中編6
  • 表示切替
  • 使い方

面付きミイラ

子供の頃、親父の生家に毎年行っていた。

近所の歳が近い子らと気が合って、良く一緒に遊んでいた。

都心では見れない山、人のいない廃墟、全部が珍しかった。何よりも、そこでしか会えない友達と会うのが楽しみだった。

今でも何人かとは連絡を取り合うし、休みが合えば飯くらいはいく。

時折話題になる事がある。

nextpage

よく遊んでいた広場があった。

一応神社の敷地内で立ち入り禁止ではあったが、構わず入って遊んでいた。

後から知ったが、神主さんも知っててほっといてたらしい。

そこにポツンと祠が建っていた。

祠というより小屋に近いサイズだったが、大人が寝泊まりできるような大きさでもなかった。

nextpage

当時、クソガキだった俺たちは、何度か開けようと試みていた。

壊すのは簡単そうだが、壊したらバレる。

鍵はなかなか頑丈な物が付いていた。こじ開ける試みは失敗に終わり、いつしか飽きていた。

nextpage

広場でいつもの四人で遊んでいた。

二対二に分かれてサッカーをしていた。

広場の中央付近に祠はあった。

俺たちはそこボールをぶつけて変化をつけるテクニックを開発していた。

それが完全にアダとなった。

nextpage

誰だったかは忘れたが、俺ではない。

ボールが祠の壁の薄い部位を突き破り、中に飛び込んだ。

そして、中で明らかに何かが割れる音がしていた。

全員の顔から血の気が引き、一人が走り去った後、釣られて全員走り出した。

因みに最初に走って逃げたのが俺だ。

神主さんはともかく、爺さんが怖くてパニクってたんだ。

nextpage

みんなでどうするか話し合った。

みんな俺の爺さんが怖いから黙っておこうとなった。

しかし中にまだボールがある。

それが残ってたら、誤魔化しようがないのは自明だった。

結局、みんなで取りに行こうと決まった。

nextpage

そして広場に戻った。

すると、ボールは外に転がっていた。

神主さんにバレたのか?と思ったが、特に人影はなかった。

人影は。

nextpage

何かはいた。

しかし、明らかに人ではなかった。

身長は当時の俺たちより、あたま一つ小さかった。

カラカラに乾いた背中、ヒョロリと伸びた手も乾いていた。

その全てに取って付けたような毛が生えていた。

そして顔に般若のような面を被っていた。

明らかに般若ではないんだが、般若が一番近いと思う。

後で話すが、手にとって確認する機会があり、確信はふかまった。

nextpage

恐らくは病気か何かのサルではないかと思う。

子供だった俺たちには不気味すぎて、声も出せずにいた。

悪いことに、俺たちのボールの近くにいた。

面付きミイラは明らかに何かを探していた。

nextpage

どうするべきか?顔を見合わせたまま、俺たちは黙っていた。

息を潜めていたという方が正しいだろうか?

何を言おうとしたのかもうわからないが、一人がみんなに声をかけた。

その瞬間、面付きミイラは探し物をやめた。

nextpage

やめたのではなく、見つけただけだった。

こちらを向いていた。

そして、離れていた俺たちの耳も痛い程に大きな叫びを上げた。

そして面付きミイラは、俺たちに向かって走り出した。

俺が逃げようと振り向いた時には、みんな走っていた。

恐らく、叫び出した時点で逃げていたのだろう。

nextpage

真っ直ぐ人里に向かえば良いものを俺たちはバカだった。

当時から空き家だらけだった地域を抜け、山道に向かっていた。

般若面はしつこかった。

たまに例の、奇妙で、大きな叫びを上げていた。

叫びは聞くたびに不安になり、汗だくの背中に悪寒が駆け巡った。

その叫びで俺たちは位置を知り、追われ続けているのを知っていた。

誰一人振り向かなかった。

叫びは余りに近く、なんの余裕もない事を肌で知っていたからだ。

nextpage

一人を俺は追い抜いたが、もちろん無視した。

怖かった、他人に構う余裕は無かった。

そこでささやかな幸運があった。

軽トラが通りがかったのだ。

先頭は迷わず飛び出し、俺たちはそれに続いた。

泣きじゃくり何を言ってるのか理解されなかった。

しかし、顔見知りだったこともあり、ただ事でなく乗せて欲しい事は伝わった。

遅れた奴も無事追い付き、トラックの荷台に乗った。

叫びは聞こえたが遠く、数分前の事が嘘のように感じられた。

nextpage

移動しながら落ち着き、俺たちはトラックのおじさんに話した。

そして、神主さんに話すよう促され、全員で謝りもかねて、全てを話した。

神主さんは俺たちの取り止めのない話を辛抱強く聴き、怒ったりはしなかった。

nextpage

神主さんは

「よく話してくれた。あそこはロクに手入れも出来ないから、危なくて立ち入り禁止にしていただけだ。

神様も最初は怒ったろうけど、こうして正直に話した子達を怒ったり罰を与えたりしないはずだ。

私からキチンととりなしておくから、安心して帰りなさい。」

と言い、怪我がない事を確認した後、家に帰るように言った。

nextpage

家に帰ると、開口一番、両親から経緯を話すように言われた

慣れたもので、神主さん相手よりよほど上手く話せた。

すると、罰が当たる、祟られた、と大騒ぎした。

今度は四人全員とその家族一同で神主さんを呼び出した。

四人にお祓いをして欲しいという事だった。

nextpage

今でも神主さんのポカンとした顔は忘れられない。

明らかに面倒くさがっていた。

四人一人ずつ行ったが、最後だった俺の時は最初唱えた呪文っぽいのもなかった。

頭上でパタパタと何かを振って終わった。

その適当さにかえって救われ、夜はすぐに眠った。

nextpage

その後、何事もなかったかのように四人はまた集まって遊んだ。

流石に広場にはいかなかったが。

そして都心に戻り、また次の年にきて…

と何度も繰り返した。

月日は経ち完全に忘れていた。

nextpage

進学、就職などで集まりはしなかったが、連絡は取り合っていた。

一人が都心で仕事を見つけたというので、久しぶりに会った。

色々話していたが、決心したように切り出された。

そいつは俺がそいつの住所を知っているのかと聞いてきた。

nextpage

意味がわからなかったが、行ったことはなかったので知らないと答えた。

何度も確認され、少し不愉快ながらも、知らないと言った。

するとお面を出された。

一瞬であらゆることを思い出した。

例のお面だ。

nextpage

言えなかったらしいが定期的に夢に出ていたようだ。

ある日、あの叫びを聞いた気がして、外に出たら置いてあったと。

捨てるべきか随分迷ったようだが、誰かのイタズラならその証拠にと持ってたらしい。

聞いて回った所、全員否定したと。

nextpage

木だと思っていたが、どうやら違う。

大きなツメ?のような物を乾かして、そこに色を雑に塗ったのだろう。

雑に塗ったというよりも、塗ってあったのが剥がれたのか。

俺には判断がつかないが。

あちこち塗装が雑でわからなかったが、泣き顔のようだったが、笑っているようでもあった。

nextpage

そいつは今では毎夜夢に出る、おかしくなりそうだと言っていた。

たまにやつの叫びが聞こえると。

精神科に通って薬も貰ってるらしい。

そんな一面を見たのは初めてだったが、できる限り励ました。

すると一言つぶやいた。

「また聞こえる」

nextpage

そんなバカなと否定し、耳をすますように促した。

すると、微かにあの叫びが聞こえた。

自分の居場所を誇示するように何度も繰り返された、あの叫びか確かに聞こえた。

俺は聞こえないと強がり、夜眠るように言って、重い空気の中解散した。

nextpage

暫くしてそいつは失踪した。

なんの連絡もなく、途中の物は途中のまま消えた。

色々と聞かれたが、例のお面のことも含めて話した。

だが特に進展もなかった。

nextpage

そして先日、ある朝玄関に出ると、例のお面があった。

追われた記憶、消えた友人、恐怖と怒りが混ざり、お面を叩き割って捨てた。

だが、俺が失踪したら、多分そういうことだろう。

Normal
閲覧数コメント怖い
2794
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意