中編3
  • 表示切替
  • 使い方

視える人

友達と呑みに行ったときのお話。

separator

その日は、バイト上がりに

アスカと呑みに行く約束をしていた。

俺はバイトが少し長引いてしまい

アスカを待たせる事になってしまっていた。

nextpage

駅に着いて辺りを見渡すと

壁際にアスカらしき人が居る。

しかし、俯いていてこちらに気が付かない。

nextpage

俺「アスカ!」

ア『…』

俺「おーい!アスカ!」

アスカは俯いている。

どうやらこちらに気付いていないようだ。

nextpage

俺は近づいていって肩を叩く

俺「おい!何してんの?」

ア『!!あぁ…遅いよ…お疲れ様(笑)』

顔色の悪いアスカが力なく笑った。

separator

俺「どうした?何かあった?」

ア『…呑み屋で話すよ』

とりあえずアスカと俺は

行き付けの居酒屋へと向かった。

nextpage

ある夏の日の金曜日の19時。

私は友達と呑みに行く約束をして

待ち合わせ駅の壁際で待っていた。

separator

もうそろ着くかな~?なんて思いながら

スマホに目を通した時

shake

俺「ごめん!バイト終わらない!少し遅れそう」

ア『まじか~…仕方ないか…』

暇潰しにふと、駅の構内を見渡す。

疲れた顔のサラリーマン、これからお仕事らしきお姉さん、テンションがやけに高い学生、買い物帰りの主婦…様々な人が行き交う。

nextpage

私は人間観察が好きだった。

けど、視える人だった私は

たまに人ではない“ナニカ”を

見つけてしまうこともある。

その“ナニカ”は気付いてることに

気が付くと憑いてきてしまうから

見つけたら気付いてないフリをする。

それが私の対処法になっていた。

nextpage

ふと、駅直通のデパ地下の方を見ると

青いワンピースで痩せ細っている女性

黒いストレートの長い髪。いかにもだ。

後ろ姿だったのでしばらく観察していると

目の前から急ぎ足のサラリーマン

nextpage

ア『(あ~…ぶつかる…)』

案の定、サラリーマンは女性をすり抜けた。

ア『さっきの人憑かれてないかな・・・』

通り過ぎていったサラリーマンを探す。

待ち合わせなのだろう。改札付近に姿があった。

ア『憑いてないか。良かった』

振り返りもう一度女性を確認しようとした

nextpage

ア『(あれ?まだいる。)』

なかなか消えない女性をしばらく観察していた。

青いワンピースの女性が前方から現れた男性と

腕を組んでこちら側に歩いてきた。

ア『あれ・・・生きている人間だった・・・?』

shake

nextpage

そうか。やってしまった。

私はとんでもない勘違いをしていた。

nextpage

見てはいけなかった。

nextpage

≪さっきのサラリーマンを≫

nextpage

改札付近を見渡す。彼は居ない。

チラリと横目で隣で壁にもたれ掛っている人を見る。

この季節には合わない紺色のロングコート

間違いない。こっちが”ナニカ“だったのだ。

nextpage

気付かないフリをするのにスマホをいじる

横から声がする

≪寒い…あぁ寒い…寒いよ…≫

緊張と恐怖で身体が震えそうになる。

≪寒い…何でこんなに寒いんだ…寒い≫

聞こえる声はだんだん大きく荒くなる。

声をかき消すためにイヤホンで音楽を聴く

nextpage

≪~♪……寒い…寒いよ…≫

音楽に声が混ざりだす。

額に汗が滲む。声をあげそうになる。

ア『(早く!!早く来て…!!)』

目をぎゅっと瞑り俯いていた。

すぅーと隣から気配が無くなった。

イヤホンを外したその時

nextpage

≪本当は聴こえているんだろう?≫

shake

≪寒いですよね?・・・ねぇ!!!!≫

nextpage

怖くて怖くて気がおかしくなりそうだった

うっすら目を開けて見ると

目の前で俯く私を覗き込んでいるのが分かる

ア『もうダメかもしれない…』

nextpage

不意に肩を叩かれる。

shake

俺「おい!何してんの?」

nextpage

そんなときに俺が来た。

顔をあげるともう彼は居なかったらしい。

separator

ア『って事があったのよ…』

nextpage

そう話すアスカはずっと

寒い・・・寒い・・・と言いながら熱燗を呑んでいた。

Normal
閲覧数コメント怖い
6240
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ