【落語】饅頭怖い ―裏―

長編8
  • 表示切替
  • 使い方

【落語】饅頭怖い ―裏―

「何も追っ掛けて来ねえかい――?」

町内の若い衆が集まって馬鹿話に花を咲かせている最中、悲鳴を上げて長屋に駆け込んできたのは、お調子者で通っているトメ公である。

その場にへたり込むと、頭を抱えて尻を突き出し、ガタガタと震えている。

nextpage

「何だい何だい?誰かに追われてるのかい?」

戸の外を確認し、「大丈夫だ、何も来ないよ」と告げると、トメはようやく顔を上げ、はあと一息ついてから、おっかない目に遭ったと云った。

nextpage

「いや、ここへ来るのに近道をしようとな、松の湯の横の薄っ暗い路地、あそこを通ったんだ。そうしたらさ、目の前にあの野郎がいやがったんだよ。とぐろ巻いて、首をひょいと持ち上げて、口をぱくり、舌をぺろぺろ――」

「なんだいそりゃ?」

「蛇」

蛇だよ、こんな――。そう云って顔の幅に両手を広げる。

nextpage

「へえ、そりゃ随分と太いねえ。お前が怖がるのも無理はねえ。ウワバミってやつだな」

「いや、長さが」

「長さかよ!それじゃミミズじゃねえか。情けねえなあ」

トメは照れくさそうに「へへへ」と笑った。

「俺は餓鬼の時分から、どうにも長虫は駄目なんだ。蛇だけじゃねえ、長くて細せえもんが無性に怖え。ミミズも厭だし、そばも食わねえ。実を云うとふんどしも締めてねえ」

だらしのない話もあったものだ。

nextpage

「まあ人間、虫の好かねえってのはあるもんだ。そういや聞いたことがある。胞(えな)――へその緒な、あれを生まれた後にこう、切るだろう?そいつを土の下に埋めるんだが、その上を初めに通ったものを、生涯嫌いになるそうだよ」

トメ公の胞の上は、きっと蛇が通ったのだろう。

nextpage

「面白れえもんだな。ここにいる連中は昔からの馴染みだが、そういや聞いたことがねえな。どうだい?ひとつ怖えものを言い合わねえか?おい、そっちはどうだい?」

「俺はね、なめくじ」

「ああ、なめくじな。あれは気味が悪いな」

雨の日に厠を這っているところなぞ、見ていて気持ちのよいものではない。

nextpage

「お前は?」

「蛙。びょこびょこ跳ねやがる。気味の悪い声で鳴くよ?怖えじゃねえか」

蛇に蛙になめくじで、こりゃ見事に三竦みだ――皆が笑った。

nextpage

「俺は馬が怖え」

「馬なんぞ怖いかね?」

「怖えよ。何と云っても面が長いよ?ほっかむりする時に手ぬぐいが何本要るよ?」

おかしな怖がり方だ。

nextpage

俺は蟻。黒い小せえのが、行列作ってるのを見るとぞっとする――。

俺は蜘蛛だ。あの足がいけねえ――。

「皆怖えもんがあるもんだな。――おい、辰(たっ)ちゃん。お前、そんな処で煙草吹かしてねえで、こっちへ来て話に加われよ」

辰は、怒ったようにふんと鼻を鳴らす。

nextpage

「どいつもこいつも云うことがくだらねえ。さっきから聞いてりゃ、いい若けえ者が、あれが怖え、これが怖え。情けねえじゃねえか。いいか?人間は万物の霊長って云うんだ。何を怖がるもんがあるってんだ」

「小難しいこと云いやがって。どうせ意味なんぞわかってねえんだろうが。じゃあ何かい?お前は怖えもんなんてないって云うのかい?」

nextpage

「ああないね。だいたいトメ公、てめえ蛇が怖えなんぞとぬかしやがって。いいか?蛇なんて、あんなに重宝なもんはねえんだぞ?」

「蛇は重宝かい?」

重宝だろうがよ――。辰が煙を吐き出す。

「風邪をひいた時によ、はちまきを締めるだろ?代わりに蛇でもってやってごらんよ?締めなくたってひとりでに締めてくれるぜ?ひんやりしてさ、心持ちがいいや」

nextpage

「おい、豪傑だねこいつは。どうだい馬なんてのは?」

「馬なんぞ、あれほど役に立ってくれるもんもねえじゃねえか。食ったって旨えしさ」

「確かに旨えな」

nextpage

「当たり前だい。何だい、蟻?蟻なんてものは怖くもなんともねえ、あんな小せえもの。俺はなんだぜ?おこわ食うのに胡麻が足りねえなって時にはよ、蟻を十匹ばかり捕まえてぱらぱらっとかけるんだよ」

「胡麻の代わりにすんのかい?」

「そうだよ、胡麻が動いて食いにくいがな?蜘蛛なんてものもな、納豆食う時に糸の引きが足りねえと思ったら、二三匹ぶち込んでごらんよ、あっという間に糸引くぜ」

nextpage

「へえ、お前はなんでも食っちまうんだね?」

「なんだって食うよ。殊の他四つ足はなんでも食うよ。それが証拠にどうでえ、近頃この辺りに」

――猫がいねえだろ?

辰がにやりと笑う。

nextpage

「やってんのかい?」

「やってんのよ当たり前じゃねえか。実はな、この間もこういう話をしたんだよ、脇でもって。そうしたら聞いてた野郎がな、本当かい?四つ足だったらなんでも食うかいって、こう云うからさ、当たり前だ、なんでも食うから持ってこいって云ったらな、持ってきやがったよ――こたつ」

nextpage

「こたつ櫓(やぐら)ね。確かにあれは四つ足だな。そりゃいけねえ、謝ったかい?」

「謝るもんかい、云ってやったよ。確かにこたつ櫓は四つ足だけどよ、俺はこういう」

――あたるもんは食わねえ。

nextpage

「上手いこと云いやがる。なるほど、それじゃあお前には怖いものなんかねえな?」

「当たり前だ、冗談言っちゃいけねえ。俺に怖えもんなんて――」

とたんにガタガタ震え出す。

nextpage

「おい、様子が変わってきたよ?なんだい、怖えもんがあんのかい?」

「勘弁してくれよ。実のことを云うとよ、思い出したくなかったから、こうして強がり云ってたんじゃねえか。え?云わなきゃ駄目かい?しょうがねえ、わかったよ、俺が怖いものはあれだよ――饅頭だよ」

「饅頭?饅頭って食う饅頭かい?お前、饅頭が怖いのかい?」

nextpage

「怖えよ。俺は餓鬼の時分から、嫌いってんだじゃねえ――怖いんだよ」

「へえそうかね?

どれも怖えってえのか?」

「怖ええよ。ああ駄目だ。俺、なんか気分が悪くなってきやがったよ。

ちょいと隣で休ませてもらうぜ?」

「ああそうかい。わかった、悪かったな。布団使っていいからな」

辰が隣の部屋に引っ込んだのを見ると、皆が示し合わせたように声を潜めて集まる。

nextpage

「おい、聞いたかよ?辰の野郎、饅頭が怖えんだとよ」

「聞いた」「聞いた」「聞いたよ」

「どうだい、話だけであの態度だよ?皆でもって饅頭買ってきて、奴の寝込んでる枕元に置いたら……どうなるかね?」

「よせよ、死んじまうぜ?」

「いいよお死んでも。どうせ世の中の役に立ってるわけじゃねえんだから」

nextpage

「そんなこと云ってもよ、饅頭でもって殺しちまうなんてお前――餡殺ってえんだよ?」

「うまいこと云うねお前も……。いいよいいよ、皆して買ってこいよ」

nextpage

………

………

………

nextpage

「蕎麦饅頭、腰高饅頭、栗饅頭、葛饅頭、酒饅頭、いろいろ集まったな。

ほら、盆に乗せろ。いいか、俺がこっそり奴の枕元に置いてくるからな。静かにしてろよ?

――これでよし。奴めうまいこと寝入ってやがったよ。それじゃあ始めるぜ?

おう、辰ちゃん!まだ具合はよくならねえか?よくなったらこっち来てまた話さねえか!」

「うるせえなあ。まだ気分が悪いんだよ。

お前らがあんまり饅頭饅頭云うもんだから、夢となくうつつとなく、なんだか目の前に饅頭があるように思えてくるぜ」

nextpage

「そうかい?目の前に饅頭があるように見えるかい?じゃあさ、枕元見てごらんよ」

「枕元?枕元になにがあるって――

shake

あああああああああああああああああああああああああああ!」

響き渡る辰の悲鳴。

「おお、あれだけ怖がってくれると、やったかいがあるってもんだ。

どうしたい辰ちゃん、なんかあったかい?」

nextpage

「なんかあったかい、じゃねえよ。どうしてこういうことするんだお前らはよう。

怖えよ、怖え、恐ろしいよおー……。

怖えならどうすりゃいいんだ?

……食べちまえばいいんだ」

nextpage

襖の向こうからなにかをほおばる音。

shake

「うわあああ、怖えよおー!……旨い、旨い。

shake

怖えよ怖えよー!……旨い、旨い」

「……おい、様子がおかしいぜ?食ってる音しねえか?」

たん、と襖を開けてみる。

盆の上の饅頭を、あらかた食いつくした辰の姿。

「あ、この野郎!本当は饅頭が好きなんじゃねえか!くそ、こっちが一杯食っちまった。

おいお前!本当ななにが怖いんでえ?」

nextpage

「へへ、ここらで一杯、濃いお茶が――

shake

sound:18

ぐ、ぐえええええええ………」

nextpage

泡を吹き、喉をかきむしり、畳の上でびくりびくりと身体を震わせている辰。

「辰ちゃん?辰、どうしたい?

おい、この野郎、返事をしなくなっちまったぞ?饅頭でも喉に詰まらせたかな?おい、辰ちゃん!」

やがて、ぴくりとも動かなくなる。

nextpage

「死んでるよ……?この野郎、死んでやがる……」

残った饅頭を調べていた者から、声が上がる。

「見ねえ、これはお前……石見銀山だよ」

nextpage

「ねずみ捕りかい?それじゃあ何か、饅頭の中に毒を入れた奴がいるってのかい?

誰がそんなひでえことを。辰はおめえ、ちょいといけ好かねえこともあったが、同じ町内の仲間じゃねえか。それを誰がこんな……てめえかい?」

違う、お前こそ。

いや違う、お前だろう。

わいわい云い争う、そのうちに。

nextpage

「――だがよ。こんな野郎は、死んでよかったんじゃねえのかい?」

誰かがぽつりと云い出した。

nextpage

「てめえ、なにを云いやがる」

「でもよ、熊。お前は若けえ時分、惚れた女をこいつにかっさらわれたと、随分恨み言を吐いてたじゃねえか。

そうだ、小間物屋のみぃ坊だ。かわいい娘だったな。お前、ずいぶん入れあげてたじゃねえか」

nextpage

「それはお前……昔のことよ。

昔のことだが、ただな……。

この野郎、まだ初(うぶ)な娘をいいだけ弄んで、あっさり捨てやがった。

あいつは娘に惚れて近づいたんじゃねえんだ。俺が熱を上げてるのを見て、からかうためだけに、娘を誑かしやがった。

娘はその後、気を病んで、体崩して死んじまった。

当の辰の野郎はどこ風ってなもんだった。

それはお前――許されていいことじゃねえだろう」

nextpage

「甚兵衛さん、お前さんだって、辰のことは――」

「なにを云うんでえ、過ぎたことだ……」

「そうは云うがな、昔、お前さんの子供が、赤犬に噛まれたその怪我が元で死んじまったじゃねえか。

犬は打ち殺されたが、元はといえば、あれは辰が酔ってどこからか連れてきた奴だ。

ろくに世話もしねえで、放してあったもんだから、犬の方も飢えて噛みついたんじゃねえか」

「ああ、それでもこいつは詫びもしなかった。そんな奴は」

――許せねえ。

nextpage

許せねえ。

許せねえな。

ああ、許せねえ。

nextpage

「こいつは饅頭が好きだったな」

「ああ、好きだった。なにしろ盆の上に山と積んだ饅頭を一息に食って、『喉に詰まらせて死んじまう』くらいだものなあ――」

皆が床に転がった辰を見下ろす。

nextpage

「葬式饅頭を頼まなきゃなあ――」

「当のこいつは、もう食えねえがな」

違えねえ。

違えねえ。

Normal
閲覧数コメント怖い
7635
21
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

ぬぉぉ!面白かったです(*´ω`*)
落語調のお話しは大好物でして。
このお話しももちろん存じ上げております。
どの様なオチに持っていかれるのか…
楽しませていただきました。

返信