中編5
  • 表示切替
  • 使い方

異界への扉。

その様なものの存在を、認めざるを得ない体験を私は耳にした。

nextpage

老人ホームで働いている友人がいる。

彼女は専門学校を卒業後、物心ついた頃より希望していた介護の仕事に就く事ができた。

社会に出て初めての仕事。

何もかもが分からない事だらけであるにも関わらず、彼女は直向きに仕事に取り組む。

nextpage

介護の仕事は不規則で体力勝負だ。

早朝や夜遅くの勤務に加え、夜勤だってある。

24時間365日職員同士ローテーションを組み、協力しながら業務に当たる。

更には技術の研鑽や新しい情報を取り入れ、勉強の日々。

しかし彼女はそんな毎日に充実を感じていた。自らに課せられたこの仕事を大切にし、丁寧な仕事を心掛けていた。

nextpage

新卒で就業して早1年。

この1年の間に様々なお年寄りとの出会い、別れを経験してきた。

段々と仕事にも慣れ、自分で判断を出来る事も増えてきたある日の夜。

nextpage

彼女はその日夜勤の仕事に就いていた。

夜勤といえば、静かで落ち着いているイメージがあるが、老人ホームの場合そうもいかない。

昼と夜が逆転してしまっている人、それにより覚醒し不安で落ち着かず歩き回ったり、部屋にあるコール(ナースコール)で介護士を頻繁に呼ぶ人がいる。

静かな夜がない事もないが、何かしらこの職場の夜勤では起こっていた。

nextpage

夜眠らないお年寄りの中には、介護士でも手を焼くMさんという大変な方がいた。

徘徊、放尿、破壊行為、、、、

それを制止しようものなら、大声で暴れ出す。

手のつけようのない事が多い方だった。

女性でお淑やかな出で立ちであったが、夜になると豹変をする。

まったくの別人で顔つきも変わり、本人の中で夜に何か良からぬ事があるのではないかと、感じさせる様な言動があった。

nextpage

「がぁー、がぁー、がぁー」

深夜2時。

遠くの居室からMさんの声が聞こえる。

夜勤は1フロアーに2人体制だが、Mさんの居室の方へは職員はいなかった。

職員がMさんに関わった際に、拒否をし暴れ出す時の大声であった。

彼女は不思議に感じながらも、声のする方へ向かう。

居室に到着し引き戸を少し開け中を確認すると、Mさんが暗闇のなかで何かを振り回しているのが見えた。

また破壊行為かなと、小さな溜息を吐きながら引き戸を更に開け、Mさんに声をかける。

nextpage

「Mさん、どうかされましたか?少し灯りをつけますね。」

居室入り口のダウンライトをつける。

Mさんが振り回していた物は、本人持ちの人形だった。

nextpage

その人形は女の子型で、子供用の話し掛けると声の出るタイプの物だった。

随分前に電池が切れていて、声は出なくなっていたが、認知症で見当識障害のあるMさんが唯一大切にしていた人形だった。

そんな人形を乱暴に振り回すMさんを見て、言い知れない違和感を覚えたが、とにかく大声で叫ぶMさんを落ち着かせないと、他の居室の住人の睡眠を妨げることになる。

彼女は努めて慌てることなく声をかける。

nextpage

「少しお散歩でもしませんか?一緒に行きましょう。」

幸い他の入居者は寝静まっていて、自分の身体は空いていたため、Mさんの気を紛らわせるため別のことに意識が向く様に誘導する。

Mさんは彼女の声掛けを聞くと、ピタリと動きを止めた。

nextpage

「さあ行きましょう。」

Mさんは彼女の誘導に素直に応じてくれた。

フロアー内を一緒にゆっくりとひと回りして、トイレへ誘導する。

その後再び居室へ戻る際には、既にMさんは落ち着いていた。

ウトウトとしていたので、ベットに横にして人形を枕元に置く。

彼女は胸を撫で下ろし、居室を後にした。

nextpage

「あなたとはいかないからね。

私はまだ行きませんよー。」

彼女の背中越しに声が聞こえる。

Mさんは何やら独り言を話していた。

眠りにつくまでには良くある習慣だったので、さほど気にならなかった。

nextpage

深夜3時。

定期巡回で一部屋ずつ居室を回る。

異常はなく、彼女は久しぶりに静かな夜だなと感じていた。

しかしMさんの部屋を覗いた時、居室内にMさんの姿がなかった。

nextpage

徘徊?施設の外に出た?

彼女は慌てて居室の窓を確認するが、しっかりと施錠がされている。

首を傾げ、居室から出る。

その時、引き戸を開けたままの居室から、彼女の背中越しに声が聞こえた。

nextpage

「さみしいよ、、、、」

え!?

思わず暗闇の居室内に向き直る。

確かに声がした。

しかもその声はMさんが大切にしていた、電池が切れる前の人形の声。

とっくに喋ることのなくなった人形の声を、ありえない状況下で耳にし、鳥肌と動悸が一気に襲ってきた。

その場から動けずにいると、更に暗闇の中から声がする。

nextpage

shake

「一緒にあぞぼゔよぉ〜」

ひっ!?

彼女がその場から走り去ろうと反転すると、すぐ目の前にMさんの無表情の顔があった。

「わぁ!!」

nextpage

彼女はあまりの驚きに、思わず声を漏らす。

片手で口を押さえ、目を丸くしてMさんを見るが、Mさんはまったく動じずに自ら居室へ戻って行く。

彼女は唖然としてその場に立ちすくんでいた。

「遊ぶならあたしと遊びなさい。

あの子は関係ないの。」

nextpage

暗闇の部屋から確かにMさんの声でそう聞こえた。

いつもなら、そこまで明瞭できちんとした話し方が出来る方ではない。

彼女はMさんの様子と居室の雰囲気にただならぬものを感じ、フロアーのもう1人の職員のもとへ助けを求める様にしてその場を立ち去った。

nextpage

その後夜間は特に変わったこともなく、無事に夜勤明けを迎えた。

退勤をして朝の日差しを浴びると、清々しい気持ちから心の中がリセットされる様だった。

遠くの方で救急車のサイレンが聴こえていた。

nextpage

次の日は公休でプライベートを満喫し、夜勤で起こったこともほぼ忘れかけていた。

休み明け、出勤をすると上司からの申し送りで、Mさんが亡くなったことを聞かされた。

彼女が夜勤明けで退勤をしてすぐに、Mさんは脳梗塞を起こし病院へ救急搬送された。

搬送後間も無く息を引き取ったとのこと。

Mさんは直近でその様な所見はみられていなかったが、高齢者の急変は珍しくはない。

見逃していた何かの予兆があったのかも知れない。

nextpage

ただ、あの夜の事を思い出すと、今でも身震いが止まらないのだと彼女は語る。

「遊ぶならあたしと遊びなさい。

あの子は関係ないの。」

いつになく毅然としたMさんの声に答える様にして、また別の声が聞こえていた。

nextpage

「わーい、これからずっと一緒だね。」

もしかしたらあの時、Mさんは彼女を守ってくれたのかも知れない。

守ってもらえてなかったら、、、、

Concrete
コメント怖い
7
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@鏡水花
介護のお仕事をされていたのですね。
介護の仕事は大変ですが、楽しそうでもあるんだなと友人の話を聞いて感じました。

返信
表示
ネタバレ注意
返信