短編1
  • 表示切替
  • 使い方

失敗作 完全版(6) 座頭

music:4

俺は剣術師範の父のもとに生まれたが、生まれつき目が見えなかった。しかし、父はそんな俺にも竹刀をにぎらせ剣術を教えた。

幸か不幸か、俺は目が見えない代わりにその他の感覚が特別に鋭く、目が見えなくとも、刀を振るうことができた。ただ、俺の感覚の鋭さは尋常ではなく。それがわかると、周りの者達は人並外れた俺の力を恐れ、次第に近寄らなくなっていった。

幼い頃から剣術を仕込まれて育った俺には、それでも刀を手放すという選択肢はなく、一人になっても刀を振るって生きていく道を選んだ。

そしてある時、一人の男が俺の前に現れた。その男は言った、世界を変えたくはないかと、俺はその時からこの男の組織のために刀を振るうことにした。

そして今、俺は新しいリーダーのために刀を振るおうとしている。

「この組織の理想のために俺は最期まで刀を振るおう。」

Concrete
閲覧数コメント怖い
2802
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信