お父様が怒っている……それでなんでここが危ないんだろう?

そう考えていた時だった。

nextpage

shake

ドバッ

川の音が一変した。

何かが爆発したかのように水しぶきが辺り一面に上がった。

瞬間少女が叫んだ。

「S、逃げて!!」

それと同時だった。

川上から土砂が混じった巨大な水が一気に流れ込んできた。

氾濫した川は周辺の木々を薙ぎ倒し、一気にお堂と共に僕らを飲み込んでいく。

nextpage

wallpaper:1096

口の中に大量の水が流れ込み、瞬く間に息ができなくなった。

手足をばたつかせ必死に抵抗を試みるが、何もかもが無駄な抵抗だった。

やばい!

それほど水の力は凄まじく、僕の体は人形のように流されてしまった。

死ぬのかな……

意識が遠のく感じがした。

あ、あの……子は……!?

頭の中で必死に少女の顔を思い出し、助けなきゃと願った。

すると、

あれ……?なんだ?

突然、嘘みたいに体が軽くなった。

水の抵抗がなくなり、さっきまでの息苦しさが微塵もなくなったのだ。

しかも体が宙に浮いている。いや、正確には浮いているのではなく、何かに下から押されるようにして浮上している。

足元を見た。

何だこれ……!?

ヌルヌルとした感触、鱗のような皮膚、巨大な……蛇!?

一瞬そう思い恐怖しそうになったが、次の瞬間、僕の頭の中に直接語りかけるような声が響いた。

聞き覚えのある声、少女の声だ。

「S、ごめんな……本当にごめんな」

間違いない、少女の声だ。

僕はその声を聞き、妙に安心してしまったのか、急激な睡魔に襲われた。

「ゆっくり休んで、Sは、Sは絶対に私が守ってやるから……」

少女の心地よい声が頭の中に響いた。

それだけで何か嬉しくなり、僕はそのまま誘われるように目を閉じた。

nextpage

wallpaper:3117

気がつと、僕は家の布団に寝かされていた。

布団の横には泣き出しそうな祖父と祖母がいて、目を開けた僕は祖父達に力強く抱きしめられた。

あの日、家を抜け出した僕を、雨の中たくさんの村の人たちが探し回ったそうだ。

何か知らせがあったらと、家には祖母だけが留守番をしていたらしい。

そこへ、一人の着物を着た少女が現れたらしい、ぐったりとした僕と共に。

慌てていた祖母は僕を抱え上げすぐに布団へと運んだ、でも直ぐにハッとして庭に目をやったが、そこにはもう少女の姿はなかったという。

nextpage

wallpaper:157

あれから何日かがたったある日の晩、夜中に熱でうなされた僕は、ふっと目を覚ました。

朦朧とする意識の中、暗闇に目を凝らす。

おばあちゃん?

ふと、部屋の隅に人影のようなものを見て、思わず声を掛けた。

が、返事はない。

代わりにしばらくしてから、

「S、大丈夫か?」

と、声を掛けられた。

この声には聞き覚えがある。

混濁した意識がすうっと晴れていくような感じがした。

そう、少女の声だ。

「ど、どうしたの、何でここに?それより……そうだ、元気なんだね、良かった。本当に良かった。それと、助けてくれてありがとう」

「うん、ええよ、Sのためやもん。それよりS」

「な、何?」

僕は少し照れながら返事を返す。

「うち、もう山には住めんくなった。たぶん、もう一緒に遊べんと思う」

少女の悲しい声。

胸が締め付けられそうになった。

別れは覚悟していた。

母親たちの住む家に帰らなきゃいけない、もうすぐここを出て行かなければならない。

だけど……だけどそれを口にする勇気が、僕にはなかったからだ。

それを少女の口から言われたことが、僕には凄くショックだった。

思わず泣きそうになり、誤魔化そうと布団を目深く被った。

「S……Sはうちと一緒に居たい?」

少女の質問に、僕は泣くのを必死に堪えながら答えた。

「あ、当たり前だよ!ずっと、ずっと一緒にいたい……よ」

だめだ、我慢できそうにない。

そう思った瞬間、僕の両目からは熱いものがこみあげていた。

「そっか……一緒に居てもいいんや……うち、妬きもちやきよ?」

「えっ?」

突然の言葉に、僕は思わず涙を拭いて、布団から体を起こした。

nextpage

wallpaper:3228

「な、何が?」

「ずっと側に居てもいいんよね……?」

少女の懇願するような声に、僕は思わず、

「う、うん」

と大きく頷いて見せた。

すると少女が僕の側に歩み寄り、側で腰を下ろすと、僕の背中に両の手を伸ばし、抱きつくようにしてから、僕のおでこに自分のおでこをくっつけてきた。

かなり恥ずかしかった。が、それよりも何よりも心地良かった。

あれだけの熱にうなされていたのが、嘘みたいに引いていくのが自分でも分かった。

「大切にしてな……約束やからな」

少女が囁く様に言った瞬間、僕はまたあの水中の中で感じた、深い眠りに襲われた。

どこまでも深い水のそこに沈んでいくかのように。

でもそこに不安は感じなかった。

横には少女が居て、少しはにかみながら、僕の手を握っていてくれていたからだ。

僕はその手を握り返し、そのまま深い水の底へと、どこまでも沈んでいった。

nextpage

wallpaper:3173

次に目を覚ましたとき、僕の体は嘘みたいに軽くなっていた。

熱も下がり、健康そのものだった。

それにもっと凄い事が起こった。

病院で検査を受けた結果、僕の肺は至って良好と診断され、これからは病院に通う必要はないと医者に言われたのだ。

みんな凄く喜んでいた。

僕も嬉しくなり、少女に報告しようと、あのお堂の場所へと向かった。

だが、そこで少女と出会うことはなかった。

お堂のあった場所は土砂で埋め尽くされており、子供の僕ではどうしようもない状況だった。

結局、祖父の家から母親たちの待つ実家に戻る日まで、少女と出会うことはできないまま、僕は帰省することになった。

nextpage

あれから数年が経ち、僕は中学二年生となった。

たくさんの友達もでき、病気や怪我もなく毎日を過ごしていた。

ただ、一つ気になることがあった。

nextpage

wallpaper:3318

僕はあいも変わらず飴の入った缶を買うのだが、なぜか僕の嫌いなハッカの飴だけが、いつも入っていないのだ。

いや、正確には入っていないのではなく、いつの間にやらなくなっているようだった。

nextpage

「あれ?」

「どうしたS?」

僕の声に、友達のYが聞いてきた。

「いや、またハッカがなくなってる……」

そう言って僕は顔を近づけ、缶の中を見回す。

「ハッカってあの飴の?知らないうちに食ったんじゃね?」

「ううん。僕、ハッカは嫌いなんだけど……」

言ってから頭をひねり考えていると、

「おいS、見てみろよ!」

shake

突然Yに腕を掴まれ揺すられた。

nextpage

wallpaper:927

「な、何?」

「あれ、すっげえ美人!」

Yがそう言ってから前方に目をやった。

釣られて視線をそっちに移す。

そこには、塀にもたれ掛かるようにして立ち尽くす、和服の女性の姿があった。

銀色に輝くような綺麗な長い髪に、妖しくも美しい瞳、僕らは吸い込まれそうになりながらも、ふらふらとその女性の前を通り過ぎた。

女の人に見とれて歩くなんて、生まれて初めての事だった。

通り過ぎた後だというのに、心臓がまだバクバクと鳴っている。

が、次の瞬間、

nextpage

wallpaper:3319

「大切にしろよ?約束だからな……」

「えっ?」

耳元で確かにそう聞こえた。

女の声で、僅かに微笑する声でハッキリと。

ハッとして振り返る、が、そこに女性の姿はもうなかった。

約束……

この後、僕の身の回りで度々変なことが起こるようになったのだが、その話はまたどこかで……

Normal
閲覧数コメント怖い
1,11512
17
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

修行者様、感想ありがとうございます。

いえ、ただまあこんなのもたまにはいいなあと思いまして笑

特に続編などは今のとこ考えてはおりません。

地味な話でもありますし、万人受けするようなものでもないみたいなので。

まあどこかで息抜きしたい時なんかに考えて見ます笑

表示
ネタバレ注意

あんみつ姫様、感想、ありがとうございます。

売ってますよ。

見かけるとついつい買ってしまいます笑

おや、一人称に気がつきました?

さて、もしかしたら僕っ子かもしれませんよ?笑

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ロビン様、感想、怖ポチ、ありがとうございます。

お久しゅうございます。

しかし……何たる外道……あ、書いたの私か笑

彼にとって、一生のご褒美だといいんですけどね笑

むぅ様、感想、怖ポチ、ありがとうございました。

さて、この後、彼の身には一体どんな事があったのでしょうね?
厄災か?いや、災い転じてという言葉もありますからね笑

読み易いですか?ありがたきお言葉!

常に回りくどい言い回しが多いと、自分では本当に悩んでいるとこなんですが、そう言って頂ける事で、少し心が晴れました。
本当にありがとうございます。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

続きが気になりますな。
コオリノ殿のお話しは読み易い上に奥深い( • ̀ω•́ )✧