短編2
  • 表示切替
  • 使い方

未来の身長

幼馴染みのKくんはとても勘が良く、まるで霊視を持っているかのように、過去・現在・未来の物事を当てることが出来ます。私の両親が気味悪く思うほど、Kくんの勘はよく当たりました。

私は今は身長160センチですが、小学校低学年の頃は110センチもなく、背が低いことが悩みでした。そんな私にKくんはこう言いました。「大丈夫。Nちゃん(私)は、将来はNちゃんのお母さんと同じくらい背が高くなるよ」と。

私にはKくんの他にもう一人、Tくんという幼馴染みがいました。Tくんは、いつも背の低い私に対して「チ~ビ、チビ」とからかっていました。わたしはKくんに、将来はお母さんほど背が高くなると言われたことが嬉しくて、そのことをTくんに話しました。

するとTくんは「俺はNよりも、もっと高くなるぞ。俺は何センチになるんだろう」と言いました。

KくんとTくんは知り合いではなかったけど、私はKくんにTくんの写真を見せて、「Tくんは将来は身長何センチになるかな?」と聞きました。すると、Kくんは「こいつは、130センチ位かなぁ」と言いました。Tくんは今でも120センチをとっくに越えているし、大人になっても130センチだなんてあるわけない。。と、そのことはすっかり忘れていました。

その後、Tくんは神戸に引っ越しました。数ヵ月も経たずして、阪神淡路大震災が起こりました。Tくんはこの地震で亡くなりました。Tくんのお母さんに聞くと、Tくんの身長は130センチだったそうです。死の意味なんて解らないけど、Tくんはもう大きくなれないんだと思うと涙が止まりませんでした。

あれから12年。私はTくんより30センチも背が高くなったよ。今はね、お母さんと同じ身長で160センチです。私より大きくなったTくんに会いたかったな。。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6811
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

しんみり…