【穢土切子の心霊カルテ】ふたつの顔 後編

長編8
  • 表示切替
  • 使い方

【穢土切子の心霊カルテ】ふたつの顔 後編

患者が診療所を再び訪れたのは、約束されていた日の午後のことだった。

彼は狼狽していた。

それはそうだろう。一週間前には鎖骨と左胸の間に位置していた人面疽は、今や彼の首筋に上ってきていた。

nextpage

shake

「――ああ、これはいけません。すぐに手術をいたします。千里君、急いで支度をして」

桐子はそう僕に命じ、自身は奥の間に引っ込んだ。

僕は、彼を施術の間へと案内し、上半身の衣服を脱がせると、手術台の上に身体を横たわらせ、その四肢を固定した。

nextpage

shake

「――ちょ、ちょっと。大丈夫なんですか?こんな、町医者の一室で手術なんて。

誰が執刀するんです?麻酔は?

だいたい、化物相手に手術なんて――」

患者がしきりに文句を口にする。

しかし、僕は言いつけ通り、彼の拘束を緩めたりしない。

nextpage

そうこうしているうちに、奥の間から桐子が姿を現す。

白衣に身を包んだ、この医院の主。

女医、江戸桐子。

彼女は患者に近づき、優しく語りかける。

nextpage

「お待たせいたしました。これからこの私が、手術を行います。

ご安心ください。私は専門家です。

現に、先日処方したお薬も、よく効いたでしょう?」

患者は目を剥いて反論する。

nextpage

shake

「何言ってんだ!見ろ、この人面疽!こないだよりも、上ってきているじゃあないか。

あのインチキな呪符のせいだろう。あれのどこが薬だと云うんだ!」

その言葉に、桐子は平然とした様子で応える。

nextpage

「私の言葉に何一つ誤ったところはございませんよ。

先日申し上げた通り、あれは生ける者にはなんの害もありませんが、この世に肉を持たぬモノにとっては毒となる薬。

おそらく、先日ここで飲んだ一口以外、貴方がご自分であの薬を飲まれることはなかったでしょうが――一口でも効果はてきめんだったようですね。

こちらの人面疽が、顔面に近づいて来たのがその証拠。

そうですね――?」

つい、と顔を寄せる。

nextpage

「亡くなった――星明人さん」

nextpage

その言葉に、患者の顔が引きつった。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

「初めから――あべこべだったのです」

桐子は云う。

nextpage

「この千里君に先日、森野陽子さんを訪ねてもらいました。

その際に、彼女の口から貴方の証言とは異なる事実を聞かされた、と報告を受けています。

すなわち――陽子さんは明人さんからの告白を受け入れていなかったこと。

そしてもうひとつ、室井康雄と名乗っていた貴方の『顔』についてです。

nextpage

貴方のその『顔』は、崖から落ちた星明人さんのものでした。

しかし貴方はこの医院に、室井康雄さんの健康保険証を持ち、自ら室井康雄を名乗った。

これは何故か――」

手術室に掛けた油絵――先日描いていた夕暮れの人物と影の絵――を見ながら、白衣の女は言葉を紡ぐ。

nextpage

「真相はこう云うことではないですか?

貴方、星明人さんは森野陽子さんに思いのたけをぶつけ、結果、断られた。

彼女の意中の相手は、貴方ではなく貴方の幼馴染にして親友である、室井康雄さん――この人面疽の人物――だったのです」

よくある三角関係だ。ここまでは。

nextpage

「思いの報われなかった貴方は、康雄さんをふたりだけの登山に誘った。

話がしたかっただけなのか、他に目的があったかは知りようもありませんが、その登山の途中、事故が起こった。

貴方――星明人さんは、崖から転落して亡くなった」

nextpage

足を滑らせたんです。

手を伸ばしたんですけど、間に合わなくて。

身体が、崖の下に堕ちていきました。

それが、いやにゆっくり思えたんです。

ずっと目があったままで。

え?なんで俺が?って。

堕ちていくのが信じられなくて。

声も上げられなかった。

そのまま、昏い崖の下に――。

nextpage

「貴方はそのまま亡くなった。

しかし、貴方の亡魂(ぼうこん)は、その際近くにいた幼馴染みの親友、そして恋敵である室井康雄さんの身体に憑依した。

私、申しましたでしょう――?

憑依や呪いの類いと云うモノは――」

nextpage

それを受ける側に、受け入れるだけの条件が整っていなければ成立しないのです――桐子は人面疽の頬を優しく撫でる。

nextpage

貴方の強い執念――いや、妄念でしょうか――と、康雄さんの中の、親友の思い人を奪ってしまったという引け目――罪悪感――が、憑依を許してしまった。

はじめは明人さん、貴方が康雄さんの身体に人面疽という形で現れたはずです。

康雄さんは事故後、一度憔悴した様子で曜子さんの前に姿を見せていますからね。

しかしその後、さらに特異なことが起きた。

主従が――逆転した」

nextpage

壁に掛けられた絵画。

桐子が夢に視た光景。

夕暮れの緋色の中、輪郭を失った人物。

存在感を際立たせる影。

桐子の夢はどこかに繋がっている。

この世界の、どこかにある真実に。

nextpage

「貴方の顔は康雄さんの胴体から首筋を上り――やがて顔面へとたどり着いた。

最終的に、康雄さんは顔面を奪われ、貴方の顔が主としてその場に収まった。

逆に康雄さんの顔は従――人面疽として、身体に追いやられてしまったのです」

nextpage

逆転した主従――あの絵の人物と影のように。

この身体は康雄のものだったのか。

nextpage

「こうして貴方は生者に成り代わることに成功した。

恋敵の康雄さんは消え、自身は再び曜子さんの恋を手に入れるチャンスを得た――。

しかし、貴方の本来の身体は深い崖の下です。

貴方の持ち物――保険証をはじめとする、身分証明書の類い――は、一緒に崖下に落下したのでしょう――」

nextpage

診察の際に提示された、康雄の保険証。

顔写真のないものだったので、入れ替わりに気が付かなかった。

大学で、あの写真を見るまで。

nextpage

『貴女の好きな男性はどちらですか?』

『もちろん、このタオルを頭に巻いた――室井康雄さんです』

nextpage

曜子は――僕らが明人だと思っていた――人面疽の顔の男性を指差して、それを康雄だと証言した。

それであっさり魔法が解けた。

あまりにも――陳腐な魔法が。

nextpage

「一時身体を支配できたとはいえ、貴方は本来この世に肉を持たぬ存在。

日に日に康雄さんの顔は、顔面へ戻ろうとしたのでしょう。

意識も――戻りかけてきた」

nextpage

――か、え、せ

あれは明人が僕らをミスリードすべく語った「恋人ををとるな」、という意味ではなかったのだ。

康雄の意識が、明人の憑依霊に対して「身体をかえせ」と訴えていたのだ。

nextpage

「そこで貴方は私のもとを訪れ、憑依の被害者を騙(かた)り、康雄さんの顔を私に排除させようと企んだ。

『明人と曜子が恋仲になった』という説明は、貴方の中の願望を反映したものか、つじつまが合わせやすかったのか――その、両方でしょうか。

nextpage

できれば直接的な排除を、と云う貴方の望みに対して、私は長期的な薬を処方しました。

ですが、私が処方した薬は、肉を持たぬ貴方には毒に働き、本来の生者である康雄さんには気付けになった。

主従は――戻ろうとしている」

nextpage

明人の顔が歪む。

顔面の輪郭から、目鼻が奇妙にずれ始める。

苦しげだ。

nextpage

「ですが、貴方の妄念はあまりに強力です。

まさか、あの札でもすんなり落ちないとは――もはや怨霊の域に足を踏み入れている。

それだけ強い呪符だったのです。

nextpage

事ここに至っては、もはや直接的な排除の手段を講じるしかない。

貴方のお望み通りに。もっとも、それを受けるのは康雄さんではなく明人さん、貴方の方ですが」

桐子の手に鋭利なメスが煌めく。

nextpage

shake

「――や、やめろ、俺はまだ――。やめてクレ、オレハアイツニ――」

「――これは、神鉄ヒヒイロカネから造られた特別な刃です。

明人さん、私は専門家です。表向きはしがない町医者ですが、この世ならぬモノに通じ、障りを除くことを裏の生業にしている。

nextpage

――少し、私のことを語りましょう。

この江戸医院の一族、穢土(えど)氏は代々異能者でした。

身寄りのなかった私は、縁あって先代に養子に迎えられた。

私もまた、生まれながらに業を背負った存在だったのです。

nextpage

私の隠し名は――穢土切子(えどきりこ)。

切った張ったは最後の手段。

ですが――」

nextpage

私にとっては本分なのです――切子の瞳がすっと細くなる。

獲物を見つめる、捕食者の眼光。

nextpage

手術台に身体を固定された明人はガタガタと震えている。

すでにその顔は顔面からずれ落ち、人面疽になっている。

涙を流している。

奥歯を鳴らしている。

嗚咽を漏らしている。

それでも切子は――。

nextpage

「さあ――貴方の未練、私が裁ち切って差し上げます。

この現世(うつしよ)から、永遠に――」

nextpage

この世ならぬモノの断末魔の絶叫が、部屋中に響き渡った。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

「――桐子さん、珈琲を淹れましたよ」

薄暗い、午後の診療室。

白衣の主はキャンバスに向かっていた。

nextpage

「――ああ、ありがとう千里君。

ちょうど切りが良い。いただくよ」

そう云って僕の手からカップを受けとる。

白く、細い指。

筆を取り、刃を取る、その手。

nextpage

「そういえば――この間の人面疽の件ですが、桐子さんは初め、明人の霊の憑依には気付いていなかったんですか?

怨霊に成りかかっていたって云っていましたよね。それだけ強い霊なら、すぐにわかったんじゃないですか?」

疑問に思っていたことを口にする。

nextpage

「うん。切ってみてわかったんだが、明人と康雄の魂はかなり根深く融合していたよ。

切り分けるのに、予想以上に骨が折れた。

明人の妄念と、康雄の罪悪感――それ以上に彼らの幼馴染みとしての絆が、深かったんだろうね。

だから、初見ではどちらが主従か、見誤ってしまった」

私もまだまだ、先代には遠く及ばないな――そう云って桐子は苦笑した。

nextpage

あの後、明人の霊を切り離された康雄の顔面は元に戻り、無事退院していった。

ふたりが登った山の、深く昏い崖下からは、明人の遺体が見つかった。

墜ちた際に、岩にでも激突したのであろう。

顔面は、本人とすぐには見分けがつかないほど、粉砕されていたという。

nextpage

僕は胸の中でそっと、彼の冥福を祈った。

桐子と違い、何もできない自分だから、せめて祈るくらいはしたいと思う。

nextpage

「ところで、また新しい絵を描いていたんですね。

もしかして――夢の絵ですか?」

桐子の背後のキャンバスを指して問う。

nextpage

「ああ、昨夜また、夢を視てね」

白衣の女医は笑う。

僕はため息をつく。

ちょうどその時――。

nextpage

カラン――。

医院の入り口のドアベルが鳴る音がした。

nextpage

「ほら、また新たな患者が来たようだよ?」

切子は目を細めてそう云った。

【了】

Normal
閲覧数コメント怖い
7914
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意