いっぱいのかけそば(実話)

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

いっぱいのかけそば(実話)

wallpaper:114

wallpaper:101

雪が降り積もる寒い寒い大晦日の晩、

nextpage

wallpaper:1676

「あの・・かけそばを・・いっぱいだけ・・・」と

申し訳なさそうに店に入ってきた母と子供二人

nextpage

すると「かけ一丁」の女将さんの明るい声に

「あいよ、かけ一丁」と無愛想な店主の声・・・

nextpage

そして一杯のかけそばを泣きながら仲良く食べる親子3人を見守りながら

nextpage

「あんた、こっそり半玉サービスしてるでしょ?(笑)」

nextpage

と、ニヤける女将さんに

「うるさい」と照れくさそうにする店主

nextpage

wallpaper:510

子供:「ここのそば本当に美味しいね。(涙)」

母:「そうね!どうしてもやめられない。(涙)」

nextpage

wallpaper:114

と次の日も店に来たガリガリに痩せ細った親子に対し

nextpage

女将が大きな声で

「二番テーブル、かけ三丁!」

「あいよ、かけ三丁」

nextpage

と店主は裏で、いつも通りある植物を大量にそばに入れました。

nextpage

wallpaper:532

女将:「もう一杯だけじゃ我慢できないでしょ?(笑)」

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,1765
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

鬼畜……:(´;Д;`):

返信

やめられない止まらない、ってコラアスカ!じゃない蕎麦屋!

返信