中編3
  • 表示切替
  • 使い方

親愛

「ねえ奈美ちゃん、私ね……裕君に告白しようと思ってるんだ……」

学校からの帰り道、由衣は恥ずかしそうに私に告げた。

由衣とは幼稚園からの幼なじみで、もう十年以上の付き合いだが、

引っ込み思案で自分から告白するタイプではないと思っていた。

「お! ついにかー、大丈夫だよ! きっとうまくいくから!」

「ありがとう。でも……いいの?」

「いいって? 何が?」

「だって、奈美ちゃんも裕君のこと、好きじゃないの……?」

由衣は気まずそうに言った。

裕太は私達の高校のクラスメイトで、妙に気が合いよく一緒につるんでいるが

そこに恋愛感情などは持っていなかった。

「ええ? 全然違うよ、だって私、他に好きな人いるし!」

由衣は少し驚いた顔をして、その後、安心したように笑顔を浮かべた。

「そうだったんだ、全然知らなかったな。でもよかった、奈美ちゃんとはこれからもずっと友達でいてほしいから」

「そんなのあたりまえでしょ? つまらないこと気にしてないで告白のセリフでも考えときなよ!」

 

「うん……ありがとう。そうするね!奈美ちゃんに相談してよかった!」

「でも奥手の由衣も自分から告白するようになったんだね、小学生の頃は担任の先生に憧れてるだけだったし、中学生の時に告白してきた男子とも結局付き合わなかったもんね」

 

「そんなの……昔の話でしょ。先生は私達が卒業する前に転勤しちゃったし、告白してくれた子も夏休み明けたら転校しちゃってたし」

 

「そうだったっけ?じゃあなおさら頑張らないとね!裕太なら由衣を任せられるかなー」

「もう、なにそれー」

私と由衣は笑い合いながら帰路についた。

separator

一週間後、私は裕太のお葬式で泣きじゃくる由衣を抱きしめていた。

裕太は深夜の公園で暴漢に襲われ、バットで滅多打ちにされた状態で発見された。

「奈美ちゃん……奈美ちゃんっ……」

「由衣……泣かないで、大丈夫だから、私がついてるから」

由衣は私の胸で声を上げて泣き続けた。

separator

あーあ、裕太なら由衣のこと任せても大丈夫だと思ったんだけどな

由衣は気が弱いから、誰かが守ってあげなくちゃいけないもんね

小学校の時の教師はいやらしい目で由衣のこと見ていたから、生徒に手を出してるって学校と家に何回も電話してやったし

中学生の時、告白してきた頭悪そうな男子の家に火をつけてやった

由衣は自分から断れないだろうから、私が守ってあげなくちゃね

でも裕太ったらひどいな、私もこれだけ頑張ったから、これからは裕太が由衣のこと守ってあげてねって言ったら

「お前……頭おかしいんじゃねえのか!」とか言うんだもん

失礼しちゃうよね、全然由衣のこと理解してない

だからバットで殴ってやった、こんなのと付き合ったら由衣が不幸になっちゃうよね

由衣、これからも私が守ってあげるからね、いつか由衣を任せられると思う人が現れるまで

大好きだよ

由衣

Normal
閲覧数コメント怖い
1,2172
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

1番嫌なパターンですな(-̀ω-́ ;)