中編2
  • 表示切替
  • 使い方

危機一髪☆

ども!(^o^)/←こんなノリですみません…

m(__)m

かなり長文ですが…最後まで読んで頂けると嬉しいです。

俺は今まで沢山の不思議体験をして来ました。

その中でも、この話は俺の記憶にある最も古い体験談です…

当時4歳の俺は、祖父母の家で暮らして居ました。

そして、その日も祖父母の畑へ一緒に付いて行きました。

祖母に“遠くに行くな”と言われ、返事をする俺…

でも…気分は既にトレジャー・ハンター!!

ウキウキで探検開始♪

……これから起こる事も知らずに…

小さな探検家が辺りを捜索していた所

畑の隣にある雑木林の前に差し掛かった時!

 

『ガサガサ…ガサガサ…』

雑木林から物音がッッ!!

この雑木林には小さな“祠”があり、1人の時は恐くて絶対に近付かないのに…

 

何故かこの日は、いつの間にかその場所に立っていた。

 

ビビりながらも近付く俺。

恐けりゃ逃げればいいのに…

 

何故か足が前に進む!

 

すると…その雑木林から!!

 

 

 

……バッタが飛び出して来ました!!

でも!只のバッタではありません!!

真っ白で…しかも子供の俺よりデカイのです!!

バッタは俺の方をジィッと見ています。

蛇に睨まれた蛙どころか…

 

バッタに睨まれた俺ッ!?

 

恐怖のあまり固まってしまい、声を出して助けを呼ぼうにも…声が出ないッッ!!

すると…バッタが此方に近付いて来ました

少しずつ…ゆっくりと…

子供ながら、あぁ…もうダメだな…と思った時

後ろから誰かに引っ張られたのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……祖母でした……

祖母は、泣きながら俺を抱き締め必死に“何か”を叫んでいました。

当時4歳の俺には、何を言ってるか解るはずもなく…

助かった安堵感からか…

 

意識が遠退いて行ったのを覚えています。

それから10年ほど後…

ある日…ふとあの出来事を思い出して、祖母に

“あんな事あったヨねぇ〜、あれって何だったんだろぅ”

聞いてみました。

祖母から帰って来た答えに

………戦慄………

…内容はこうでした…

あの白いバッタは、神様の使いで

普段出逢う事は無いけど…

1人でいる時出逢ってしまうと、その人を向こうの世界に連れて行ってしまう…と。

俺『?どゆこと?』

Tちゃん(俺)……

 

  (間)

 

 

神隠しになる所だったんだよ!

……ΣΣ(゚д゚)))……

ええッッ!!

ま・まぢっすかぁ!!

実は……祖母はかなり霊感の強い人で

祖母も子供の頃に連れて行かれそうになったらしく

その時に助けてくれたのは、祖母の祖母で

やはり、霊感の強い人だったそうです。

そして、俺も…

かなり長文でしたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!!m(__)m

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
23600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ