中編3
  • 表示切替
  • 使い方

一番になりたい

「今週の怖話ランキング1位は…名無しさん「100年の孤独」です!おめでとうございます!」

パチパチパチパチ

nextpage

何事においても、1位というのは誇らしいものです。

仕事、スポーツ、好感度、そして勉強。

1位を目指すのは結構ですが…

くれぐれも、間違った方法はしないように。

nextpage

wallpaper:1010

「今年のKWB45総選挙第一位は…永井 美音さんです!3年連続の受賞です!おめでとうございます!」

パチパチパチパチ

「皆様、本当にありがとうございます!これからも頑張ります!」

nextpage

「努力は必ず報われる」

誰かが昔言った言葉。

でも私は信じられない。

世の中は不公平だ。

一位を取れる子はただ一人。

nextpage

あの娘がいる限り、私は一位にはなれない。

結局二位なんて、一位の引き立て役でしかない。

可愛くて、スタイルも良い、性格もいい。

歌もダンスもうまい。演技もうまい。

私は何ひとつ、あの娘に勝るところはないんだ。

何であんな娘がアイドルなんかやってるんだろう。

nextpage

「奈和ちゃん、どうしたの?顔色悪いよ。」

「え?ああ、ごめん、何でもない。ありがとう。」

本当優しいよね、あなた。

でもあなたの優しさが、憎くて仕方ないんだよね。

nextpage

数日後。

「はい、そこまで!」

レッスンの先生が声を掛けた。

「奈和ちゃんと美音ちゃん、また居残り?頑張りやさんね。でも無理はしないでね。」

「いえいえ、お構いなく。」

先生が出て行き、二人だけのレッスン場。

nextpage

「疲れたー。ちょっと風当たってくる。」

美音が出て行った。

何かが私に囁いた。

「やるなら、今しかないよ」

nextpage

レッスン場は少し高いビルの中にある。

美音が行くところはおそらくあそこ…

屋上だ。

私は美音に話しかけた。

「美音?」

「ん?」

「美音はさあ、いつまでもセンターでいたいと思う?」

nextpage

「そうだなあ…別にこだわってないよ。もう充分やりたい事できたし。」

「そう…」

「何で?」

nextpage

「じゃあもう、あんたなんて要らない」

私は美音の背中を強く押した。

「えっ!?いやあああ!!!」

だが美音は、咄嗟の判断で柵にしがみついた。

「何で?何でこんなことするの?私、奈和に何かした?」

nextpage

「ううん、何もしてないよ。」

「ふざけんな!じゃあ、何で!!!」

「邪魔だから。」

「何が?」

「あなたの存在そのものが。」

しがみ付いた美音の手を、私は蹴飛ばした。

nextpage

「昨日未明、アイドルグループKWB45の人気メンバー・永井美音さんが高所から転落し、死亡しているのが発見されました。警察は自殺の線が高いと見て捜査を進めています。」

誰も私を疑わなかった。

私があの娘より唯一勝っているのは、事務所の大きさ。

事務所に泣きついて、私は被疑者から外された。

nextpage

あの娘がいなくなって、私は念願のセンターになることが出来た。

罪悪感はなかった。

だってあの娘は私にとって、邪魔でしかなかったから。

nextpage

これでよかったんだ。

そう思い、時は流れた。

最初のうちは騒いでいたファンの人の声も、やがては沈静化した。

夜、誰もいないスタジオで私は一人練習をしている。

nextpage

wallpaper:201

「っ・・・!!!!」

急にお腹が痛くなって、私はトイレに駆け込んだ。

「いたた・・・どうしたんだろう。何か悪いもの食べたのかな・・・」

しばらくすると痛みは治まり、出ようとした時・・・

nextpage

コツ・・・コツ・・・

コツ・・・コツ・・・

こんな夜遅くに私以外にレッスン場に来る子なんていない。

誰?

忘れ物でも取りに来たのかな?

nextpage

「奈和ちゃん、どこ?」

「ひっ!!!」

くぐもっているけど、間違いない。

あの娘の声だ。

もう部屋からは出られない。

nextpage

ガチャッ

ついにトイレに入って来てしまった。

もうやりすごすしかない。

コンコン。まず一番前の扉がノックされる。

「誰も居ないや」

nextpage

違う違うチガウ・・・

私は悪くない。

一番になりたかっただけだんだ。

「奈和ちゃ~ん、出てきてよ。

居るんでしょ?

また一緒に踊ろうよ。」

nextpage

コンコン。

2番目、3番目の扉が開けられる。

次は私の部屋だ。

もう終わりだ。

nextpage

私は耳をふさぎ、眼を閉じた。

沈黙がしばらく続いた。

諦めたんだ。

それとも、許してくれたのかな。

私は立ち上がった。

nextpage

wallpaper:3600

「見ぃつけた」

Normal
コメント怖い
2
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

コメントありがとうございます。
そういう風に思っていただけると光栄です苦笑

返信

誰しもが持ってる感情だからなんかリアルですね・・・・

返信