短編1
  • 表示切替
  • 使い方

大好きだから(つづき)

どれくらい寝たのだろう

目をあけると、うちかけのメール文があった。

そこには…

「笑う、あんたが大好きだから。」

私は もう涙しか、あふれてこなかった。

大切でたまらなかった

親友…

「T子ぉッ…」

「ずっと親友だもんね…」

あれから、10年。

私は、T子とのプリクラを今でも大事に、手帳にはっている。

「T子…。」

怖い話投稿:ホラーテラー 萩さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ