短編2
  • 表示切替
  • 使い方

黒夢

最近、とても嫌な気配がするようになった。

基本的に、夜に嫌な気配は多く感じる。

背中を冷たい死人の手で撫でられたような、ぞわりとする、悪寒のような気配。

今日も一日をいつも通りに過し、眠りについた。とてもジメジメとしたイヤな夏の夜だった。

wallpaper:156

部屋の障子をぼんやりと見つめながら、暑苦しさで顔を歪めていた。

nextpage

と、その時。

体が動かない。

痛みもなく、何かに押さえられているわけでもない。

異常な状態ではあるが、その脳は酷く冷静に状況を判断していた。

しばらくなんとか動こうとしていると、首は僅かに動かせるようになっていた。

視線も動かせる。

首をギリギリまで傾け、目を動かす。

wallpaper:127

黒いモヤのような物が宙に浮かんでいた。球体のそれは、ふわふわと浮かんでいた。目の錯覚か何かだろうかと、それを凝視していると――ふと、モヤの中に手が見えた。

nextpage

と、そこで不意打ちに睡魔が襲い、瞼が落ち、そのまま眠ってしまった。

wallpaper:142

朝起きて、私は家のすぐ近くにあるコンビニにやって来ていた。

sound:6

空は灰色に覆われ、天からは雨が降り注いでいた。

朝からこうだと気分が悪い。できれば回復してほしいなと思いながら、適当なお菓子やらジュースを選んでいた。

nextpage

ふと、入り口の自動ドアに目が行った。

――!?

…昨日の黒いモヤが、扉越しに浮かんでいた。一人客が入ってくるが、モヤには目もくれない。おそらく、自分にしか見えないのだろう。

モヤから黒い瞳が見える。その目と目があった瞬間、背中をゾワッと何かが通り過ぎるような悪寒を襲った。

sound:18

目を背け、しばらくしてまたチラリと見ると、モヤは消えていた。

…できればもう二度と見たくないものだ。

nextpage

不安に押しつぶされそうになりながら、私は今日も眠る。

傍に佇む黒い何かと共に。

Normal
閲覧数コメント怖い
4980
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ