中編3
  • 表示切替
  • 使い方

潰し屋…

A「おい…、イカ… やっぱりお前の言うとおりになっちまったわ…」

友人であるAの力ない声を聞いたのは、ありふれた日常の昼下がりの事だった…

nextpage

separator

nextpage

アレを見始めたのは、いつ頃からだろう…

小学生の頃かな…?

初めて見かけた時から、今まで何度アレを見かけたことだろう…

nextpage

初めて見かけたのは、小学生の頃だったと記憶している…

家族で、市内にある大手デパートに行った時だった…

nextpage

いつものようにおもちゃ売り場に行き、次におねだりするものを物色している時だった…

ふと、視界の片隅に1人の女性が居ることに気づく…

子供心にも違和感があったんだろう。思わずそちらを凝視したことを覚えている…

nextpage

俺「ねぇ、お母さん。あのおばさん何してるの?」

母「……………………」

父「何言ってんだ? そっちには誰も居ないだろ…」

俺「いるじゃん! ほらあの人!」

nextpage

母「人を指差しちゃダメでしょ! ほら、あまりじろじろ見ないの!」

何故そんなに怒られたのかに気づくのは、何年も後の事だった…

(この子には、他の人には見えないものが視えている…)

この頃ぐらいから、両親は気付いていたらしい…

nextpage

俺の目に映ったそのおばさんは、夏だというのにグレーのタートルネックのセーターを着て、所々破れてつぎはぎだらけのロングスカートを履いた女の人だった…

当時の両親よりも年配のように見えたので、40代も半ばぐらいだったんだろう…

nextpage

その格好も当然ながら、おもちゃ売り場におばさんが1人…

しかも、仮面ライダーの変身ベルトのポスターの前に延々と立ち尽くしていた…

目の前に立っていながらポスターを見ているわけでもなく、視線は自分の足下の辺りを見つめている感じだった…

nextpage

数ヶ月後、そのデパートは閉店した…

nextpage

その後も、何度かその人を見かけた事がある…

あれから、どれだけの月日が経ったんだろう…

あの日、小学生だった俺も歳をとり、親となった…

だけど、アレは歳をとらない…

外見はあの頃となんら変わりがない…

服装も、雰囲気もいつも同じに見える…

nextpage

個人経営の写真屋…

家族経営の小さなスーパー…

フランチャイズのコンビニ…

大手家電量販店…

全国チェーンのレンタルビデオ店…

大手ホームセンター…etc.

nextpage

俺の人生の中で何度もアレを見かけた…

そして、見かけた店に起こった共通の事がある…

…潰れた…

個人経営の所などは廃業…

大手のチェーン店等は撤退したり、閉店したり…

nextpage

見かけた店は全て無くなった…

驚異の閉店率100%だ…

ほとんどの店舗が見かけた時から、1年程度で無くなった…

nextpage

どうやら、いつも周りには視えていないようだ…

何度か嫁と一緒に居るときに見かけた…

その度に嫁は「見えないよ」って答える…

「イヤイヤ、ここはさすがに潰れんでしょ!」

って言われたことも何度かある…

でも、結果は…

nextpage

separator

今年の春、友人であるAの働く店の売り出しセールに行った…

そんなに大きな店ではないんだが、駐車場は満車状態で、臨時の駐車場まで設け、ガードマンまで立っていた。

nextpage

「いつも、どうも~!」

Aと話していた俺に、笑顔で声をかけてきたのは、そこの社長さんだった。

いつも通り、元気で大きな声で、満面の笑顔で…

nextpage

だけど、俺は視てしまったんだ…

その社長の後ろを追いかけるようにして、バックヤードに入って行ったアレの姿を…

nextpage

伝えるかどうか迷ったが、Aには正直に話した…

アレがなんなのか…

アレを見かけた店がどうなってきたのかを…

nextpage

Aは腹を抱えて笑った…

「真剣な顔して、何の話かと思ったらそんなことか(笑) うちは大丈夫だよ! 経営も苦しくないし、顧客もたくさんいるし! よし、その女のジンクスをうちの店が破ってやるよ!」

nextpage

separator

nextpage

あの日から、半年が過ぎた…

そして、Aの口から出たのが冒頭の言葉だった…

やはりジンクスは破れなかった…

nextpage

経営が悪化したわけではないらしい…

あの社長が、病に倒れたそうだ…

小規模小売店にとって、ワンマン社長の離脱は予想以上に苦しかった。

会社を継がず、外で働く1人息子が廃業を決めたらしい…

nextpage

A「潰し屋には勝てんかったな…」

そう力なく話すAにかけてやる言葉が見つからなかった…

俺「なんか… ゴメンな…」

A「別にイカが悪いわけじゃないから…

謝ったりするなよ…」

nextpage

そう呟いたAの言葉には、やはり力は無かった…

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,6578
33
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

う、うちの店に出やがったら捻り潰してやる…ひ…

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

鳥賊サマ師さん、お久しぶりです。

死神… と呼ぶべきでしょうか。
私にはそう思えてなりません。
怖いですね。
社長様、一日も早く元気になることを祈ります。

表示
ネタバレ注意