中編3
  • 表示切替
  • 使い方

SOY CLYSIS 2

music:1

薄暗い部屋。

広い、長いテーブル。

その両側にはそれぞれ十名前後の男が座っている。

皆、上等なスーツに身を包んだ、貫禄のある者ばかりだ。

だが、彼らの顔は一様に曇っている。

彼らの視線は、部屋の片面に設置された、大型のテレビモニターに注がれている。

モニターの中では、緊迫した面持ちのアナウンサーが、とある町で現在進行形の、悪夢のような事態を告げていた。

nextpage

モニターから最も遠い、テーブルの誕生日席に座っていた人物は、組んだ指の上に額を置きながら石像のように動かなかったが、やがて顔を上げ、こう言葉を発した。

「――これで、満足か?」

nextpage

その言葉の向けられた先は、モニターの真正面、もう片方の誕生日席に位置する人物。

その人物は回転椅子をモニターの方に向けて、他の面々には背を向けていたが、おもむろに振り返ると場違いに明るい声で応えた。

nextpage

shake

「いやー満足満足、大満足ですよ総理。

皆さんも、なーに暗い顔しちゃってるんですかー?

こうなることは先般から嫌って言うほど、口が酸っぱくなるほど、繰り返しご説明申し上げていたじゃないですか?

〈鬼〉ウィルスの蔓延、それに伴うエリアを限定した未曾有のバイオハザード、政府による迅速な対応、そしてこれら一連の実験による、結果データの速やかな回収、と」

酒に酔ったように陽気な、甲高い声が響く。

いまだ幼さを残した、女の声。

その口調は、どこか人を小馬鹿にしたような響きを持つ。

nextpage

「第一、お忘れじゃないでしょうね?

最初に『困っているから力を貸してくれ』ってお願いをされてきたのは総理、貴方の方じゃありませんか。私はそれに応えただけ。

そりゃ発案した以上、責任もってプランニングまではしましたがね。最終的なGOサインを出したのは総理ご自身です。

少子高齢化問題、年金問題、労働力問題、格差問題。

それらをいっぺんに解決できる秘策、だなんて――」

虫の良いったらない。女、いや少女はケラケラとくすぐったそうな声で嗤う。

nextpage

「だから、考えましたでしょう?

ちょうど時期が時期、節分でしたもので。

人間から理性を奪い去り、冷酷な殺戮者へと変貌させる〈鬼〉ウィルス。

解決策としては〈歳の数だけ豆を食べること〉。

5歳だ、10歳だ、まあ20歳だーってんなら、市販の〈豆〉でも対処できましょうよ。

でも、高齢者って言われる方々の年齢分だけって言ったら相当量ですよ?

nextpage

これにより、少子高齢化問題の種である、ご高齢の方々には穏便に〈ご退場〉いただける。

〈豆〉を買い占めるだけの財力がある方々は自然生き残りますが、買えないような方々も〈ご退場〉。

あとは〈鬼〉から逃げ回るだけの体力、知力がある方々だけが生き残って、あとはハイ、さようならー。

みーんな〈鬼〉が悪いんです、と」

ケラケラケラ。

少女が嗤う。

nextpage

「だからと言って――私が心を痛めていないとでも思っているのかね?」

総理と呼ばれた人物は、沈痛な面持ちでそれに応える。

nextpage

「あれあれあれ?これだけの人間を間引いておいて、鬼の眼にも涙ってやつですか?

shake

ひーどーいー。自分だけ良い子ぶっちゃって。

私だって、心を鬼にして考えたんですよ?

夜も寝ないで昼寝して、日中5分で考えたんですから」

ケラケラケラケラ。

nextpage

「まあまあ、今宵の舞台はまだ始まったばかり。

皆どんな風に踊ってくれるのか、括目して観劇いたしましょう――」

テーブルに着く男たちは、一様に深いため息をつく。

その沈んだ空気の中、少女の嗤い声だけが響いていた。

Normal
コメント怖い
5
20
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信