短編1
  • 表示切替
  • 使い方

夢の中の殺人者

最近なんども人に殺されかける夢を見る。

別に誰に恨まれるような事をしたつもりは無いのに、

なんども。

その夢にでるのは女らしいが、

顔は靄がかかって良く見えない。

しかし確かなのは、

あらゆる方法でそいつは

俺を殺そうとして居る事だ。

ある夜俺が夢を見て居ると、

その夢にまた女が出て居た。

女は俺の首を締めながらゲラゲラ笑って居る、

徐々に酸素が足りなくなり、

本当に死ぬんじゃ無いかと思った俺は

とっさに女の手首を強く握った。

次の朝、

なんとか助かったらしい俺が洗面台に行くと

そこにはくっきり首を締められた跡がある。

『うわー…ホラーだ…』

殺されかけたショックで他に何も言えない俺が

ゲンナリした顔で痣をなぞって居ると、

機嫌の良さそうな姉が洗面台に割り込んで入って来た。

『…機嫌良さそうだな』

『うん、最近良い夢見るから。』

嬉しそうに鼻歌交じりで顔を洗う姉の手首には、

握られたような痣が付いて居た、

『次こそは』

姉は呟き、

洗面所を後にした。

怖い話投稿:ホラーテラー とちおとめさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ