短編2
  • 表示切替
  • 使い方

リア充

「お前昨日どこにいたんだよ?」

「昨日は仕事よ!」

「うそつけ!昨日日曜だぞ!!」

nextpage

どうも俺の彼女(サキ)が最近浮気をしているらしい。

nextpage

と言うのもサキの女友達からの密告があった。

「友達を売るなんて最低!」と

第三者からしたらむしろその友達を攻めるかもしれないが

nextpage

俺にとっては浮気よりもサキの現状を知れる事の方が何倍も助かる。

nextpage

正直サキはちょっとおつむが弱い

今まで何人もの男に騙され、貢がされ

俺と出会うまでは散々な生活をしていた。

nextpage

だからこそ俺が見張っていないとアイツはドンドンダメになってしまう。

nextpage

これは別にストーカーしてる訳でも束縛してる訳でもない

なぜなら俺は女にモテるからだ。

nextpage

おそらくチクッてきた友達も内心は俺と付き合いたいんだろうし・・・

nextpage

さすがの俺ももうサキの面倒はみきれん!!

「俺達もそろそろ潮時かなぁ」

nextpage

wallpaper:154

数日後

サキ:「ゴメン私がバカだった。(涙)」

俺:「・・・・・・・・・・・・・・・・」

サキ:「今度こそ私を許してくれないよね?」

俺:「・・・・・・・・・・・・・・・・」

nextpage

サキ:「アミにも謝らなくちゃだね(涙)」

俺:「・・・・・・・・・・・・・・・・」

サキ:「アミがあなたの事好きみたいだよ。(涙)」

nextpage

俺:「・・・・・・・・・・・・・・・・」

俺:「・・・・・・・・・・・・・・・・」

俺:「・・・・・・もう金はねえぞ!」

nextpage

wallpaper:556

翌日、桜姫(さき)、ami(あみ)、俺とで話し合いが行われた。

記憶にあるのはその時飲んだお茶の味だけだ。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,2690
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ