短編2
  • 表示切替
  • 使い方

アパートの住人

これは、僕が大学に入学した頃の話です。

当時、お金もなくアルバイトをしたり、親からの仕送りでなんとかやりくりしている様な、どこにでもいるごく普通の大学生でした。

nextpage

そんな僕も、大学入学を機に独り暮らしをしようと思い、駅から徒歩10分ほどのところに新築のアパートを借りました。

駅からも近いし、新築だし、家賃もわりと安いし。

そんな風に思い、とても満足していました。

そのアパートは2階建てで、1階が101~104号室、2階が201~204号室の、計8世帯が住めるアパートでした。

僕は2階の203号室に住んでいたのですが、隣の202号室に、めちゃくちゃ僕のタイプの可愛い女子大生が住んでいました。

朝晩の挨拶や、ちょっと顔を会わせたときの会釈とか、とても楽しみにしていました。

その他にも、201号室にはすごく気さくで感じのいいおじさんが住んでいて、「隣人にも恵まれて、すごくいいところを見つけたなぁ~」と、とても満足していました。

ただひとつ、あることをのぞけば…。

nextpage

それは隣の204号室でした。

たまに部屋でくつろいでいると、

sound:14

 

『ドンドン…』

 

と、壁を叩く様な音が聞こえてくるのです。

はじめのうちは気にならなかったのですが、1度耳につくとダメで、気になって仕方ありませんでした。

だから僕もちょっとイラついて、壁を叩き返したんです。

ドンドン!「うるさいねんっ!」

そうしたらピタッ…と、音はやみました。

「なぁーんだ、注意すれば分かってくれる人なんだ。」

すると次の瞬間、

shake

ドンドンドンドン!!!

ものすごい勢いで叩き返してくるようになりました。

nextpage

僕は怖くなって、明日管理会社から注意してもらおうと思い、その日無理矢理に寝ました。

そして翌日。

僕は管理会社に電話をし、事の経緯を話しました。

すると管理会社の人が言うのです。

nextpage

「そのアパート、あなた以外は誰も住んでいないんですよ…。」

Normal
閲覧数コメント怖い
1,0810
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ