中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ずっと好きでした。

wallpaper:1676

俺が彼女と出会ったのはとある居酒屋。

俺が一人寂しく飲んでる所に

彼女が一人で来店。

nextpage

そして何も言わず俺の隣へ・・・

nextpage

正直女性が一人で来るような店でもないし

何よりたくさんある席の中で

nextpage

なぜ俺の隣に?

nextpage

と、最初は少し警戒もしたがスケベ根性と言うか男の悲しい性と言うか

nextpage

separator

wallpaper:3024

「仕事帰りですか?」

「この店はよく来るんですか?」

「お酒は強いの?」

nextpage

と、気付けば酒の力を借り

俺は必死で彼女との会話を続けようとしていた。

nextpage

wallpaper:1706

でも彼女はそんな俺のめんどくさい質問も

笑顔で答えてくれて

又、彼女の方からもポツリポツリと自分の事を話し出す様にもなってた。

nextpage

wallpaper:146

俺:「なんでこんなとこ一人で来たの?」

彼女:「・・・寂しかったの(涙)」

nextpage

何でも最近彼氏と別れ

とにかく誰でもいいから話相手が欲しかったらしく

どうせ話すなら遊んでなさそうな真面目な人に聞いてもらいたかったとの事。

nextpage

wallpaper:2211

その言葉に彼女いない歴=年齢の俺にとって

まさに天にも昇る気持ちであっという間に時間が過ぎ

nextpage

次の日から俺は毎晩この店でご飯を食べるようになってた。

nextpage

wallpaper:3162

そんなある日いつもの様に楽しい食事を彼女としてると

wallpaper:154

急に席を立ちトイレに駆け込む彼女

どうやら携帯が鳴ったらしい

nextpage

俺:「誰から?」

彼女:「あ~ちょっと・・・」

nextpage

wallpaper:953

と明らかに焦った様子の彼女を見て

ずっと自分をごまかし続けてたある疑問が・・・

nextpage

wallpaper:114

そもそも大衆居酒屋に若い女の子が一人で来る?

決してイケメンじゃない俺なんかに声かける?

大体こんな都合の良い事あり得る?

nextpage

と、悪い意味で寝ても覚めても彼女の事が気になりだした。

nextpage

そしてあの出来事が・・・

nextpage

separator

wallpaper:239

その日たまたま外で買い物してた俺の前に彼女の姿が

声をかけようとも全く俺に気付く様子もなく

そそくさと喫茶店へ

nextpage

「何か変だ?」

色んな気持ちが交錯するなか俺が意を決して中をのぞくと

nextpage

wallpaper:1395

中には男の姿と

誰の目から見てもわかる

俺の前では決して見せない彼女の真の素顔。

nextpage

俺:「あ~やっぱり」

その光景を見て俺は全てを悟った。

nextpage

wallpaper:132

そしてその日の夜

「今日男と会ってたろ?」

涙ながら話す俺に

nextpage

wallpaper:3163

彼女:「イヤ私、何も知らないから!」

と、顔面蒼白になる彼女。

nextpage

wallpaper:61

俺:「元カレに会わせてやるよ!」

Concrete
コメント怖い
2
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信