中編4
  • 表示切替
  • 使い方

死神と俺の日常 #31!

music:1

死神と俺の日常 #31!

あー寒い…もう寒い…

俺は紅茶を片手にソファに座って

隣には死神がウトウトしている。

「今日はどうしよう…あと休みが4日間…」

その時だった、俺の携帯が鳴り響き電話の相手は

親父だった。

「おう!元気にしてるか!?」

俺は紅茶をテーブルに置いて

「元気っちゃー元気だよ。それでどうした?珍しいじゃん、親父から電話してくるなんて」

親父は相変わらずデカイ声で

「ちょっと実家に来い、話したいことがあるから」

俺は嫌な予感を察知した

「え〜、電話でいいだろ?」

親父は笑いながら

「大したことじゃないからさ!」

それから30分後…俺と死神は実家へと向かった。

俺は広い畳の間で待たされた。

死神は俺の隣で姿を消して正座してる。

「なんで正座してんの?」

死神は周りを見渡して

「いや、何かに見られてる気がして」

5分が経った時に襖がスーッと開いた

親父は着物を着て俺の前に座った

「呼び出して悪いな、急に決まったことがあってな」

俺は頭を掻きながら

「決まったこと?」

親父は部屋を見渡して目線を俺に戻し、一枚の写真を置く

「この家と同じ初代鈴木家の家をお前が引き継ぐことになった」

俺と死神は完璧なハモり方で

∑(゚Д゚)「えぇぇーーー!」

∑(゚Д゚)「えぇぇーーー!」

親父は一瞬

「ん?今、違う声が聞こえたような…」

俺は口をパクパクしながら

「いや…親父…なにがどう転んだらそうなるんだよ!」

親父は腕を組み

「いや…5代目の鈴木村乃助様が遺言でお前を7代目に選んだんだよ。それでお前が、この写真の屋敷の主になるんだ。」

俺は写真を手に取り、また叫ぶ

「えぇぇーーーー!」

親父は笑いながら

「良かったな!大切に使えよ!」

俺は口をパクパクしながら

「大切に使えよって、この馬鹿広い屋敷を俺一人で生活しろと?」

親父は笑いながら

「大丈夫だって、弟もいるから!」

俺はキョトンとしたまま

「あ、あいつも?」

親父はお茶を飲み

「ああ、それとお前達二人の世話係の面田がいるから賑やかになるだろ」

死神は、なぜかテンションが高い

親父が部屋を出ると死神は鼻息を荒くして

「鈴木さん!金魚の…」

俺はお茶を飲みながら

( ̄Д ̄)「却下…まず考えなくちゃいけないことが、山積みなわけだ…引越しのこと、世話係の面田のこと…アァァァァァァァ!頭が痛くなる!」

死神は腕を組み座り込む

「まず鈴木家が金持ちであることが驚きです」

俺は眉を寄せて

「いや…普通だよ、古い家を何代も渡って使ってるだけだからな…」

(・・;)「それで世話係の面田って?」

俺は両手を広げて後ろに倒れる

「面田は俺の幼馴染のバカ面…」

(ΦωΦ●)「誰が、バカ面だって?」

俺の顔を面田が…覗いていた

(゚ロ゚;)「ファッ!?」

勢い良く起き上がると俺のデコと面田のデコが…

ゴチン!!

俺は涙目で

ε-(=`ω´=)「痛ってぇ!何してくれてんだよ!」

面田はデコを手で押さえて

(`Д´) ムキー!「お前が勢い良くぶつかってきたんだろうが!!」

俺と面田が睨み合っていると死神は笑っていた

すると、面田が死神のほうを睨み

щ(゚Д゚щ)「っていうか、お前は誰なんだよっ!」

死神は驚いた様子で

о(・ω・´о)?「えっ?」

俺はあちゃーって顔で死神を見ていた

面田は腕を組み

(ΦωΦ●)「で、お前の名前は?」

死神は俺を見て面田に視線を戻す

(・・;)「し、死神です」

面田は、なぜか納得するように頷く

「やっぱりな…俺も霊感あんのかな?」

死神は苦笑いしながら

「し、知りませんよ。」

面田は改めて自己紹介をする

「それは置いといて、俺は世話係の面田 拓だ」

俺は鼻をほじりながら

(・Д・)ノ「なんでお前なんだよ」

面田は俺をバカにしたような顔で

(●´∀`)σ「しょうがねぇーじゃん、お前の親父に頼まれたんだから。給料もちゃんと貰えるしな」

俺は立ち上がり面田を指差す

∑(゚Д゚)「絶対、バカ面のお前に給料なんて渡すものか!」

(#`-_ゝ-)ピキ「はぁ〜?そんなこと言うんだったら、今日の夜飯はハバネロ鍋にしてやるからな!」

∑(゚Д゚)「望むところだ!ハバネロ、ワサビ、唐辛子なんでも来いや!」

俺と面田が睨み合っていると

目を光らせた弟が部屋に入ってきて

いきなり俺達に向かってハリセンを振り下ろす

バチコーン!!×3

(´Д` )「痛った!」

(´Д` )「痛ってー!」

∑(゚Д゚)「なんで私も!?」

弟はハリセンをパシパシしながら

(;`皿´)「うるさいんだよ!!お前らの今日の夜飯は抜き!となりのト〇ロが集中して観れないでしょうが!」

めでたしめでたし…続く!

Normal
閲覧数コメント怖い
4033
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

初めまして。
とっても面白いです(^o^)/
遡って、最初から読んでます。

なにがつまらないって
盛り上がりもなきゃ面白さもメッセージ性もなくただダラダラ会話してるだけなところ

怖くなくても成立してる話なんざごまんとある

更にシリーズでしかも順を追わなければわからない
作者は開き直り予防線までひく
面白いかどうかコメントするかどうかより
最後まで読む人すらいないんじゃないのってレベル

SIYOさん初めて(*^^*)
死神さんが可愛いです(*´ω`*)ホラーじゃないとか怖くないやつでも私は好きで楽しみだけど、ホラーじゃないやつは別のとこでアップしてとか言う方もおられるんでしょうか。難しいですね(´・ω・`)