神社はだめだ【どこかで起きていたらしい話】

長編7
  • 表示切替
  • 使い方

神社はだめだ【どこかで起きていたらしい話】

拝啓 怪談が風物詩の季節となりました。あなたの活躍が期待される時期ですね。今月に入ってから朗読に選んだ話がどれも当たりばかりでとても嬉しいです。来週の朗読ラヂヲも楽しみに待っています。

 小銭を拾い続けてからご友人の体調がすぐれないのですか。ちゃんとお払いに行きましたか?道に自分が大事だと思う物を落とすことで自身に憑いているものを落とす方法がありますからね、ご友人は余計なものまで拾ったのかもしれません。落とし物を所有していいのは憑かれる覚悟があるヤツだけです。

 いまだご友人が心身ともに不調であれば祓う力のある者のところへ連れて行きなさい。

 近くに寺がないから神社で祈るだけで済まそうとしているのなら、あなたを軽蔑します。最低です。日ごろから神様を信じていないくせにお百度参りを実践するなんて、なんだか違和感を感じます。間に合わなかったらどうするのですか。

 個人的意見ですが、神社は危険なので近づかないことをおすすめします。本当にあの場所は危険ですから。

 この手紙を投函する前日の出来事です。

 日差しが強く、セミの騒がしい鳴き声に覆われた町中を歩いていました。蝋燭の販売店、トムラ堂に篭っていたので外の空気が吸いたくなったのです。

 あの時を思い出す度に、散歩をするべきではなかったと後悔の念が積み重なっていきます。いえ、散歩自体が悪いというのではありません。神社付近を彷徨っていたことがだめだったのです。

 鳥居の前を通過しようとした時、鳥居から男が飛び出してきました。私と目が合った男はこの時やっと私に気づいたようで、怯えていた瞳が一瞬和らぎました。同様に私も、飛び出してきた男は恐ろしいモノから逃げてきたのだと察しました。

 これは彼の表情から推測したことなのですが、おそらく彼は「ぶつかる」と本能的に分かっていてもそのあとの対処法のことまで頭が回っていないようでした。ここは私がなんとかしなければ、と私は咄嗟に下がり、衝突を回避しました。派手に尻もちをついてしまいましたが無様な姿を女の子に見られていなかったので、不幸中の幸いということにしておきましょう。

「大変なんだ!助けてくれ!」

 向こうからぶつかってきたのだから謝罪くらいするかと思いきや、無様に尻もちをついた私に彼は救助を要請したのです。

「妻が、神社で神隠しにあって・・・・」

 

 男の話はこのような内容でした。

 妊娠中の妻と安産祈願のために神社へ行ったものの、男が礼をして顔を上げると隣にいた妻が消えていたそうです。ほんの一瞬のことです。彼は神社の敷地内を探しました。本社の裏や小藪から妻の手足や首が発見されたそうですが・・・・。

「いくら探しても肝心の胴体が見つからないんだ」

「神様が胴体だけ攫ったんでしょうかね」

「なぜ妻が攫われるんだ!胴体がほしければ他の奴でも・・・・!」

 男が怒鳴りましたが私は答えられません。人間なので。

 散歩の最中で面倒くさいやつにつかまってしまった。意気阻喪な私の気持ちを読み取ったのか、男は子供相手に大人気ない態度をとってしまったと詫びました。それから自分はまた妻を探すと言い出しました。完全に冷静さを欠けています。

 専門家に任せた方がいいとおせっかいで止めようとする私を遮るように、男は通報と、リュックを預かるよう頼みました。当然断りました。それなのに彼は背負っていたリュックを慎重に置くと、鳥居の向こうへ吸い込まれていきました。私怒っていいですよね。

 なんてバカな人なのでしょう。五体満足で神社から出られたことが奇跡かもしれないのに。

 ミイラ取りを追ってミイラになる・・・・なんて諺はありませんね。ともかく私は唯一頼れる人のいるトムラ堂へ急ぎました。リュックをどうしようか迷いましたが、詰め込み過ぎて膨らんだ外見とは裏腹にリュックの重量しか感じませんでした。この重さなら預かってやってもいいと安易に判断してしまいました。

 後に悔やむことなど知らずに。

 私は普段より若干歩く速度をあげて歩きます。この暑さで急に走ったら目が回ってしまいます。

 すぐに説明ができるように頭の中で端的な文を組み合わせていきます。おおよそ文章がまとまりやっと歩行だけに集中できると安心した矢先、息が弾んでいることに気が付きました。そしてダルさも感じました。

 奇妙な話を聞いて緊張しているのか?

 ・・・いいえ。原因は肩にかかる重圧です。辞典を可能な限り詰め込んでいるのかと疑うくらいリュックが重くなっていました。本当です。本当に、重くなっていくのです。少しずつ重みが増していくにつれ歩みは減速し、最終的に立っているだけで精一杯でした。

 私の体力ではいくらあがいても目的地に着く前に力尽きてしまいます。リュックも大切ですが、通報を任された以上なんとしてでも達成しなければなりません。骨が砕けてしまわないうちに背負い紐を外しました。  

 べちゃり

 水風船を叩きつけたような音が、セミに鳴き声より大きく聞こえたのは気のせいでしょうか。てかなんですか「べちゃり」て。

 嫌な音をたてたリュックを見ていた時、ようやく思い出しました。

 そういえば男は慌てていたのに、そっと音を立てないようにリュックを置いていました。もしや雑に扱ってはいけなかったのでしょうか。リュックから漏れるピンク混じりの液体がアスファルトに広がっていくのを見ながら、こみ上げてくる罪悪感に押しつぶされそうになりました。

 任務を遂行するためにリュックを外したのだ。中身を確認する暇があったら目的地へ向かうべし。必死に自分を激励し、通行人に見られる前に全速力で走りました。

 角を曲がると、店長の小金さんが買い物袋を抱えてトムラ堂に入ろうとしていました。私は枯れた声で呼び止めました。かすれた声だったのに小金さんが気づいてくれました。

 顔を上げた小金さんは、私を見るなり「んまあ!」怯えにも近い驚きの表情を浮かべました。落とした買い物袋に目もくれず私に駆け寄ると、強く私の肩を叩きました。

 こちらの事情など知らない筈なのに小金さんから「何を背負っていたの!」と訊かれました。正直に「リュック」と答えると「だからその中は?」とさらに問い詰めてきます。

 残念ながら中身を確認していないので答えられませんでした。代わりにリュックを背負う羽目になった経緯とリュックを落とした後のことを伝えました。分かり易く教えたつもりでしたが小金さんは腑に落ちないようで「うーん?」と首をひねっています。

「確認を取らせてね。妊娠中の妻だけがいなくなったの?」

「そう、妻だけ。男の方は無事だった」

「赤ちゃんは?」

「おなかの中にいるのだから妻と一緒に消えたのでは?」

 おかしな質問をする小金さんに当然のことを言ったのに「あ、そうなのね」と意外そうな反応をされました。

「でも男は『妻の胴体だけが見つからない』と言っていなかったかしら」

「妻の体のうち、胎児の入った胴体だけが見つからないんだろう?」

 どうやら小金さんは神隠しに遭ったのは妻だけでお腹の赤ちゃんは残されたと想像していたそうです。つまり、妻が立っていた場所に胎児だけが転がっていたと思っていたそうです。そんなばかな。

 男が胴体を探している理由が、妻は無残な姿に変わり果ててしまったがせめてお腹の子供だけでも救い出してあげたいという執念からだと私は思ったのですが。

「妊娠何ヶ月かは判らないけれど」

 しかし小金さんは胴体の重要性を私とは別の視線で考えていました。

「赤ちゃんはお母さんのお腹の中で成長するものでしょ?」

「知っているよ。だから胎児はお腹の中に・・・・」

 途中で、私はどもってしまいました。

 男が胴体を探している理由に赤ん坊が関係していることは小金さんも異論はないようです。ただ、赤ん坊が何処にいるかで意見が分かれています。

 もし小金さんの言う通り胎児が外に出たとしましょう。

 一度子宮から出た以上、男が胴体を探している理由が見当たりません。これが私の意見。

 しかし小金さんは違う。出産の期に満ちていないのに胎児が外に出ていれば、どうする?

「まさか小金さん。子宮に入れ直すつもり?」

「私じゃなくて夫がそうするのでしょう?」

 話が噛みあっていませんが、指摘する気になれません。

 常識外れな発想です。しかし私の考えが正解で、小金さんの考えが間違っている根拠を私は持っていません。正解を知っているのは本人だけ。

「動機がどうあれ夫の行動は無謀ね。私は神社に行って説得を試みるからあなたはコケシを用意して店で待機しているのよ。あと塩。忘れちゃだめよ」

 「店に入る前にちゃんとかけなさい」と別れ際に小さな巾着袋を渡されました。中は塩。私は何を預かっていたのでしょう。

 あれから神社には近づいていません。

 そういえば神社を舞台にした怪談は意外とありますよね。

 あそこは神聖と畏怖が隣り合わせの場所です。持続して神を信じていないのであれば行かない方がいいですよ。

 たまたま居合わせただけでツかれるなんてたまったものじゃありませんよ。

 男が胴体を探す理由は別にどうでもいいのですが、私の背後に何がいたのか聞いても小金さんは教えてくれません。

 あのリュックの中が気になって、今では確認しておけばよかったと後悔しています。ちょっとあなた、どうせ一日を無駄に過ごしているのだから考えてくださいよ。

                                 敬具

 ∞月§日

                              ファン一号

いい加減な人

Concrete
閲覧数コメント怖い
7214
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信

コメント、怖ポチありがとうございます。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

手紙仕立てで話を進めるのが今までの怖バナにないもので面白く読ませていただきました!

返信