中編5
  • 表示切替
  • 使い方

百物語【第九十九話】

wallpaper:3350

さて、百物語も残すところ後一話。

最後の蝋燭に火が灯るのも間もなく。

語り部の方は、勿論のことですが

背筋を凍らせつつ読んでいたアナタも・・

周りの異変に気付いた頃合いでしょうか?

それでは今一度、私の話に御付き合い下さいね

nextpage

wallpaper:2899

第九十九話

【赤沼の怪】

・・これは父から聞いた、数少ない話の一つ。

地元にね、『赤沼』と通称名が付けられた場所があるんです。

nextpage

私は行ったこともない場所なんですが、、

山の麓に沼があり、そこに赤い藻がたくさんあったそうで、そこから赤沼と言われるようになったんだそうです。

nextpage

ある日、まだ元気だった父がTVの修理に出向いた先が、その赤沼だったんです。

滞りなくTVの修理も終わり、ちゃんと映ることを確認がてら、、、。

まぁ。田舎というか山奥の家ですからね、暫く茶飲み話をしてたんだそうです。

nextpage

外っ面の良い父でしたし、話好きも手伝って、時刻は既に、いい加減夜更けだったらしい。

「いやぁ。遅くまでお邪魔してしまって申し訳なかったです」なんて言って帰ることに。

ご夫婦は、玄関先まで出ることもなく、茶の間で挨拶を済ませただけ。

nextpage

父は、車を庭先で方向転換したんだそうです。庭の隅にある木に向かってバックする。

ピーッ・・ピーッ・・ピーッ・・キッ・・・

バックライトとテールランプで赤く光った木。父はバックミラーを二度見どころか何度も見たそうです。

何故って?木の前に立つ人が居たからですよ。

nextpage

『ん~?娘さん?イヤ?このお宅、何年か前に娘さん亡くなったよな~美人だったのになぁ』なんて思い返しながらバックしてった。

そのお宅では、お婆さんも亡くなったばかり。

木の前に立つ女性は、長い髪を乱れたままにし俯いたまま、じっと髪の隙間から上目遣いで父の車を睨んでたんだって。

nextpage

普通、そこまで視力届かないですよね?

でも、目の悪い父にも見えた。

目が合ったのを、ちゃんと自覚してた。

shake

(コイツ、生きてない!娘さんじゃない!)

nextpage

そう確信した時、その女性・・・。

そのお宅の木の後ろにあった、土留めのコンクリートを駆け上がって山の中に消えたんだそうです。

四つん這いで、人とは思えないスピードで。

ケタケタケタ・・と嗤いながら・・。

nextpage

shake

shake

shake

「う・・う・・うひゃぁぁぁああ!」

車の中で悲鳴を上げた。と父は語った。

タイヤを鳴かせながら山中を走ってる時も・・

追い掛けてくるかのように、数度目撃してたんだそうです。

四つん這いで、道路脇の崖を降りたり登ったりする、正体不明の女性。

nextpage

自宅の不思議現象でさえ怯える父は、猛スピードで帰宅し、靴を脱ぐのもそこそこに、何杯も水を飲んで「出た・・出た・・」と母に縋りついたんだそうです。

どれほど怖かったのか知りませんがね。。

nextpage

:

お客さん夫婦は、知ってたんでしょうかね?

自宅の庭先に、そんなモノが出る事を・・・。

nextpage

父は、外出先で不可思議な事に遭ったことが無かったみたいですね。

この話をする時、決まって言ってましたよ。

「赤沼の怪」があるからなぁ~。あの辺は走りたくないな。。。とね。

nextpage

「お前達もいつか免許取って運転する時に、車のバックミラー見る時は気を付けろよ」って。

勿論、兄も私も十分注意をしてますけどね。

nextpage

:

問題は、バックミラーじゃなく場所ですよね。

昼夜関係なく、髪を振り乱した<人>の姿の、異形なモノが追ってきたら。

ソレが、ゲラゲラ嗤っていたら・・。

どんなに肝が据わっていても逃げますよねぇ。

nextpage

:

で、ね?

大きな声では言えないんですが。。

そのお宅では、不審死が多かったそうです。

:

:

nextpage

娘さんは、元気に働いていたのに、ある日突然

ノイローゼになり、寝込みがちになった挙句に

自分で喉を・・切り裂いて亡くなっていたと。

お婆さんは、長いこと寝たきりだったはずが、

自ら裏山に登って、裏山の滝つぼで水死体に。

nextpage

:

一体、そのお宅には、どんな因縁があったんでしょうかね?

それでも、その家に住み続けた夫婦。。

今現在、どうしてらっしゃるのか。

nextpage

:

父もまだ若い時でしたし、生きてはいないんでしょうが。。

娘さんだろうと、お婆さんだろうと、そんな姿で自宅の傍に佇んでいたらイヤですよね。

それとも、そんな姿でも居て欲しかったんでしょうか?

nextpage

:

如何でしたでしょう?・・父の体験談。

私はあまり父から聞いたことがなかったので、幼心にとても怖いと思っていましたが、そうでも無かったですか?・・でもね。

nextpage

:

:

・・あなたも後ろには・・

:

:

nextpage

nextpage

wallpaper:3199

:

shake

shake

shake

:

ケタケタケタケタケタ・・・・

:

shake

shake

shake

:

【了】

nextpage

wallpaper:2899

nextpage

東方降三世夜叉明王、南方軍茶利夜叉明王、西方大威徳夜叉明王、北方金剛夜叉明王、中央大日大聖不動明王

明王の縄にて絡め取り、縛りけしきは不動明王、締め寄せて縛るけしきは、念かけるなにわなだわなきものなり

生霊、死霊、悪霊絡め取りたまへたまはずんば不動明王、オンビシビンカラソワカ

nextpage

東方降三世夜叉明王、南方軍茶利夜叉明王、西方大威徳夜叉明王、北方金剛夜叉明王、中央大日大聖不動明王

明王の縄にて絡め取り、縛りけしきは不動明王、締め寄せて縛るけしきは、念かけるなにわなだわなきものなり

生霊、死霊、悪霊絡め取りたまへたまはずんば不動明王、オンビシビンカラソワカ

nextpage

東方降三世夜叉明王、南方軍茶利夜叉明王、西方大威徳夜叉明王、北方金剛夜叉明王、中央大日大聖不動明王

明王の縄にて絡め取り、縛りけしきは不動明王、締め寄せて縛るけしきは、念かけるなにわなだわなきものなり

生霊、死霊、悪霊絡め取りたまへたまはずんば不動明王、オンビシビンカラソワカ

nextpage

:

真言五大尊の名を以て放ち、総じて皆々の元、怪異変異及ばざるものとしたまへ。

陰陽道の真を以て、すべからく此処に命ずる。

鬼魔駆逐喼急如律令

【結】

Normal
閲覧数コメント怖い
1,03626
21
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

おでん屋さんwww

ありゃ~~増幅しちゃいました?(∀`*ゞ)テヘッ
こらまた、すいませ~んm(_)m
他の方からも、『最後がコワイって』って言われましたwww

鏡・・自分が右手挙げてるのに、鏡の中の自分は左手・・。
とか!
考えると怖いので、考えないように。考えないように。。
自分の身内でも、塩撒きますよ!絶対に!
それも豆まきくらい、勢いよくやります!!

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

沙羅サン初めまして(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
いつもドキ02しながら拝読させて戴いてます(๑´`๑)♡

今回のお父様のお話めちゃくちゃ怖かったです(((((((・・;)
読みながら鳥肌立っちゃいました(/´△`\)
四つん這いの女がケタ02笑いながら追いかけて来るとかアタシだったら失神しちゃいますw

また怖話楽しみにしてますね(о´∀`о)

返信

あかんがな( *-* )

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

お父さんの話しもかなり怖かったです!
でも最後のお経でますます凍り付きました(lll-ω-)
怖いよ〜(>_

返信

場面を想像したらゾッとしました... (;˚▱˚)
追われるのって怖いですね;

返信