短編2
  • 表示切替
  • 使い方

あの家ゎ…

初めまして、じょ―んデス★

最近ウチのお母さんから聞いた話しなんですが、怖いのか微妙ですけど…話させて頂きます!

私ゎ小さな島出身なんですけど小学校5年ぐらいだッたかなー、あやふやですけどソノ時ぐらいに団地から一軒家へとお父さんのいい加減な考えで家族で引越したんです。

その一軒家は、二階建てで庭つきの大きなものでした。

しかし…私ゎこの家にいるのがとても嫌な気分でした。造りが微妙というか…玄関を開けるとすぐ目の前に二階へと続く階段があり二階ゎ前の住人が物やら置いてあり部屋もあるんですが、置いてそのままといった感じで不気味でした。

そして、住んで何日かたった日に妹がいきなり不登校になりました。学校へ行かず家にいるだけで妹の友達も心配して私に誰かにイジメられてる?と心配して毎日、私に妹の事を聞いてました。母ゎ何かがある…と考えたらしく、ユタに聞きに行く程でした。[あの家ゎ貴方の二番めの子供には合わない][どこかで魂を落としてある]そんな事を言われらしいですが…私ゎ信じていませんでした。

そして、アパートを見つけてそこを引越したんですが新しいアパートの初日の夜に父が変な夢を見たそーなんです。

皆で寝てた夢で、玄関を[ゴン!ゴン!ゴン!]と何回も誰かが五月蝿く叩いてるみたいで、ほっといても叩き続ける音に父が玄関を少しだけ開けたそーなんです。すると、そこにいたのは髪が長い女の人がいて父ゎコノ人は…人間じゃない…と認識し、[あんたが来る場所じゃない!帰れ!]と怒鳴り散らしたらしいです。夢はココで終わりで最近この話しを母にした父は[俺が追い出した(笑)]と威張ってるらしいです。あの家に関係あったんでしょうかね。

怖い話投稿:ホラーテラー じょーんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ