短編1
  • 表示切替
  • 使い方

バス内の親子

ある日、

里帰りに田舎へ行くバスに乗り、

席の一番後ろに乗って居ると、

幼い少女と母親の二人連れが隣りに座る。

「こんにちわ!お姉ちゃん!」

小さい子供は屈託のない笑顔で挨拶をし、

私もお辞儀で返した。

母親は苦笑いを浮かべ私の手を引いて居た。

少女はどうやら私に色々と話したい事があるらしく、

沢山話しかけて来る

「明日ね、パパの所に行くんだ!」

「パパのこと最近見てなかったから楽しみなの!」

そっか、と

相槌をうって居ると母親も

「この子が小さい内に離れてしまって…

悩んだんですが会いに行く事にしました」

そう言い、

そのまま降りる駅に着いたらしく

娘の手を引きバスを降りてしまった。

去り際に少女は何か言って居たが、

うまく聞き取れなかった。

数日後、実家のテレビにあるニュースが流れた、

『四十歳男性が〇〇湖で水死体となり発見されました、

なおこの男性は…』

そのニュースを見て私の母親が思い出したように呟く、

「そう言えばこの湖、

何年か前に一家心中あったの覚えてる?」

「え?」

「こっちの方じゃ騒がれたのよ?

奥さんと娘さんが死んで旦那さんだけ生き残ったみたいで…」

物騒ねぇ、

と呟く母を余所に私の頭の中に数日前のやり取りが甦る。

あぁ、そう言えばあの子は

こう呟いて居たんじゃないか…

『パパを連れて行くの』

怖い話投稿:ホラーテラー とちおとめさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ