ミステリー企画の落とし穴

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ミステリー企画の落とし穴

*これはろっこめさんの『コワバナ城からの脱出』を基にした話です

separator

これはとあるサイトのとある投稿から始まった

そのサイトとは、日夜怖い話やら都市伝説が投稿される怪談投稿サイトだ

そのサイトでミステリー企画の怪談が投稿された

その企画というのは実に簡単なもので、投稿されるミステリーの謎解きを読者が回答するというものだが、その回答から正解が出なければ次の話は投稿されない

投稿者が気さくで多くのユーザーから愛されていたこともあり、その企画は人気だった

だが途中で投稿は途絶えた

前の投稿の正解者が現れなかったため

ではない

突然、その投稿者がサイトから忽然と姿を消したのだ

ユーザーの皆の頭には強いシコリが残った

separator

その日からだった

日本中で突然昏睡状態に陥る者が数百人といたのだ

ある刑事がこの事件を必死で調べた

この刑事、娘も昏睡状態になっていたのだ

刑事は操作の果て被害者達の接点を見つけた

それは、とある怪談投稿サイトにアクセスしていたということだ

そして、被害者たちが最後に見た投稿というのが

ミステリー企画の投稿だ

一見してなんの変哲もないサイトだ

だが多くに被害者がこれを見た翌日に昏睡状態に陥っている

刑事はすぐに投稿者を探した

投稿者はすんなり見つかった

六戸 面斗(ろっこ めんと)

サラリーマン

○月×日交通事故により死亡

刑事はさっそくこの六戸の家に向かった

そしてそこには驚きの光景が広がっていた

薄暗い部屋の中には黒魔術の儀式らしきものがされた跡があったのだ

近くに落ちていた本に、「夢と現実の間に人の精神を閉じ込める方法」と書かれていた

そして最後の一行には、執行者の死を持って完成すると書かれている

六戸 面斗はこのために交通事故に見せかけて自殺し、多くのものを昏睡状態にした

本に解除方法は載っていなかった

だが刑事は諦めなかった

あの怪談を現実にしたならば、ミステリーを全て一問も間違えずに解けば皆を返せるはず、、、と

そして刑事は眠った

だが刑事は一つ愚かだった

問題がどのようなものか確認しなかったのだから

最後の一問は決して解けないことを知らなかったのだから

Concrete
コメント怖い
5
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

あかんがな( ^ω^ ;)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信