短編1
  • 表示切替
  • 使い方

不思議な話

俺のばぁちゃん、凄く変わっていた。兎に角、人脈が凄く政治家から有名企業の偉い人から柄の悪い方から警察の偉い人まで、ともかく凄かった。俺の母と男3人子供がいたが3人とも大手企業に就職している。それに俺達孫世代に葉子ちゃんと呼ばせていた(笑)

俺は多分孫達の中で一番愛されていた。

出来の悪い子だったからなのか?今となってはわからないが。

そんな葉子ちゃんが、もう長く無いから会いに来てと本人から電話。

『普通自分で言わないよ。そう言う人ほど長生きすんだって』

と軽口を吐いていた。だけど凄く気になって自分の両親に電話すると、今電話しようと思ってた。と。そして昨日から危篤で危ないと。あんたに会いたがってたから会いに来てと。妻と産まれたばかりの長男を連れて、飛行機で葉子ちゃんの所に向かった。

病院に着くと意識は一時的に戻っていた。

でも誰が誰だかわからない。自分の子供すら判断出来ずに誰?と言ってるような状態だった。しかし俺が近づくと徹人来てくれたの。っと葉子ちゃんは俺と俺の妻と子供の名前を呼んでいた。

近づくとありがとねと言ってまた意識が無くなってそのまま他界した。

だけど不思議なんだよな~。

葉子ちゃんは俺に電話した時、もうすでに病院にいて意識が無かったはずなのに葉子ちゃんの家電から着信だったんだよな~。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8874
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

幸加様
コメントありがとう。
葉子ちゃんの孫で良かったと心から言える
程大好きでした。

ありがとうでした。

表示
ネタバレ注意

沙羅 様
ありがとうございます。
葉子ちゃんは生粋のギャンブラーだった
らしく戦後荒稼ぎしていて、金貸ししてたそうです。その時に不思議な人脈が出来たらしい(笑)俺の母は葉子ちゃん大嫌いだったから良く一人で遊びに行きました。今はもう無くなってしまったけどあの家とお稲荷様の祠が懐かしいです。ちゃんと移動してもらったんだけんですが1周忌以来行けてないんですよ。姉が毎月油揚げとワンカップ供えてくれてるんですけど凄く気になってます。

表示
ネタバレ注意