短編1
  • 表示切替
  • 使い方

滑り台

「今年の冬は本当に寒かったな」

近所の繁華街を歩きながら雄一は独り言で呟いた。

家に帰るまでの間にしょぼくれた公園がある。

調度アパートとアパートの間に隠れるように設置されている。

nextpage

公園の前まで差し掛かり、

「昔はここでよく遊んだなぁ」

と過去を思い出しながら感慨にふけっていると、

「私とよく遊んだよね」

「!?」

「忘れちゃったの?美紀よ」

突然、後ろから女に声をかけられた。

nextpage

美紀・・・美紀と言えば確かに昔ガキの頃によく遊んだ記憶がある。

「その、確かに覚えてはいるけど、いきなりで驚いたよ」

「それもそうね、それにもう十年以上経ってるからね」

雄一はさらに思い出しながら美紀にいった、

「昔はよくあの滑り台で一緒に遊んだよな」

nextpage

・・

・・・「そうか・・・」

雄一は何かを納得したように呟いた。

nextpage

今日は美紀の命日だったことに雄一は気づいた。

調度15年前、滑り台で一緒に遊んでいるときに美紀は台から落ちて死んだ。

nextpage

美紀の方に顔をやると既にその姿はなかった。

「大丈夫、忘れてないから。俺が美紀を好きだったことも、美紀が俺を好きだったことも」

また独り言を呟いて家路に着こうとしたときだった、

生ぬるい風が頬をかすめ、耳元で囁かれた。。

「助けてほしかった・・・」

と。

滑り台-完-

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1831
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意