中編2
  • 表示切替
  • 使い方

看護婦さんのおばけ

wallpaper:3074

今高校生の娘が2・3歳頃の話。

当時、私の住んでる町の病院の跡地に

大型スーパーマーケットが出来た。

nextpage

病院跡地というだけでも曰く付きなのに

そこは71年前の空襲で亡くなった大勢の

方が集団で埋葬された場所でもあり、

建設前から話題となっていた。

nextpage

地鎮祭だけでなく、京都から有名な

お坊さまを呼んで供養を行ったとか、

(実際、敷地の隅に供養塔がある。)

建設中、近隣の町内に怪奇現象注意の

回覧板が回ったとか、本当かどうか

分からない様な噂が数々流れていた。

nextpage

そんな中、重大な事故が起こる事もなく

順調にスーパーマーケットは出来上がり、

オープンに至ったのである。

separator

さすがに開店直後は混むので私は敢えて

オープンから1週間程経ったある日の夕方、

パート帰りにまだ小さかった娘を連れて

そのスーパーへ買い物に出かけた。

nextpage

店内はだだっ広く、小さな子どもを連れて

見て回るにはかなり時間がかかると思い、

オムツが取れたばかりの娘をまずはトイレ

に連れて行く事にした。

nextpage

洋式の個室トイレに入り、

娘を便座に座らせ私は向かい合う形で

ドアを背に立っていると娘が突然、

nextpage

「どうして看護婦さんのおばけがいるの?」

と言ってきた。

まだ小さな娘は当然此処が以前病院だった

とか、空襲で焼け死んだ人達が集団埋葬

された場所だとか知っている筈がない。

私はびっくりして、そしてちょっと考えて

nextpage

「どうして看護婦さんが

おばけだって分かったの?」

と質問を返した。そしたら娘は

「だって、看護婦さんの帽子被って

お目目から血が出てるんだもん。

ママの隣にいるよ。」

と言うので、少々びっくりしたが

娘を怖がらせない様にと、慌てず

トイレを出て買い物も済ませた。

nextpage

その後、何度もそのスーパーに買い物に

行ってるが立体駐車場にある自動ドアが

ドア周辺に誰もいないのに開いたり、

その駐車場に車で入ったとたん、

聞いていたCDが勝手に止まったりや、

ATMコーナーでお金をおろしてると

隣の誰もいないATM機がいきなり

「いらっしゃいませ」と反応したりと、

チラホラ不思議な現象があったりした。

やっぱりこういう場所に

出来たせいかなぁと、思う。

nextpage

娘が見た『看護婦さんのおばけ』は

その後娘の口から話に出る事は無く、

空襲で亡くなった方なのか、その後に

出来た病院に勤務していた方なのか、

定かでは無いが今もさまよっている

のだろうか。無事に成仏して欲しい。

Normal
閲覧数コメント怖い
9870
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ