中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ヤモリ

我が家は玄関を出ると真っ直ぐに道路に向かって数段の階段があり、階段の手前の横に、くの字の壁が作られていて外からは見えないようになっている。

私を含め我が家の喫煙者は、その角に椅子や灰皿を置き、タバコを吸う。

nextpage

我が家にはいつからかヤモリが住み着いている。

毎年暖かくなると、去年は見なかった小さな子ヤモリが壁を這っていて、ああ今年も無事子供が生まれたなぁ...と思いながらタバコをふかす。

たまに捕まえて写メを撮り、ヤモリに「ギーッ」と怒られたりもした。

separator

nextpage

ある日の夜。

モコモコと暖かい寝巻きを重ねずに外でタバコが吸えるような季節だから、春頃だったと思う。

nextpage

夜型の私はいつものように、深夜に玄関の外で赤ワインの入ったグラスを片手にタバコを吸っていた。

ちなみにグラスは手作りだ。

nextpage

漫画アプリや怖話、某SNSなどを見ながら3本目のタバコに手をかけた頃。

足元から少し離れたところを1匹の毛虫が這っているのを見つけた。

私は心臓が止まってるんじゃないかというくらい驚き固まった。

nextpage

私は毛虫が死ぬほど苦手だ。

Gなら素手で窓の外に投げてやってもいいほどだが毛虫は別だ。

nextpage

幼い頃かくれんぼをしている時に、意地でも見つかってやるもんかとアパートの壁を乗り越えようとした時に、

壁に這う毛虫に気づかず素手で押しつぶしてしまい、恐ろしいほど手がかぶれた時以来とにかく苦手になってしまった。

nextpage

そんな毛虫が目の前に。

毛虫描いてみて〜と言われたら引かれるくらい精密に描けるほど、強烈なトラウマとなっている毛虫が目の前に。

nextpage

吸いかけのタバコを投げ捨てて家に入りたかったが、ヤツが這っているのは私が座っている椅子と玄関のドアとの間。

まっ茶色で毛がびっしりの毛虫。

全身鳥肌が立つ。

nextpage

ヤツがいなくならない限り家に入れない。

ヤツが居座るならここで夜を明かすしかない。

私にとってそれくらいの恐怖。

nextpage

毛虫を凝視したまま固まっていると、

どこからか1匹のヤモリが現れた。

nextpage

いつも壁を這っていて、近づくと逃げるようなヤツが、壁から降りてきて毛虫と私の間に入るようにやってくると、毛虫の方を向いた。

そしてしばらく対峙したかと思うと、毛虫に向かって行き勢いよく嚙みつき始めた。

nextpage

毛が口内を刺激しているのか、ヤモリは噛み付いた瞬間すぐに離れる。

毛虫はいきなりの攻撃に身をのたうち暴れる。

nextpage

何度もそれを繰り返し、とうとう毛虫は見えないところまで逃げていった。

毛虫が消えると、ヤモリはこちらを一瞥し、さかさかとまた壁を這って何処かへ消えていった。

nextpage

毛虫が去り、ヤモリが去り。

ヤモリって毛虫まで食うのか?口ん中痒くないのかな?食うとしたら結局食い損ねたよな??

などと考える余裕が出てくると、もしかしたら助けてもらったんじゃないかと思えてきた。

nextpage

なんだか嬉しくなった私は、燃え切ってフィルターまで焦げ始めたタバコを灰皿に入れ、どこへ隠れたかわからないヤモリに、「ありがとね」と言って無事に家に入った。

separator

その数年後。

いつものように夜中タバコを吸っていると、あの時のヤモリの何世代後かわからないけど、かさかさと若ヤモリが顔を出した。

あ、ヤモリだ。と思ったのも束の間、そいつは突如壁からジャンプ。

nextpage

玄関先の壁側に放置された、昔メダカを飼っていた水瓶にダイブした。

その水瓶は長いこと放置したためか、水面は繊維の多い苔や藻に覆われている。

nextpage

ヤモリはたまにジャンプするとは知っていたが、イモリと違い水に弱いヤモリ、なんでよりによって水瓶なんかに!と私は慌てて水瓶に駆け寄った。

nextpage

案の定、苔や藻に手足を取られもがいているヤモリ。

うわ、ボウフラとかいそう...と思いながらも手を突っ込み、かなり頑丈に絡み合った苔や藻をちぎった。

nextpage

なんとかヤモリを救い出すことに成功し、ヤモリを地面に放す。

しばらく動かなかったのでまさか...と思ったが、やがてさかさかと動き出し、壁を登りどこかへ去っていった。

nextpage

私は家に入り、「いつかの恩返しができたかなぁ」と思いながら、いろんなモノがついてそうな手を洗った。

Normal
閲覧数コメント怖い
77818
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

まりかさん

怖ポチ&コメントありがとうございます(*´ω`*)
最近スマホの画面が浮いてるの気になってたから、まりかさんからのメッセ見て私も替えたくなって、新しいのに替えてきちゃいました笑

ほんと皆さんのコメントに怖ポチしたいですよね...!
レイさん的アワードはバンビさんのGから白いものが...です!笑

しかし母強しですね〜、私も子供できたら毛虫退治できるようになるのかな?うん、無理です(断言)

ヤモリは可愛くて仕方ないです(*´ω`*)
今も毎晩さかさか出てきますが、そろそろ寒くなると見なくなるのかなぁ。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

バンビさん

怖ポチとコメントありがとうございます(*´ω`*)

Gはカサカサなやつですが、そんなグロいことになるんですか...!?
出たのはなんなんでしょう...私も鳥肌が...

オススメ処分法は、ビニール袋を手に被せ、ヤツを鷲掴みにし、ビニール袋をひっくり返して結びます。
床も汚れないしグロいものを見なくて済みますよ〜(๑•̀ㅂ•́)و✧
ああまだ鳥肌治らない...笑

表示
ネタバレ注意

りこさん

怖ポチとコメントありがとうございます(*´ω`*)
確かに飼い猫がいるところにヤモリはかわいそうなことになりますね...;;
うちも猫を飼っていますが、幸いヤモリは外にしか出ないのでまだ被害者は出ていません(^^)

私も爬虫類とか両生類は結構好きです!
目がクリクリで可愛いですよね〜(*´ω`*)
ヤモリに威嚇されながらも捕まえて写真撮りまくってました笑

表示
ネタバレ注意

むぅさん

怖ポチとコメントありがとうございます(*´ω`*)
ヤモリとイモリの違いは、ヤモリに助けてもらった後調べて知りました笑
似たようなものかと思ったら全然違ってびっくりです。

G嫌いの方ってカブトムシもダメな方多いですよね。
ひっくり返すとお腹とかそっくりですし、ツヤのある黒いところなんかも似てるからでしょうか?
私はカブトムシの幼虫がダメです...特大芋虫...(;д;)

ロビンさん

怖ポチとコメントありがとうございます(*´ω`*)
イモリは井守と書き、両生類で水辺に住んでいます。
ヤモリは家守と書き、爬虫類で水が得意でなく、建物のそばなどに住んでいます。
タモリはサングラスが特徴の人科の雄です笑

肩に乗っていて気づいた時の驚きと恐怖は、言葉になりませんよね(;д;)
思い出しただけでゾワゾワします...

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

沙羅さん

ありがとうございます(*´ω`*)
笑いながらでも来てくれる男友達お優しい...笑
毛虫はあの...毛がびっしりより、ところどころだけ生えていて体が見えてるようなのが何よりもダメです、リアルに描けますがダメです(;д;)
実は表紙もリアルヤモリを描いていましたが、あの手のがダメな方もいるよなぁとシルエットにしました。
ダメな人は絵でも嫌でしょうしね;

手のひらサイズの蜘蛛は昔住んでたとこにもいました!
どいつもこいつもトイレに座ってるときに膝の上に落ちてきていました笑
Gは食べてくれてたのかな?
頻繁にハエのごとく飛び回ってたから退治してはくれてなかったかもしれないです笑

表示
ネタバレ注意

mamiさん

怖ポチにコメントありがとうございます(*´ω`*)
どっちも平気だなんてmamiさん強い…!
もう本当…芋虫とかシャクトリ系もダメなんです…orz
飼い猫の尻尾も普段は気にならないんですが、ふとしたときに毛虫に見えてゾワッとします。
ポケモンもキャタピーとかビードルとかケムッソは育ててないです。

その後も、木登りをしていて木の幹に手を回したらもふっとして、見たら裏にびっしり毛虫がいたり、
花見をしていて肩に毛虫が落ちてきたのに気づかず、しばらくして和式トイレにしゃがんだとき目の前にポトリとか…
大人になった今でもちょくちょくトラウマ更新中です…

レイさんが、どれほど毛虫が苦手か…描写だけなのに、すごく伝わりました(^.^)
私は、毛虫もゴキも全然平気なのですが、手の平で潰した経験があったら…さすがにムリですね…

ともすけさん

怖ポチにコメントまでありがとうございます(*´ω`*)
弟さんもそんな体験なさってたんですね!
こういうのってなんかほっこりしますね~、私も蜘蛛が家の中で出ると窓から放したり、タバコを吸ってる時にカタツムリが足元をのそのそと這っていると、危ないから壁や植物の葉の上に移動させたりしています。
あと最近ヤモリが目の前や頭上めがけてダイブしてくるので、夜中に外で怖話読んでるときなんかは心底驚きます笑

レイさん、良い話をありがとうございます(*^^*)
生き物の助けは本当にありますよ!
現に私の弟が大のG嫌いなのですが、たまたまいたアシダカグモというのに助けてもらったそうです。
私自身も生き物は好きで触ったりこそ出来ませんが、死んでいたら土に埋めて安らかに眠るよういつも願っています。
今作のレイさんが助け出したヤモリも心からレイさんに感謝してると思います(^^)
レイさんの心温まる話に怖いを押させていただきます!