『お嬢ちゃん、遊ぼう。』

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

『お嬢ちゃん、遊ぼう。』

wallpaper:265

これは、«自殺の名所»という先日した話の中に登場したマンションに備え付けられていた公園での体験です。この体験内容が、皆様にどのような印象を与えるのか…。そんな事を考えながら、投稿させて頂こうかと思います。

nextpage

その公園は3階建ての公園で、1階部分はグラウンド風。2階部分はベンチが一つあるデートスポット風。3階部分は遊具などがある作りになっているちょっと贅沢な公園でした。

nextpage

その公園は、マンションの住人は勿論、外部からも遊びに来る子供たちが多く、結構人気の公園でした。当時、小学生だった私は友人たちと、だけでなく一人公園遊びもよくしていました。

nextpage

その公園の3階部分は、大きい道路と隣接していたのですが、その道路のわきには草木が生い茂る空き地があり、人なんて住めるような状態ではない古びた民家が一軒建っていました。

nextpage

ある日のこと、いつも遊んでいるその公園のブランコにお婆さんが一人座っていました。少し変だなと思い公園を引き返そうとしたのですが、お婆さんの声に足を止めることになるのでした。

『お嬢ちゃん。遊びに来たんだろ?遊んでおいき。ほら、ブランコに乗りなさい。楽しいよ。一緒に乗ろう。遊ぼう。一緒に、遊ぼう。』

そういってニコニコと笑みを浮かべるお婆さんに、先程の不信感は失せてしまい、その日はそのお婆さんと日が暮れるまで遊びました。

nextpage

「また明日も遊ぼうね!」

『遊ぼうねぇ。』

そう云って、あの空き家だと思っていた民家に帰っていくお婆さん。

≪あそこに住んでるんだ__≫

nextpage

それから、そのお婆さんとは何度か公園で会い、その度に遊んでいたのですが、2ヵ月ほど経った頃から全く会わなくなってしまったのです。

引っ越しちゃったのかな?

古い家だったし…

まさか死んじゃったのかな?

nextpage

なんて考えていたのですが、それからまた2ヵ月ほど経ったある日のこと。

その日は両親が仕事でおらず、私は家で一人留守番をしていました。

夜も8時を回った頃____。

インターホンが鳴ります。

『お嬢ちゃん。』

あのお婆さんの声です。

nextpage

その時私は、とても言い表せない怖さを感じました。

『お嬢ちゃん。一緒に遊ぼう。ずっと、遊んでなかったろう?だから、遊ぼう。ブランコが好きか?滑り台が好きか?砂場が好きか?ねえ、お嬢ちゃん。お嬢ちゃんお嬢ちゃんお嬢ちゃんお嬢ちゃんお嬢ちゃん。』

インターホンが何度も押されます。扉も叩かれます。

nextpage

私は自分の部屋に飛び込み、布団を被って息を殺していました。

≪どっかいけ。どっかいけ。どっかいけ。≫

そう心の中で念じていた矢先、急に静けさが当たりに広がりました。

≪………≫

そっと布団から顔を出します。聞こえるのは掛け時計の秒針の音のみ。

私は、安堵のため息を付きました。

nextpage

「良かった…。」

『お嬢ちゃん、遊ぼう。』

耳元で聞こえたその声に振り返ると、笑みを浮かべたお婆さんが視界に飛び込みました。

nextpage

両親に揺り起こされ、目を覚ますと私は自分の布団で眠っていたようでした。

≪…夢?≫

そう思って起き上がった時、私は、現実だったと思い知らされました。

nextpage

土です。

私の服に付着していた土。布団にもザラザラとたくさんの土が落ちていました。

nextpage

その後、お婆さんを見かけることは引っ越しするまでの6年間、一度もありませんでした。

あの民家も取り壊されずに残ったまま。

nextpage

あのお婆さんは誰なのでしょうか。

あの民家は何なのでしょうか。

人間なのか、幽霊なのか、それも分かりません。

nextpage

両親が帰宅した時、家の鍵は開きっぱなしだったそうです。

私の閉め忘れだったのでしょうか。

インターホン越しに聞こえたお婆さんの声。

インターホンの通話ボタンを押してもいないのに聞こえたあの声。

『お嬢ちゃん。遊ぼう。』

nextpage

本当に、私と遊びたかっただけなのでしょうか。

あのまま、遊びに行ってしまってたら、私はどうなっていたのか___。

Concrete
閲覧数コメント怖い
3,29616
40
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

>月舟様
コメントをありがとうございます。

うふふ( *´艸`)
大丈夫ですよ?
まさか今夜、月舟様のおうちに「ピンポーン。」なんてインターホンが鳴ったり、扉を執拗に叩かれる。なんて事が起こるわけないのですから…ねえ…?

返信
表示
ネタバレ注意
返信

>ゆかちん様
コメントをありがとうございます。

その一言がとても嬉しいです。
拙い文章力しか備えていない私ですが、そう感じて頂けて…
安心しました(ノД`)・゜・。

返信

>mami様
コメントをありがとうございます。

この土ですが、
両親にこっぴどく怒られたのは後日談です。(笑)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

雪さん、こんにちは!
こういうお話待ってました!
お婆さんの声掛けに反応したために、目をつけられた…ということでしょうか。。
インターホンのくだりでは読んでて寒気がしました!
しかし子供ながらに、いや、子供だからこそ危険を察知したのでしょうね。
何よりも無事で良かったですが、最後の【土】は怖かったですね!
お婆さんは浮遊霊の可能性もありますね。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信