長編8
  • 表示切替
  • 使い方

渡れなかった三途の川

wallpaper:3927

初めて投稿させていただきます。

怖いと言うより不思議な話になるのかもしれません。

これは、2017年6月に体験したお話です。

nextpage

wallpaper:3734

2017年5月30日。

主人が細菌性髄膜炎で埼玉県K市

F川沿いにある病院に入院することになりました。

結婚10年目。

主人の入院というのは初めてでしたが

長男は高校1年生

(結婚期間とズレがありますが、それはまたの機会にお話できたらと思います) 

二男は小学3年生と、すでにあまり手もかかりませんし

私の両親と同居ということもあり

日常の生活に不安はあまりありませんでした。

nextpage

wallpaper:3733

ただ、細菌性髄膜炎という病気は

後遺症が残る確率も少なくなく 

時に亡くなることもあるということは、

担当の先生から説明があり、

大変なことになったな・・とぼんやりする頭で

これからのことを考えていました。

夫婦関係はとうに破綻しておりますが

子供たちにとって大切な父親であることにかわりはないのです。

nextpage

入院して数日。熱も酷い頭痛も引かず

ベッドの上で点滴に繋がれただジリジリとする日々。

ストレスも相当なものでしょう

もともと自分本意な主人ですが

増してワガママは酷くなり 調子のよくなる夕方は

色々と悪態をつく始末。

はぁ・・

ため息混じりにふと、4Fの病室から見るF川の流れは

雨上がりのせいか、濁り 

いつもの豊かさとはまた違う顔に見えました

nextpage

wallpaper:3740

仕事の関係で毎日午前3時に就寝

午前5時30分に起床し

子供たちを送り出す生活をしている私にとって

日中の仮眠の時間を

主人の面会、看病にあてていることは

体力的に大変なものでした。

nextpage

寝不足と疲労で気がたっていたのもあり、

私は6月8日の面会時

義母のことで主人と軽く言い合いになり

明日は面会に来ない、と言い捨て

帰宅してしまったのです。

言い合いというのは、義母が面会時看護師に

息子は何故なかなか良くならないのか 治療方針はどうなのかと

看護師に詰め寄ったことが原因でした。

nextpage

夫婦不仲といえど、主人に最善の治療と

最善の看護をして欲しいのは言うまでもありません。

治療方針についても

あちらはプロですから、

こちらの解らない感情や焦れなども、きっとあるのだろうと思います

nextpage

ですから、看護師さんや担当の先生とも

良い関係でいたく

聞きたいことも、なるべく刺々しくならなうようにと

気をつかっていたので

義母のしたことが許せなかったのです。

今思えば、体調の悪い時に

小言を言うべきではなかったと思います

nextpage

wallpaper:154

shake

6月9日、日付が変わってすぐの

午前零時過ぎ。

まだ仕事でしたが 突然

『048-○○○-○○○』

固定電話から、携帯に電話がありました。

あぁ、この時間に固定電話からだと

病院からだ。

主人によっぽどのなにかあったのだろう。

nextpage

『ご主人、意識レベルが低下しまして

徘徊したり 点滴を抜いてしまったりで

こちらで対処が難しくなってしまいまして。

奥さんの顔をみたら安心すると思いますので

来ていただけませんか?』

nextpage

wallpaper:1607

命に別状はないとのことですが

職場に断りをいれ

徒歩で病院に向かいました。

偶然、職場から病院までは徒歩5分と近く

病室から見えるF川を渡ればすぐです。

nextpage

実はもともと主人は、喧嘩をしたりすると

物にあたったり暴言を吐いたり

私に構われなくなると熱をだしたり 体調を悪くしたりと

癇癪熱(と、勝手に名前をつけております)を出す質で

今回もそんなことの延長だろう、と

面倒に思い、気だるく歩いておりました。

wallpaper:163

深夜、病院にむかうまでの道は

人通りはなく 車の通りもまばらです。

普段から職場には徒歩で通勤しているので

暗闇も静けさも慣れたものでした。

nextpage

F川を越えれば病院、すぐ国道にあたりますし、

その通りはコンビニや飲食店などが

24時間一帯を照らし続けています。

F川は、水を満々と湛え

街灯に照らされた水面は 黒や青や赤い光を反射していました。

いつもと同じように

橋を渡りながら、その様子を眺めます

そしてふと、川の反対側を見ると・・

nextpage

wallpaper:531

shake

麦わら帽子に 白いシャツを来た

初老の男性が立っています。

明らかに、生きている人間のそれではありません。

でも・・・

まったく恐怖心はありません。

nextpage

『あぁ・・また緊急事態なんですね・・』

nextpage

wallpaper:1973

・・・

実は、この男性

主人の亡くなったお祖父様なのです。

事あるごとに私の前や、夢に登場し

身内の病気を知らせてくれたり

遺産のありかを教えてくれたりするのです。

名前は

『米蔵(ヨネゾウ)』

もう40年以上前に、亡くなっています。

nextpage

主人の入院後

初めて少し焦りを覚えました。

先ほどの通り、

この通称ヨネじいさんが登場したときは

何か知らせたいことがある時なのです。

何故、血縁でない立場の私に、かは

未だにわかりませんが

もしかしたら、主人は

危ない縁に立たされているのかもしれません。

気づくとヨネじいさんは消えていましたが

私は先ほどは違い、早足で病院へと向かいました

nextpage

wallpaper:3740

ピンポーン・・

『はい、どうされましたか?』

『C棟403に入院中の鈴木です。主人の体調が良くないということでお電話いただいたのですが』

『鈴木様ですね、今解錠致します。』

緊急外来用のドアがあき、

中に入ると

清潔な院内とはいえ 薄暗く

やはり気持ちの良いものではありません。

nextpage

『ご主人ですね、夜21時すぎに徘徊しはじめ

点滴も何度も抜いてしまって・・

男性スタッフも説得にあたったのですが、応じてもらえず 今点滴をやめてしまうと危険な状況なので

奥さまから説得していただけませんか?

普段の様子とも全く違いますし、ちょっとお顔をみせてあげて欲しいんです』

nextpage

その日、C棟のナースステーションには

女性看護師2名、男性看護師2名。

疲れた表情の男性看護師は私の顔をみて苦笑い・・

女性看護師は、やんわりと話してくれましたが

よほど迷惑をかけたのでしょう。

nextpage

身長180センチある主人が

なりふりかまわず暴れてたとしたら、男性二人でも

相当手を焼くことでしょう。

まして朦朧とし 

こちらの言うことは全く伝わらないのですから

もう、申し訳ないやら恥ずかしいやらで

申し訳ありません、ご迷惑おかけしました!

と頭をさげ

目が離せない状況のため

ナースステーション目の前の病室に移動されてしまった

主人のもとに向かいました

nextpage

wallpaper:3629

パーテションになっているカーテンを開けると

見開き血走った目を

ギョロギョロとさせた主人がベッドに座っていました。

『今、何時かわかる?』

時計をみせると

『・・ちょっとわかんないな。何か読めない。』

やはり、少し変になっているようだ・・

ろくに食事もとらず 熱や頭痛が続いたせいもあるだろう。

nextpage

少し宥め、話をしていると

顔つきも穏やかになり

点滴をする、と言いはじめたので

点滴をしてもらうことになり、ひと安心。

処置に来てくれた男性看護師は

呆れ顔な気がして・・

私もどっと疲れが出てしまっていました。

ベッドのそばで

付き添い許可証にサインをしたところで

プッツリと意識を失ってしまったようです

nextpage

どれくらい経ったでしょうか

気づけば、面会の椅子に座り

バッグを枕にしてベッドに突っ伏していました。

(何時だろう・・)

時計を見ようとしたら

身体にまったく力が入りません。

nextpage

(あれ・・これが俗に言う金縛り?

疲れていたせいかな・・)

今まで、色々な心霊体験はありましたが

金縛りを経験したことはなかったのです。

でも不思議と嫌な感じはありません。

そのままふわふわと、

心地よい眠りに入ってしまったようでした。

nextpage

wallpaper:3250

気づくと、丸い石がたくさん転がる河原にいました

nextpage

(あぁ・・債の河原ね。三途の川?)

何故、そう思ったかはわかりませんが、

債の河原、三途の川、という言葉が即座に浮かびました

私のいる岸は、丸い石が転がり

荒れた大地が広がっています。

今にも嵐が来そうな、

灰色とも

緑ともいえない 空でした

少し後ろにある

寒々しい丘のような場所に

二男が立ってこちらを見ていました。

(この子にも私と同じように、色々感じたりみえたりするようです。)

nextpage

向こう岸はというと

草原がサラサラと風に揺れ

さらに奥には満面の菜の花畑。

それはどこまでもどこまでも続き

空は初夏の夕立後の空のようにまばゆく

とても魅力的で、どうしてもそちらに行ってみたくなりました。

澄んだ川の流れは緩い。踝くらいまでか。

難なく渡れるはず。

nextpage

足を一歩だそうとした時

丘の上から二男が

『ママー!!もう、お腹すいた、早く帰ろう!』

と呼ぶのです。

あぁ、そうだ、息子たちが待ってる。

ご飯作りに帰らなくっちゃ・・

nextpage

wallpaper:919

もう一度川を振り返ると

川の流れは急に膝下まで嵩を増し

ドブドブと汚い流れに変わっていたのです。

そして川の中腹で

なんと主人がバシャバシャと水遊びをしているのです。

こんなにきたない川で・・!!!

nextpage

(あぁもう!!こんなに石がごろごろしていて

汚い川。サンダルが台無しじゃない!)

その日は、下ろし立てのサンダルを履いていたのです。

ザブザブと川を真ん中まで渡り

主人の近くまで行きました。

すると

nextpage

ヨネじいさんが主人の隣にるのです。

後ろに手を組み、見守るように。

するとヨネじいさんは

うんうん、と私の顔をみて頷き 踵をかえし

そのまま川を遡ってどこかに消えてしまったのです。

『パパ!!!何してんの?

そうちゃん(二男)も待っているし、具合が悪いんだから

水遊びなんかしてたら風邪引いちゃうよ。

早く帰ろう?』

ぐいっと肘の辺りを引っ張りました

nextpage

shake

wallpaper:1910

ふと目を覚ますと空は白んでおり

時計は午前4時30分を指していました。

主人は、気持ち良さそうに寝息をたてています。

nextpage

三途の川、花畑、という予備知識がありましたし

もしかしたら、川が近いこともあり

そんな夢をみたのかもしれません。

そして

小言を言った直後体調を悪くしたという罪悪感から、

連れ戻す、という夢をみた気もしました。

そう思い込むことに決めて、

誰にもその話をしようとは思いませんでした。

nextpage

その後、主人はめきめきと回復し

6月終わりに無事退院いたしました。

心配した後遺症もなく、

7月3日から通常通り職場に復帰します。

nextpage

何故、このような

曖昧なお話をしようと思ったのかと言うと

一昨日二男が

『僕ね、パパが病院にいるときの夢で

川の近くでボールで遊んでたらママがいて、おーい!!って呼んだんだ!』

と。

nextpage

きっとお祖父様は

主人が間違って向こう側にいかないように

見守ってくれていたのでしょう。

そして、私が迎えに来るのを待っていたのでしょう

nextpage

二男と私は、色々奇妙な体験をしているのですが

またいつかお話できたらなと思います。

まとまりのない話を

最後までお読みくださりありがとうございました。

Normal
コメント怖い
7
15
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@shibro
コメントありがとうございます(^^)
細々と投稿してまいります❗️
よろしくお願いしますm(_ _)m

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@なつ 様
見習いたい位伝えたい事やイメージが出来る素晴らしい文章力だと思います!
前アカウントが何故かログイン出来なくなってしまいました_:(´ω`」 ∠):_
私もなつ様と同じ鈴木と申します(笑)

返信

@mami-2 様
コメントありがとうございます🎵

何故、あらわれるのでしょうね💦
もしかして、皆のとこにいってるけど、気づいてないだけなのでは?と思ったりもします(笑)

名前の件・・確かに!!(笑)
深く考えずに普通に名乗ってしまってました。
地元の人は一発でわかっちゃうだろうなぁ(笑)

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@。❀せらち❀。adc 様

コメントありがとうございます。
拙い文章を最後までお読みくださりありがとうございましたm(_ _)m
私も三途の川は初めてビックリしました(笑)

@。❀せらち❀。adc 様も色々な体験をされているのですね!
早速読ませていただきたいと思います!!

返信
表示
ネタバレ注意
返信