中編2
  • 表示切替
  • 使い方

今だから納得した話

どうも、夢(ムゥ)です。

これは、私が子供の頃の体験で

最近、妙に納得できた出来事です。

nextpage

その日は、曾祖母(父側)のお見舞いに行く予定だった。

買い物等で遅くなり「やはり明日にしよう」と親に言われ、

私は『どうしても今日が良い』と駄々をこねたらしい。

けれど、面会時間も終わりそうな時間だったし、その日には行けなかったそうだ。

separator

そして就寝した私は変な夢を見た。

猛烈に尿意に襲われ、激痛に耐えながら

祖母の家のトイレへ駆け込むのだが

トイレには曾祖母が座っていて

にっこりと笑顔で

規則的に手を振っていて

『お願い!そこをどいて!』と

私が悲願するも反応は無く

なんだか怖くなって違うトイレへ・・・

めちゃくちゃな内容ですが

それをどこのトイレでも繰り返す夢でした。

nextpage

そんな夢を見ていたら、夜中・・・23時頃だったと思う。

母に起こされて「病院に行くよ」と言われた。

訳の分からないまま、寝ぼけて病院に行くと

曾祖母は亡くなっていた。沢山の人のすすり泣きが聞こえ、

初めて見た、怖い祖父の泣き顔に戸惑ったのはよく覚えている。

曾祖母にそっと触れると硬く、冷たかった。

separator

この夢の話を両親にすると、「それは虫の知らせかもしれない」と言われ

祖母譲り(母側)の霊感があった私は、驚きもしなかったし

『これが、虫の知らせってやつか~』とかなんとなく思っていた。

nextpage

それから3年間。

私は原因不明の婦人科系の病に悩まされた。

どこを検査しても ”異常なし”

なのに止まらない出血 激痛 それによる不眠症

私の精神状態はボロボロで、学校にもほとんど行けなかった。

separator

最後に紹介制の大きな私立病院で検査し、

とても強力な抗生物質を投与され、気付いた頃には完治

nextpage

していた。

祖母が「曾祖母が、貴女をきっと守ってくれる」と、

火葬の時にいれた10円玉でお守りを作ってくれていた。

そのお守りが壊れているのを見て

『守ってくれてありがとう』と思ったのを覚えている。

nextpage

でも、今になって思うんです。

たまたまココのサイトで

悪霊と善霊の簡単な見分け方を知ったんですけど

shake

≪白目が黒目(黒く)に覆われていないか≫ なんですって

nextpage

私が見た曾祖母は

にっこり笑顔なんかじゃなくて

目が真っ黒だったんじゃ?

separator

怖いと感じたのは

私の中のセンサーが危ないと

教えてくれたのでは?

nextpage

婦人科関係で苦しんだのは

あの夢と 繋がっていたのでは?

separator

曾祖母は、もしかしたら

私を・・・・と考えたのですが

separator

葬儀で皆が泣いている中

あの時、涙一粒も出なかった自分に

妙に納得したのでした。

Normal
閲覧数コメント怖い
5932
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意