長編9
  • 表示切替
  • 使い方

あのね…

のんびり屋でホワンとした長女が、先日私にしてくれた話をしたいと思います。

separator

「お母さん、私が小さい頃、お母さん、昼も夜も働いてたよね。」

不意に長女が、そう話しかけて来たのが話の始まりでした。

「そうだね。あんたが小さい頃は、お母さん、働いてばっかいたね。嫌だった❓」

そう聞いた私に長女は、

「嫌じゃなかったよ。託児所にいたし、ニイニ達が居てくれたから。」

長女はそう言いました。

ニイニと呼ぶのは、妹の子供、私からすれば甥っ子達、

長女には従兄弟です。

「そうだね。小ニイニとあんたはとても仲良しだったもんね。よく、お母さんの部屋で、2人で寝てて、可愛かったよぉ〜。」と言うと、

長女は、

「冬の夜遅くに、お母さんが布団にモゾモゾって入って来て、私と小ニイニの間に割り込んで、抱っこして寝てたよね。」と笑いました。

「あんた達、あったかくて。お母さん、とにかく布団に入ってあんた達にあっためて貰ってたよ。お母さん、体冷たいから!あんた達最初嫌がるんだけど、『寒いよぉ〜、あっためて?』て言ったら、2人ともぎゅうってくっついて来て、可愛かったなぁ。」

と私が言うと、

「でもあの頃、小ニイニ、おねしょが酷かったんだよね。

だから、私と寝るようになったんだよ。

覚えてる?」と聞いて来ました。

そうだったね、と私が答えると、

「おねしょ、知らない間にしてるんじゃなくて、行けなくて漏らしちゃうって、小ニイニが言って、

どうして行けないのって聞いたら、『1人で行けないから』って。だから、トイレの前にある私達の部屋で、小ニイニも寝るようになったんだよ。」

長女はそう言いました。

「そうだったね。お母さんが帰って来た時に、小ニイニに声かけて、おトイレに行ったりしてたね。

よく覚えてるね。」

そう言う私に、

長女は、

「なんで、行けなかったか、知ってる?」と聞いて来ました。

「夜だし、暗いし、あの頃、パパがいなくなった頃だったから、心が弱くなってたりしたんじゃないかな。

大ニイニもよく、『昨日、フラフラお家の中歩いてたような気がする』って、言ってたりしたじゃない?

お母さん、帰って来た時、大ニイニと妹(私の妹)の寝る部屋を覗いたけど、そんなのは一度も見たことなかったけどね。」

私はそう答えました。

そう言いながら、私は、その頃の事を頭の中で、思い出していました…。

separator

当時私と娘は、海外に住むことになったお友達の家を借りて住んでいました。

2人で住むには、有り余る部屋数のある大きなお家だったのですが、

妹の当時の旦那が、浮気の果て、その相手の人と、失踪同然に姿をくらまし、専業主婦の妹は生活に困り、

子供を2人連れて、転がり込んで来たのです。

相手をなじるばかりで、仕事を探そうともせず、、小学校も休ませっぱなし…。1日の大半を、寝るか、泣くか、相手をなじることに費やしていました。

私から見れば、妹は、相手の肩を持つわけではありませんが、

よそを向かれても仕方のない嫁だったと思います。

それに、妹も、『息抜き』と称し、出かけた先で知り合った男と火遊びもし、何日か家に戻らない日もありました。

そんな事はまるで無かったかのように、

『私は、ちゃんとやってた。』

『私は、一日中家のことをしてた。』

『私は子供を必死で大きくしてたのにッ!』

『あいつは!』

『あいつは!』

『あいつは!!』

明けても暮れても同じことを口にし、甥っ子2人はそれを聞いて過ごしていました。

私と長女は朝から出かけ、仕事に、保育園に行き、

夕方帰って来て、週に3日は夜もバイトに出かけて長女は託児所に預けていました。

一緒に住み始めてからも、最初のうちは夜のバイトに行くときは、長女を託児所に預けて居たのですが、妹が転がり込んで来た事で、生活がきつくなり、

妹に、夜の私の留守の間、娘も見させることにしました。

長女は、夜の9時前には自分で布団に入って行くような子だったので、夜の9時前に出勤する私が部屋まで一緒に行き、布団に入るのを見届け、妹に

「何かあったら連絡してね。」と言い、出かけていました。

小ニイニと、長女が呼ぶ甥っ子が、私の部屋で寝るようになったのは、

我が家に来て2週間位経ってからだったと思います。

「にゃにゃみの部屋で、寝ていい?」

そう聞いて来た小ニイニは、泣き出しそうな顔でした。

「どうしたの?おねしょを気にしているの?」

そう聞くと、

「ママが、『臭い』って。

『トイレの前に布団引いて寝ろ』って言った。」と、泣き出しました。

…。

あの子はまた…。

どうしてそんな、抉ぐるような事しか言えないのかしら。

私は腹が立ち、

「にゃにゃみの部屋で寝たらいいよ?

おねしょなんて、気にする事ない。

にゃにゃみが帰って来たとき、目が覚めたら、一緒に連れて行ってあげるから。

もし、にゃにゃみが帰って来てない時、トイレに行きたくなったら、○(長女)を起こしな?

○着いて行ってくれるから。それに、おねしょシートも引いてあるから、大丈夫よ。」

そう…。

そんなやりとりがあったなぁ、

そんな事を思い出していました。

separator

「小ニイニ、何回か私を起こしたことがあるの。

眠くて、でも目を開けたら、ものすごく泣きそうな顔して、『ごめんね。おトイレについて来て?』って、そう言うんだよ。

私はまだ、小学校にも行ってなかったし、二イニ達より小さかったけど、本当に、かわいそうだった。

2人で手を繋いで、おトイレに行ったんだよ。」

長女はどう行ったわけか、幼い頃から、

暗がりを怖がるとかいうことがない子だったのですが、

だからこそ、

『あー、小ニイニ、本当に怖いんだな。』と思った、と言いました。

そうでなければ、普段、

「大丈夫?○、僕につかまって?」

「○、こっちにおいで、危ないから手をつなごう。」

○、○、そう言って名前を呼んで、自分を助けてくれる優しい、強いニイニが、泣き顔で、ついて来てなんて言ったりしない…。

長女は、

「だからね、『眠たいのになぁ。』とか『起こさないでよ。』とか、ちっとも思わなかった。

いいよ、行こう?って、2人で手を繋いで、トイレに行ったんだよ。」

そうだったんだね。

私は話を聞いて、胸がぐっと詰まっていました。

すると長女が、

「お母さん、小ニイニ、何が怖かったんだと思う?」

そう聞いて来ました。

何だろう。

単純に、大きなお家の真っ暗闇は、子供なら普通は怖いだろうし、あの頃はだから、パパがいなくなってすぐだったし、ママも何だかおかしかったし…。

「さぁ、不安だったのが、怖い気持ちを大きくさせてたのかなぁ。」と

私は答えました。

長女は、

「小ニイニ、寝る時いつも、

『にゃにゃみがいつも、お家にいればいいのに。』って言ってた。

どうしてって聞いたらね、

『にゃにゃみが居ない時、ママは本当におかしいんだよ。』って言ったの。

何がおかしのって聞いたらね、

『ママ、たまに、夜とか昼とか、紐を持って、ウロウロするんだ。』って、そう言った」

紐を持って、ウロウロ?

何やってんだ、あの子は。

そういう私に、長女は、

「私もそう思った。

だからね、何をしてるの?って聞いたらって、小ニイニに言ったの。

そしたらね、

『聞いた。』って、

『ママ、僕の縄跳びで何をするの?』

そう聞いたんだって。

何回も何回も、聞いたって。

そしたらね…」

『うるさいな、お前は連れて行ってやらない』

小ニイニは、そう、言われたんだって。

separator

何も言えず、ただ、驚いて言葉の出ない私に、

長女は、

「…すぐにわかったんだと思うの。ママがどこに行こうとしてるか。

小ニイニは、

夜に、部屋がたくさんあるあの家のどこかで、

ママが死んじゃってるんじゃないか

って、

それが怖かったんだと思うの。

お母さん、さっき、大ニイニが

『夜にフラフラしてた。』って言ってたことあったって言ったでしょ。

ママに連れられて、歩いてたんだよ。

紐を持ったママに、連れられて歩いてたのを、大ニイニはあんまり覚えてないんだよ。

小ニイニは、それをおトイレ行って、部屋に戻る時に見たんだよ。

小ニイニ、置いていかれるって、

どんな事か、深く理解できなくても、そう思ってたんだと思うんだ。

だけど、死んじゃうのも、怖いじゃない。

小ニイニ、どうしていいか、分からなかったんだと思う。

それが、小ニイニがトイレに行けなかった理由だよ。

トイレが怖いんじゃなくて、

置いてけぼりにされるって思った事が、1番怖かったんだよ。」

長女は、そう言いました。

何であんた、そんな話を、

ちゃんとその時してくれなかったの?

責めるつもりではなくても、私は長女にそう言っていました。

「ごめんね、でも、私も聞いた時は、よく分からなかったんだよ。

それに私、怖いって思うより、小ニイニが可哀想で仕方なかった。

何で、ママなのに、小ニイニにそんなこと言うのって、

とても、悲しかった。

だから『もう、怖くないよ。』って言ったんだよ。

『お母さんが、いるからね。』って。

『絶対、お母さんが、ニイニ達の事、助けてくれるよッ!』って、私、そんなふうな事、何で言えたのかな、でも、言ったんだよ。

そしたらね、お母さんがその日、夜の仕事のお客さんから、事務員の仕事を貰ってきたんだよ。

覚えてる?

お母さん、その日、

ニイニ達のママを真夜中叩き起こして、

「明後日面接だからッ!用意しなさいよッ!

いつまでも、メソメソしてないで、ちゃんと立ちなさいッ!」って、

大声で、怒ったんだよ。

大ニイニはその時も寝ぼけてて、外はまだ真っ暗なのに、

「今日から3学期?」っとか何とか笑、

おかしな事言って、着替えようとしてたよね。」

そう言って、ウフフフフと、涙を浮かべて笑いました。

何で今、そんな話を、思い出したの?

そう聞いた私に、長女は、

「ニイニ達が、今のパパの所で家族になって、お別れした時に、

小ニイニが、

『大きくなって、僕達が中学生とかになったら、もしかしたら会えなくなってるかもしれない。

でも、○の事も、にゃにゃみの事も、大好きだからね。

助けてくれて、ありがとう。』って、言ってくれたなぁと思って、

私はニイニ達と離れて、毎年12月になったら、

ニイニ達があの家に来た時の事、思い出してたんだよ。」と言いました。

separator

どんなに長女に頼まれたとしても、私が妹に連絡を取る事はありません。

それが甥っ子と連絡を取るためだとしても、

私は妹に連絡を取る事はしません。

その事は長女もよくわかっています。

「私も、ニイニ達のママには、連絡は取らない方が良いと思うよ。」

長女はそう言います。

でもね、

もし、小ニイニが、大ニイニが頼って来たら、

また、助けてあげてね?

2人は私の、大切なお兄ちゃんなの

長女はそう言って、すっぽり、頭まで毛布を被りました。

私は、毛布の上から、長女に覆い被さって、

「わかってる。」とだけ言い、頭を撫でました。

separator

まだ、小さかった甥っ子達、今ではもう高校生になっているはずです。

大ニイニも小ニイニも、あの頃の事をどのように覚えているでしょうか?

小ニイニは長女に話す事で、母親がおかしいことに対する不安を、ほんの少しでも解消できていたのかもしれませんが、

大ニイニは本当に、あまり覚えていないのでしょうか?

人は、辛い記憶や出来事を、思い出さないように蓋をすることができる生き物です。

どうか、なぜか思い出して、1人で辛くなってたりしないように、そう願うしか出来ない私ですが、

今だって、甥っ子2人のことは、昔と変わりなく、

長女が想うように、私も大切に思っています。

2人が、母親に振り回されず、大きく成長しているように…、

今はそれを願い、いつか会えたらと、

そう想うばかりです…。

Normal
閲覧数コメント怖い
2,10130
32
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

にゃにゃみさん、ご無沙汰しております。
作品、読ませていただきました。
幼い子供はどんなに小さな行動にも敏感に反応しますよね。
それが家族、実の母親の行動なら尚更です。
私も見て胸が痛くなるところがありました。
甥っ子さん達の幸せを願うばかりです。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

なんだろう…何故か、涙が出そうです。
子供って…子供の頃って、そんな大層な事ではなかったり、その時に大人に言えば、難なく解決できたであろうことを、何故か子供同士
“これは言ってはいけないことだ”
と、秘密にしていることってありましたよね…
当時、にゃにゃみさんにさえ、誰かが相談していたら…と思うものの、それを言ってしまうと、妹ママが出ていって、大変なことになるのかも…等…
子供の知恵なりに、色々考えたのでしょうか…

私も、大ニイニ・小ニイニの現在の幸せを願います。
そして…今回は、可愛い長女ちゃんに免じて、妹ちゃんへの悪言は控えますね(*´ω`*)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意