中編2
  • 表示切替
  • 使い方

やってしまった。

wallpaper:265

私の母には、霊感がありました。

私も遺伝したのか、初めてソレを見たのは小学校1年生の時でした。

みんなが授業開始のチャイムとともに着席する中で、見たこともない少女がひとり教室の片隅に背中を向けて立っているのです。

同級生・先生もソレの存在に気付かない様子。

私は帰宅し、母にその事を話しました。

nextpage

「ごめんね。〇〇(私の名前)も見える体質になってしまったんやね。」

「見える…?」

母の言葉に私は首を傾げるばかりで…。

幼ながらに記憶に残っているのは母から強く言われた一言。

「これから、少しでもおかしいな。と思う人やモノを見ても、絶対に目を合わせたらあかんよ。」

そんな幼少期を経て、中学生になり、高校生になり、ソレを見ることに何の抵抗も感じなくなった私は、母の教え通りに「目を合わせない」を守り、日々を過ごしていました。

nextpage

そんなある日のこと、その年一番の大雨で、普段学校へは自転車で通学していた私ですが、あまりの雨足にバスで登校することにしました。普段、バスで通学している友人とともに、二人掛けの席へ腰を据え、バスが発車し暫く経ったころ…足元に言いようのない寒気を感じました。

「ああ…いつものアレか…。」

そう思って無視を決め込んでいた私でしたが、何故だかその日はいつも感じる感覚とは違い、とても恐ろしく、冷たく、ソレの正体をこの目で見たくなってしまったのです。窓側に座っていた私はチラリと友人の座っている側の足元へと視線をやりました。

nextpage

そこには、ボロボロの服を着た少年が三角座り(体育座り)で、無機質に無気力に友人を見上げていたのです。

「ああ、この子はヤバいやつだ。」

直観的にそう悟り、窓の外へ視線を移したのち、友人の話も半分に「早く着け。早く着け。」とそう思うばかりでした。

nextpage

ようやく到着のバス停が見えた時はホッとし、早くこのバスから去りたいと気持ちだけが先走ってしまったのか…私は不覚にも席を降りる際、ソレを跨いでしまったのです。

nextpage

「しまった…!」

心中穏やかではない私は友人の手を引き、慌ててバスから降りました。

後ろを振り返ってもソレはおらず、「良かった…。」と思い、降りたバスを見てしまったのがいけなかったのです。

nextpage

ソレは今まで私たちが座っていた席の窓から私を見て先程とは裏腹に薄気味悪く笑みを浮かべていました。

nextpage

_目を合わせてはいけない。

それは霊に「自分が見えている人と思わせてはいけない。」ということです。

あの時、不覚にも跨いでしまった私は…

nextpage

あれからずっと、私の傍にはソレがいます。

もう10年も前の話です。

Concrete
閲覧数コメント怖い
2,5299
40
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

はじめまして
私の筆名は玄(しずか)で、日本の怖い話に興味があるアメリカ人女性です。日本語を勉強していて、作家と翻訳家になりたいです。だから、ブログを始まります。翻訳の練習ために、英語話者のホラーファンに日本のアマチュアのホラーフィクションを伝わりたいです。私がブログから利益しなくって、趣味だけです。お宅の色々な話を翻訳して、伝わってもいいですか。もちろん、元作者を認めます。

表示
ネタバレ注意

雪さん、初めまして!
去年より怖話に参加させていただいてる、ともすけと言います。
これから宜しくお願いします!

お話、実体験というのもあってかなり怖かったです。
しかし10年も… 霊も様々ですが、この霊は雪さんを何かしらから守ってくれてるのかも知れませんね!
私も一度だけ霊を見たことはありましたが、それが最初で最後でした。
しかし初投稿とは思えない程、読みやすく頭にスイスイ入ってきました。
素晴らしいです!
ありがとうございました!

>あんみつ姫
度々のコメントありがとうございます。
本当に嬉しくて、あんみつ姫様のコメント通知を受け取ると自然に笑みが零れます。
屋外でしたらただの不審者ですね(笑)

あんみつ姫様の暖かいコメント内容。
拝見させて頂き、とても感動いたしました。
実際どうなのかは分かりませんが、あんみつ姫様のおっしゃる通りであれば、どんなに嬉しい事か…

表示
ネタバレ注意

>ろっこめ様
コメントありがとうございます。
初見は驚くこともありましたが、案外慣れてくると何も感じないのが現実で…
パッと目の前に出てきても、驚くよりも「何してんねん。」ってつい言ってしまいそうになるくらい、日常になって来てしまいます。

ある意味、その情景が一番怖いかもしれませんね。(笑)

こちらでもコメント失礼します。

雪さんは見える方なんですね。

うらやま恐ろしいです。

わたしの友人にも、そういった力がある人がいます。

まぁ、彼女の場合、見えるだけではないみたいですが……。

わたしは怖がりな怪談好きという、非常にめんどくさい仕様なので、見えないのが幸せなんだと思います。

一回だけなら見てみたい気もしないでもないですが、多分、見たら見たで一生後悔しそうなので、作品だけに留めておきたいと思います。

素敵なお話、ありがとうございました。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意