中編5
  • 表示切替
  • 使い方

ファン④

wallpaper:79

皆さまお馴染み、私のバンドメンバーが体験したお話です。

今日の主役になるのは、べース担当のリョウ。

nextpage

私たちのようなヴィジュアル系バンドには、なかなかに病んでいるファンが多い。ということは、今までのお話の中でも皆さまご存知かと思います。リョウが体験した話も、そんな粘着質なファンから届いた、一冊の日記帳から始まりました。

nextpage

とある日___

「なあ、雪。ちょっと今日時間ある?」

「時間?お前にくれてやる時間は無い。」

「ちゃうねん。今そんなん求めてないねん。あるんやろ?」

「この後は、家帰ってゴロゴロしてゴロゴロするから時間は無い。」

「頼むって。甘いもん買ったるけ。」

「お、急に暇になったわ。」

nextpage

そんな会話の後、私はリョウの住むマンションへ向かう事になりました。

彼は、こんな風でもお金持ちのお坊っちゃん。

3LDKのマンションは親に買って貰ったものらしく、そこで一人暮らしをしていました。

nextpage

「邪魔します。」

「お。をつけろ。お。を。」

「うるさいな、はよ甘いもん買えや。何で帰りにコンビニ寄らんねん。」

「待っとけって。」

そう言って彼が冷蔵庫から出したのは苺のショートケーキ。

nextpage

「ひゃああああああああふうううううう!!!!!」

歓喜に震えながら私はそのケーキを貪り食いました。

そんな事をしていると、リョウが一冊のノートを持って戻ってきました。

nextpage

「何それ。ノート?えらい可愛いピンクの。そういう趣味?キモ。死んで。」

「違うわ。アホか。お前アホやろ。」

nextpage

どうやらそのノートは日記帳のようでした。

リョウの今回の相談はこの日記帳にまつわる事のようです。

パラパラとノートを捲ると、女の子特有の可愛らしい文字で一日一ページ分の日記が書かれていました。

nextpage

______。。。

〇月〇日

今日は、(バンド名)のリョウに会いに行った。

相変わらず、可愛い。

本当にリョウに出会えて良かったなあ。

リョウ、大好き。

でも、この気持ちは届かないんだろうなあ。

(以下、略)

______。。。

nextpage

「あらあら。モテるのね。」

「そこちゃうねん。ちょっと読んでいってみ。」

「あ?アンタへの恋文日記読ますために連れて来たんけ?埋めるぞ。」

「ちゃうねんって。」

nextpage

溜め息混じりにパラパラと日記を読み進めます。

すると、ある日を境に、日記の内容に不気味さを感じるようになりました。

nextpage

______。。。

5/1

今日は、俺の家にマナミ(仮名)の日記が投函されていた。

これからは、この日記は俺とマナミの日記になる。

たくさん、思い出作ろうな。愛してるよ、マナミ。

______。。。

nextpage

「…は?」

どうやら、マナミという女は、リョウに成りきって日記を書くようになっていたのです。

nextpage

「この5/1に、日記がホンマに投函されてた。ってやつ?」

「お察しの通り。」

「…マジでか。」

「俺、この日記読まずに放置しとってんけどや。最近妙なことが起きたりするし、ちょっと気になってよ。読んでみることにしたんや。そしたら、これはバンドメンバーに相談せな。ってなって。」

「成程ね。」

nextpage

私は日記の続きを読み始めました。

nextpage

______。。。

5/10

今日はライブでマナミの姿を見つけた。

嬉しかった。

俺らはどんな場所に居ても、お互いを見つけられる。

マナミとの出会いは運命。

______。。。

nextpage

______。。。

5/13

今日はマナミからのラブレターがポストに入っていた。

直接渡せば良いのに。

恥ずかしがり屋で、可愛い奴。

「私の髪の毛…ちょっと恥ずかしいけど…」

なんて、お前の身体の一部なんだから、普通に嬉しいよ。

______。。。

nextpage

5/1に投函された日記には、未来の日記が記されていたのです。

5/10、確かにその日は私たちのライブの日でした。

5/13、リョウが言うには、その日ポストに手紙が入ってたそうです。(中は未確認)

近頃、リョウの周りで起きていた嫌がらせは、どうやらこの日記通りに起こっていたようです。

nextpage

______。。。

7/2

マナミが自殺未遂をした。

不安から、おかしくなったのか。

ごめんな、マナミ。

俺はお前だけを愛してる。だから、もう不安にさせたりしないよ。

______。。。

nextpage

7/2、それは今日の日付でした。

nextpage

______。。。

7/3

これからは、ずっとマナミのそばに居てやることにした。

マナミを守れるのは俺しかいない。

ずっと一緒だ、マナミ。

______。。。

nextpage

______。。。

7/15

俺の誕生日プレゼントにマナミが欲しい。

マナミは笑顔で了承してくれた。

______。。。

nextpage

「アンタ、来週誕生日やったでなあ。」

「うん。」

「ほな、多分来週がアンタの命日になるなあ。」

「うん。」

「それは嫌よなあ。」

「うん。」

nextpage

私たちは、その日記帳を持って警察へ行きました。

事情を全て説明しましたが、当然半信半疑です。

ただ、私たちの担当してくれた刑事さんは、とても頼りになり、その日から自宅付近のパトロール強化。7/15は軽い張り込みをしてくれる約束までしてくれました。

nextpage

リョウは、その刑事さんに「あたかも自然な振る舞いをするように。」と言われ、問題の7/15まで自宅で普通の生活を送ることになりました。

nextpage

ここからは、刑事さんが話してくれた内容になります。

7/15の夜、一人の女性が逮捕されました。

マンションの前でウロウロと不審な動きをしており、職務質問をすると、カバンの中から刃物が出て来たそうです。彼女は全ての容疑を認めたの事でした。

nextpage

リョウは事情聴取の為に警察所へ呼ばれ、そこで女の顔を確認したそうですが、全く知らない女だったと言っていました。

nextpage

リョウはその後すぐに引っ越しをしました。

次の住まいは完全オートロックの重警備なマンションです。

皆さまも、見知らぬ日記がポストに投函されていた際は、お気を付けください。

Concrete
コメント怖い
18
37
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ロビン様

なんと!?
ロビン様もされていたのですね!!
ああ、そのさぞ美しかろうお声を聴いてみたいです…
さあ、ロビン様!!朗読の時間です!!←

返信

ちいちゃん

こんな感じで色々あると、一周回って
「次はどんなサプライズ(嫌がらせ)があるのかな。」
とか考えるようになっちゃうんやで…

バンドは、6年くらいかな?
本格的に活動したんは4年くらいさ!!

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

ふたば様

大事に至らなくてホッとしました。
逆に言えば、大事に至った時は、ここに投稿は出来ませんけどね…(笑)

返信

むぅ様

リアル、ゆのちゃん…

返信

ゆか

日本の警察も捨てたもんや無かったで…
ストーカー系の事件って案外蔑ろにされがちやけど、親身に取り組んで貰って安心やったわ…

返信

はとちゃん

愛情の裏返しって無関心やち思ってたけど、こういう経験したら、愛情の裏返しって何なんやろう…って迷走するわ。

返信

こめちゃん

そんな、うちとこめちゃんも女子なんやで←
理性から解き放たれた人間って怖いでな。
他の動物と違って、知識と行動力があるだけに狂気…

返信

つっきー

更生して欲しいところではあるけど、本質的に備わってるものやったらなかなか難しいんやろうなあ…愛情の歪みで一過性のものやったら治りそうなもんやけども…

返信

まー様

コメントありがとうございます!
まー様の作品投稿は追っていたのですが、多忙より読むことが出来ておらずで…
ゆっくり閲覧させて頂こうと思っております!!
これからも宜しくお願いしますね( *´艸`)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信