短編2
  • 表示切替
  • 使い方

俺 vs 山の熊親子

前に山歩いてた時のこと

ちょっと迷ったのでうろうろ歩いてたら

そしたらなんかすごいガサッて音が急にしたから「なんだ?」ってキョロキョロしてたら

草の方からなんかガサガサしてビクッてなった

そしたら草の中から熊が出てきた

おおきさは1mちょいくらいだった

種類は知らない

熊はスンスンと回りの匂いをかいだあと俺の方をみつめてきた

俺はパニックになってしまって動けずにいた

だけどこのままだと熊に食われてしまうかもしれないから逃げようと思ったけど不用意に背中見てたりしたら追い掛けてくると聞いたからやっぱり動けなかった

熊はどんどんと近づいてくる

よく聞く死んだフリでもした方がいいかとも思ったけどそんな勇気はなかった

そしたら熊が急に立ち上がった

1mちょいの大きさだけどさすがに迫力があってすごい怖かった

それで俺はすごいパニックになって回りの石とか枝をひろい熊に投げ付けた

意外と効いているのか熊はひるんでいた

俺は泣きながら必死で石とかを熊に投げ続けた

すると熊は退散した

俺は安堵のため息と共にペタンと地面に尻をついた

すると

ガササササッ

また いや さっきよりも力強いガササササッ

俺は嫌な予感がした

そしたらやっぱりまた熊が出てきた

しかも今度はめっちゃ凄いデカかった

さっきの熊の倍くらい

多分親熊だ

もう俺は駄目だと思い意を決して熊にタックルを仕掛けた

タックルは見事熊の肩にヒットした

熊はビックリして後ろへ下がった

そしたら熊はさっきの子熊みたいに立ち上がった

さすがに凄い迫力でパクパクなった

そして俺はまた熊にタックルをした

怖かったは熊の腹に当たって熊は倒れた

このスキに俺は走って逃げた

迷っていたのでとにかく下へ下へと逃げて行った

転んだり落ちたりしながら

そしてついに山から出る事が出来た

そのまま家に帰って汚れた体を風呂で洗い流した後ゴロンと寝転がったらさっきの事を思い出して泣いた

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ