短編2
  • 表示切替
  • 使い方

写生会

ある小学生の話。

彼女は5年生だ。

今日は写生会。

クラス全員で、学校から歩いて30分ほどの消防署に来ていた。

車庫にズラリと並ぶ、幾台ものポンプ車やハシゴ車。

彼女は、改めてみる威風堂々としたその姿に、一瞬で目を奪われた。

さっそく、パレットに何色もの絵の具をたらし、描き始める。

しばらくして絵は完成に近づくが、彼女はどうにも納得がいかない。

どんなに絵の具を調合しても、消防車独特の深みのある赤色が表現できないのだ。

彼女は小学生ながら、完璧主義者だった。

「どうしても、あの赤色を表現したい」

しばらく考え抜いた結果、妙案を思いついた。

ペンケースの中から、小さなカッターを取り出すと、パレットの上で、自分の指先をスパっと切りつけた。

そう、自らの血を絵の具に使おうと考えたのだ。

滴り落ちる鮮血をパレットで受け止め、絵筆にタップリと染み込ませ、試しに描いてみる。

するとどうだろう。

深みのある血の色は、まさしく消防車の赤色そのものだった。

彼女は嬉しくなり、なかなか完成しなかった作品を、一心不乱に仕上げていった。

周囲で見ていたクラスメイトたちは、その様子を気味悪がったが、彼女はイメージ通りの作品が描けたことに、とても満足していた。

その帰り道。

出血したことにより、意識が朦朧としていた彼女は、交通量の多い通りに差し掛かったとき、ほんの一瞬、目眩に襲われ、フラフラと車道の方へ…。

次の瞬間!

耳をつんざくブレーキ音とともに、ゴスンと鈍い音が!!

彼女はクラスメイトの目の前で、大型トラックに轢かれてしまったのだ。

タイヤや車体の底に巻き込まれ、すでに原型をとどめていない彼女。

現場は一瞬にして地獄絵図と化した。

彼女の遺体の傍らにヒラリと舞い落ちた先ほどの絵。

しかし、その様相はさっきまでとはまるで違っていた。

絵の具のかわりに使った血が時間とともに酸化し、ドス黒く変色していたのだ。

ドス黒く変色した消防車…。

それはまるで霊柩車のようだった。

Concrete
閲覧数コメント怖い
3881
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

新参者なので、とりあえず昔書いたものを、自己紹介がわりに投稿しております。