中編2
  • 表示切替
  • 使い方

俺の顔

――こんな夢をみた。

nextpage

wallpaper:1439

一、

夏祭りで、かき氷を食べた妹が「ほらほら見て、ベロ真っ青ー」と云って見せてきた舌が、ナメック星人のような色していた時の、俺の顔。

sound:30

nextpage

wallpaper:1

二、

心霊スポットである廃ビルの5階、

懐中電灯が消えて不意の暗黒、

shake

バンバンバン!

激しく何かを叩く音の後、回復した懐中電灯の明かりで窓ガラスを見てみると、

wallpaper:968

無数の血濡れた手のひらの跡、

ぎょっとしていると、自分の手が血で真っ赤に染まっていることに気が付くも、

実は手の跡が窓の外側からつけられたもので、しかもその窓がハメ殺しになっていることがわかった時の、俺の顔。

sound:30

nextpage

wallpaper:91

三、

ある日曜日、散歩をしていると、ゴミ捨て場に白い猫がいて、

ニャーニャーと鳴いているのに気が付いて近づいてみると、

それはただの捨てられたぬいぐるみで、そのゴミ捨て場の背後の路地で、見知らぬオバさんが虚ろな目でニャーニャーと叫んでいるのを見たときの、俺の顔。

sound:30

nextpage

wallpaper:239

四、

交番の横の掲示板に貼られた2枚のポスター、

「殺人事件の容疑者、コイツを見かけたら110番!」と

「殺人事件の被害者、情報求む!」に載せられた顔写真が、

どちらもまったく同じ顔であったのを見たときの、俺の顔。

sound:30

nextpage

五、

しかもそれが、俺の顔だった時の、俺の顔。

sound:30

nextpage

wallpaper:90

六、

最近、家の食べ物の消費がはやいなー、食いすぎか?と思いながら台所を見ると、

小指ほどの大きさの女の子が、彼女の妹(?)とともに、残り物のブリの照り焼きをほおばっているのを目撃した時の、俺の顔。

sound:30

nextpage

七、

会社帰りにケーキ屋に寄って、買ってきたチョコレートケーキを一口だけ食べて、あとは台所のテーブルの上に置いて寝る時の、俺の顔。

sound:30

nextpage

wallpaper:51

八、

乗っていた電車の車内で知り合いを見かけたので、「おーい田中さん」と呼んだら、その車両にいた人全員が振り向いて、その後「なーんだ人違いか」って表情で顔を下げた時の、俺の顔。

sound:30

九、

wallpaper:955

膝にできた人面疽(じんめんそ)が、大好きな同じクラスの女子の顔をしていた時の、俺の顔。

sound:30

wallpaper:3706

十、

30年間、当たり前だと思っていた鏡の中の自分の顔が、実はCGだったと告げられた時の俺の顔。

Normal
コメント怖い
7
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

隊長!

残念ながら一行怪談は終了であります!!

なので遺憾ながら本作品はノッカン!
綿貫様オリジナルであります!  ∠(`・ω・´)キリッ!!

返信