中編3
  • 表示切替
  • 使い方

「分かってる。」

wallpaper:3706

これは私が小学校5年生の頃、家族で川へキャンプに訪れた時の話です。

私たち家族はとても仲が良く、毎年のようにキャンプへ行っていました。場所は毎回違っていたのですが、あの時に訪れたその場所で、あんなに恐ろしい体験をすることになるとは、その時は思ってもみませんでした。

nextpage

その川はn県の上流にある川で、そこそこ有名なキャンプスポットでした。

到着した時には、私たち以外にも二家族がテントを張っており、子供たちは川の浅瀬での遊びを楽しんでいました。

私の父は、晩御飯の準備を母と協力して行っており、私は川での遊泳を楽しんでいました。

nextpage

すると、川の浅瀬で遊んでいた2人の子供が私に声を掛けて来ました。

「こんにちは。」

「一緒に遊ぼうよ。」

コミュニケーション能力が長けているのか、人見知り皆無の私は二つ返事でOKをし、その子達と川で遊ぶことになりました。

nextpage

魚を捕ろうと目論んだり、石投げをしたり、岩からの飛び込みをしたりと、川遊びを堪能していた時、急に川の流れが早くなったことに気付きました。何年も川遊びをしていると、そういった小さな変化にも気付けるようになるのです。私は2人の子供に対して言いました。

nextpage

「川の流れが早いから、浅瀬で遊ぼう。」

しかし、その子達は言います。

「大丈夫だよ、これくらい。」

「僕ら、この辺りに住んでるから分かるんだよ。これくらい平気。」

その言葉に一片の不信感も抱かなかった私は、既にその子達の罠に嵌っていたのでしょう。

川の流れは緩やかに速度を増し、深さも増して来ます。

nextpage

急に恐怖心を覚えた私は、浅瀬に上がろうと歩みを進めますが、苔のぬかるみに足を取られ、なかなか岸へたどり着きません。そんな私の様子をクスクス笑いながら見ているその子達に半ば怒りを覚えた私は、文句を言ってやろうと振り向きました。

nextpage

その時です。急に川底の方へ足を引かれる感覚がありました。

『…………!!??』

そうなったら一瞬です。

水の中へ引き込まれた私が見たのは、あの2人の子供です。

ニヤニヤと笑いながら、私の足を掴んで離そうとしません。

『死ぬ…!!』

そう思った時、私の腕を引き上げる大きな力が働きました。

nextpage

急き込みながら見ると、其処に居たのは母でした。

「アンタ何してんの。危ないやろ。一人で。」

「…今、足引っ張られたんや…」

「分かってる。はよ上がっておいで。ご飯やで。」

nextpage

母は、一部始終を把握していたようです。

岸へ上がり、息を整えていると、ある違和感に気付きました。

無いのです。

私たちの他にも張ってあったテントが無くなっています。

「お母さん…」

「分かってる。ほら、はよカレー食べ。」

nextpage

川辺では色々な水難事故が多発します。

私が見たものも、この川辺で亡くなった人だったのでしょうか。

遊び相手が欲しくて、私を引き込もうとしたのでしょうか。

それにしても、母の「分かってる。」という言葉が何故か一番恐ろしいと感じたのは、母の霊感の強さを、実感した。ある意味で、悟った瞬間だったからだと思います。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,29613
29
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

ゆか

初【ゆか】呼びやで…
えへへ、照れちゃうやで…(危ない奴)

コメントありがとうございます!!
ゆかは優しいなあ♡
うふふ♡悪霊如きに簡単には殺されへんで!!(死にかけた奴)

つっきー

肝っ玉の据わった母ちゃんよ…
そんな我が家では今日はカレーうどんだったよ☆

修行者サブアカ様

本当にそれなんですよね。
母よ…
もっと早く助けてくれよ…と…

ちっちっち様

コメントありがとうございます!
毎回丁寧にコメントを頂けて嬉しいです♬

水場ってホントに怖いんです…
水遊び、私大好きなんですけどね…

マコ様

コメントありがとうございます!!

一緒に遊びたいなら純粋に遊んでくれよ…!
ってなりますけどね(笑)

こめちゃん

Myママンは強いの。
最早、悪霊とかより怖いの。…マジで。

キャンプ楽しいよ!!
うへへ、こめちゃんも行こうよ…

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意