中編3
  • 表示切替
  • 使い方

出てきたものの正体

music:4

昨晩の話です

旅館の話を書きましたが

その続きです

nextpage

寝苦しくて目が覚めました

また

あの音がする

トーントーントーン

トーントーントーン

トーントーントーン

廊下は2メートルもない

トーントーントーン

トーントーントーン

トーントーントーン

嫌だなぁ

トーントーントーン

トーントーントーン

トーントーントーン

1度気になると

眠れない

トーントーントーン

トーントーントーン

トーントーントーン

仕方ない

そーっと起きて

sound:28

タバコに火を点けた

フゥ〜

トーントーントーン

トーントーントーン

トーントーントーン

参ったなぁ

nextpage

吸い終わってしまい

またタバコに火を点ける

フゥ〜

時計を見ると

12:45

昨日より早い

布団の中で大人しくしてるか

動こうとして

ガタン

テーブルに足を打つけた

しまった

music:6

トーントーントーン

………………………………………

音が止まった

直ぐに

自分のいる部屋に向かって

ドタドタドタドタドタドタ

足音がきた

扉は閉まっているが

襖の向こうには

何かがいる気配がある

必死にどうしたらいいか

思考を巡らす

どうしたら

どうしよう

nextpage

スゥ〜

襖がゆっくり開く

そこには

眼球の部分が真っ黒な穴の空いた

人影がいた

両手を前に出して

ゆっくり部屋に入ってきた

ズリズリズリ

ズリズリズリ

すり足の足音が部屋に響く

部屋の中をゆっくり歩く

nextpage

息を殺していて

少し分かったことがある

コイツは眼が見えない

そーっとテーブルの上にあった

空のペットボトルを手に取り

襖の開いた廊下に投げた

カーンカーンカーン

4、5回ほど跳ねて廊下に転がっていった

途端に

グルン

人影の首が廊下に向いた

そいつは四つん這いになると

ドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタ

廊下に向かって行った

nextpage

そして

………………

……………

…………

………

……

バキバキバキ

ペットボトルの砕ける音が聞こえ

ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ

ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ

ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ

地の底から響くような唸り声とも

叫び声にも似た声が響いた

そして

また

トーントーントーン

トーントーントーン

トーントーントーン

音が廊下を越えて遠ざかっていく

nextpage

music:4

助かった

フゥ〜

深いため息を吐く

疲れた

ガックリと身体に疲労感がきて

布団に潜り込み

もう一度寝ようと目を瞑る

5分くらいだろうか

意識が夢の中に遠くなっていく

すぐ耳元で

「次はないよ?」

確かに聞こえた

少女の声が

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,17414
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

MEGさん
コメントありがとうございます
時間が止まったような気がしました
ゆっくりですがまた書いていこうと思います

どうしよう…怖いながらも違うドキドキがあって、もし自分だったらとかあれこれ考えてしまいました(((((((( ;゚Д゚)))))))ヒィィィィ 実際目にする時、気配だけを感じる時、両方を持ち合わせた時、気持ちの持ち方が違いますよね、また読ませて下さい( *´艸`)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意