短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ありがとう

おととい、私の彼氏が死んだ。 18歳という若さだった。

死因は友達と大喧嘩して、ナイフで左胸を刺されたから。

はっきりいってこんなこと書きたくない。

だけど知ってほしい。この地球上で、たった一つだけど命が消えたことを。

私は泣いた。思いっきり泣いた。カミソリで手を切りまくった。 

親友の夏紀に止められた。

夏紀も泣いていた。

そんなことしたらアイツ悲しむって。

最高に彼氏を殺した奴を殺したくなった。

悔しい。春輝を生き返らせて!!

春輝を殺した奴はたかが少年院に入るだけで

能天気に生きていく。

そんなことに私は許せなかった。

一人にしてといい、私は夏紀と 別れた。

家で泣いた。泣くだけしかできない自分にむかついた。

すると携帯に着信が入った。

私は目を見開いた。

この曲……春輝に設定していた…

私は携帯を開いた。

メール一件。

春輝からだった。

ありがとう。

とかかれていた。

たった6文字だけど

涙が流れ落ちた。

私こそありがとう。今まで楽しかったよ……

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ